FireEye
ファイア・アイ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
FireEye
ファイア・アイ

セキュリティー運用の自動化

最近注目の「SOAR」とは?

SOARの基本機能

一般的に、SOAR製品は、下記の機能を持っています。

SOARの基本機能

近年、標的型攻撃などのサイバー脅威が巧妙化し、セキュリティ運用の負荷が増しています。セキュリティエンジニアやIT担当者の人材不足、スキル不足も深刻化し体力面、精神面ともに、限界に近づいているのが現状です。その解決策の一つとして、SOAR(Security Orchestration and Automated Response)によるセキュリティ運用の自動化が注目されています。SOARはさまざまなセキュリティ製品と連携するセキュリティ運用プラットフォームです。SOARの導入で、企業は「運用自動化」「インシデント対応のスピードアップ」「スキル不足の解消」など多くのメリットを得られます。

マクニカ独自調査に基づくセキュリティ運用のベストプラクティス
昨今の高度化・多様化するサイバー攻撃に対応するためにセキュリティ運用現場の負担は増加する傾向にあり、日々自社に最適な運用手法を模索しています。本セッションでは、弊社の独自調査より得られたセキュリティ運用における課題をもとに、SIEMとSOARを活用した検知から対処までの一連の運用フローを解説します。
【ホワイトペーパー】セキュリティ自動化で運用がラクになる!
成功するSOAR導入の進め方
本資料では、企業を取り巻くセキュリティ運用の課題を整理し、「SOARとは何か」「企業がSOARを利用するメリット」「実装を成功するためのスムーズなSOAR導入の進め方」をわかりやすく解説します。
【動画】今後のセキュリティ運用における課題と現実的な解決アプローチ
「運用の効率化」の観点から解決する技術として期待されているSOAR(SecurityOrchestration, Automation andResponse)。しかし、その活用のためには導入のゴールを定め、適切な準備をすることが重要です。本セッションでは、SOAR導入における課題や期待効果について解説致します。
【オンデマンド動画】
セキュリティ運用の負担軽減を実現するための様々なアプローチ方法をさらに詳しくご紹介した動画コンテンツライプラリーを用意しました。