Tanium

タニウム
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Tanium

タニウム

Tanium

従来のアーキテクチャの課題

従来のアーキテクチャの課題

一般的に、1台のサーバーで対応できる管理台数は限りがあり、端末数の増加に伴い多くの中継サーバーが必要

中継サーバーが各エンドポイントと通信を行う為、管理台数の増加に伴い、ネットワーク負荷が大きくなる。

課題
  • 情報収集までに時間を要し、収集した情報が最新でない可能性がある。
  • サイズの大きいパッチ配布時に配布が失敗する可能性がある。
  • 中継サーバー障害時、配下の端末の情報が収集できない。

Taniumであれば、1構成で各拠点の端末管理を実現

LAN、WANなどのロケーションを問わず各端末の情報を高速に取得、アクションの実施が可能。

大規模環境でもリアルタイムなレスポンスを実現する特許技術

アーキテクト①:独自の通信方式

アーキテクト②:シャード分割・キャッシュ

ファイル配信の際に独自ロジックでNW負荷を抑えた配信を実現
Taniumサーバーはファイルを64KBに分割し、ファイルを組立てる設計図と一緒に配布