Symantec

シマンテック
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Symantec

シマンテック

保守サービス加入ユーザ専用 サポート閲覧サービス

Symantec製品の保守サービスに加入いただいたユーザ様専用のオンラインサポートサービスです。知りたい情報を即座に調べることができ、さらに分からないことがあれば、ダイレクトにエンジニアに質問することができます。(ご利用にはIDおよびパスワードが必要になります。 )
  • 弊社取り扱いの他製品をご利用中のお客様で、すでにアカウントを取得されている場合も、下記の「閲覧登録申請」が必要です。なお、事前登録申請によりお断りさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。
  • 本サービスは保守契約満了から1ヶ月を過ぎて更新いただけない場合は、解約とさせていただきますので、ご注意ください。

本サポート閲覧サービスでは、以下のような運用に必要な情報をご提供しております。
また、新OSリリース・クリティカルな障害情報はE-mailでご案内させていただいております。

  • バージョンアップの手順
  • Symantecアナウンス情報
  • OSイメージファイル
  • 設定の手順
  • 障害の切り分け手順ガイド など

サポートページ アカウント新規登録

新規でサポート閲覧サービスにご登録されるお客様は以下より対象製品をお選びの上、申請をお願いします。

対象製品
新規・追加アカウントのお申し込み
ProxySG/AV/CAS
サポート閲覧申請
PacketShaper
サポート閲覧申請
Symantec Web Security Service
サポート閲覧申請
SSL Visibility Appliance
サポート閲覧申請
Security Analytics
サポート閲覧申請
Management Center
サポート閲覧申請
Symantec Endpoint Protection/
Advanced Threat Protection
サポート閲覧申請
Symantec Endpoint Protection Mobile
サポート閲覧申請

Symantec社 サポートポリシー

2016年 4月22日更新

  • End Of Maintenance(EOM):EOM以降は限定サポートとなり、ソフトウェアに関する不具合修正が行われなくなります。また、不具合を調査するために指定のバージョンにバージョンアップしていただく場合がございます。
  • End Of Life(EOL):EOL以降はソフトウェアに関する全てのサポートサービスが終了となります。
    ※保守契約が継続している場合にはハードウェア不良による機器交換のサポートは行われますが、ハードウェア不良と断定できない場合には指定のバージョンにバージョンアップしていただく場合がございます。
  • Standard Release:EOM アナウンスから最低1 年間サポートが提供されます。
  • Long Term Release:EOM アナウンスから最低2 年間サポートが提供されます。
  • リリースタイプ無し:「Standard Release」「Long Term Release」に分類されないソフトウェアに関しては、EOM アナウンスから最低180 日間サポートが提供されます。
  • OSS のリリース時点では「Standard Release」「Long Term Release」 の分類はされません。
  • EOMからEOLの期間の定義はなく、EOMがEOLと同日になることがございます。

End Of Maintenance(EOM)、End Of Life(EOL)情報

  • ProxySG / CAS/ AV/
    Reporterシリーズ
  • PacketShaper
    シリーズ
  • LaLaViewer
    シリーズ
  • SSL-VA
    シリーズ
  • Security Analytics
    シリーズ
ProxySGシリーズ
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
SGOS 4.2 該当なし 2010年12月30日  
4.3 2013年 6月30日 2014年 6月30日  
5.2 2010年 6月30日 2010年12月30日  
5.3
スタンダード
リリース
2012年 8月31日 2012年 8月31日  
5.4
ロングターム
リリース
2014年 8月31日 2014年 8月31日  
5.5
ロングターム
リリース
2014年 8月31日 2014年 8月31日
  • SG510
    2016年 4月30日
  • SG810
    2016年10月31日
 
6.2
ロングターム
リリース
2015年10月31日 2015年10月31日
  • SG510
    2016年 4月30日
 
6.5
ロングターム
リリース
2020年 4月30日 2020年 4月30日 ※1
6.6
スタンダード
リリース
2019年 6月30日 2019年 6月30日  
6.7
ロングターム
リリース
未定 未定 ※2
※1 ProxySGシリーズのSG600、SG900、SG9000シリーズに関しましては6.5を推奨バージョンとさせていただきます。
※2 ProxySGシリーズのSG300、SG-S200、SG-S400、SG-S500シリーズに関しましては6.7を推奨バージョンとさせていただきます。
ProxySG Platforms
    Model HW EOL
Date※1
マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform SG510 510-A/B/C/D/5/10/20/25 2016年 4月30日 6.2
SG810 810-5/10/20/25 2016年10月31日 6.5
SG300 300-5/10/25 2020年 4月30日 6.7
SG600 600-10/20/35 2019年12月31日 6.5
SG900 900-10 2017年12月31日 6.5
SG900 900-10B/20/30/45 2017年 7月31日 6.5
SG9000 9000-5/10/20 2017年12月31日 6.5
SG9000 9000-20B/30/40 2017年10月31日 6.5
SG-S200 S200-10/20/30/40 未定 6.7
SG-S400 S400-20/30/40 未定 6.7
SG-S500 S500-10/20 未定 6.7
VA Platform SWG-V100 All 2018年 4月 2日 6.5
SG-VA All 未定 6.7
※1 SG900-10B/20/30/45、SG9000-20B/30/40、SG300モデルに関しては、購入からの期間が5年未満の場合は、HW EOL dateを超えて5年間のサポートが提供されます。
CASシリーズ
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
CASOS 1.2 2016年 6月14日 2016年12月16日  
1.3 2019年 2月 1日 2019年 8月 2日  
2.2 2019年 2月 1日 2019年 8月 2日
2.3 未定 未定
※CASOS関しては「ロングタームリリース」、「スタンダードリリース」の指定はされていません。
CAS Platforms
  Model メーカー保守及びPerBoxライセンス購入期限 HW EOL Date マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform CAS S400 未定 未定 2.3
CAS S500 未定 未定 2.3
ProxyAVシリーズ
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
AVOS 2.5 2008年 6月30日 2010年 6月30日  
3.1 2008年 6月30日 2010年 6月30日  
3.2 2011年11月30日 2012年 5月15日
3.3 2013年 6月30日 2013年 6月30日
3.4 2015年11月30日 2015年11月30日
3.5 未定 未定
※AVOSに関しては「ロングタームリリース」、「スタンダードリリース」の指定はされていません。
Proxy AV Platforms
  Model メーカー保守及びPerBoxライセンス購入期限 HW EOL Date マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform 510-A 2016年 4月30日 2017年 7月31日 3.5
810-A 2014年11月30日 2015年11月30日 3.5
810-B 2014年11月30日 2015年11月30日 3.5
1200-A 2016年 4月30日 2017年 7月31日 3.5
1400-A 2016年 7月31日 2017年 7月31日 3.5
2400-A 2016年 7月31日 2017年 7月31日 3.5
※1 510-A、1200-A、1400-A、2400-Aモデルに関しては、購入からの期間が5年未満の場合は、HW EOL dateを超えて5年間のサポートが提供されます。
※2 510-A、1200-A、1400-A、2400-Aモデルに関しては、購入からの期間が5年未満の場合は、保守などの購入期限は購入から4年後が期限となります。
Reporter
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
Reporter 8.3 2013年11月13日 2013年11月13日  
9.1 2012年 2月29日 2012年 2月29日  
9.2 2013年11月13日 2013年11月13日  
9.3 2014年 6月30日 2014年 6月30日  
9.4 2017年 6月 1日 2017年 6月 1日  
9.5 2019年 5月 6日 2019年 5月 6日
10.1 未定 未定  
10.2 未定 未定
※Reporterに関しては「ロングタームリリース」、「スタンダードリリース」の指定はされていません。
※Reporter9の販売終了日は2018年 5月 6日となっています。
※Reporter10は現時点Symantec ReporterのVirtual Appliance製品であるRP-V50、RP-V100、VP-V200の推奨OSバージョンとしてご提供しております。
※Reporter10はReporter9と異なる製品で、アップグレードを含めて互換性をサポートしておりません。
Management Center
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
Management Center 1.8 2017年 9月28日 2017年 9月28日  
1.9 2017年 12月28日 2017年 12月28日  
1.10 2018年 4月19日 2018年 4月19日  
1.11 2018年 11月21日 2018年 11月21日  
2.0 未定 未定
※Management Centerに関しては「ロングタームリリース」、「スタンダードリリース」の指定はされていません。
Director
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
Director 5.2 該当なし 2011年 6月30日  
5.3 該当なし 2011年 6月30日  
5.4.1 該当なし 2011年 9月30日
5.4.2.4 該当なし 2011年 9月30日  
5.4.2.5 2014年10月31日 2014年10月31日  
5.5 2014年10月31日 2014年10月31日  
6.1 2017年10月31日 2017年10月31日
※Directorに関しては「ロングタームリリース」、「スタンダードリリース」の指定はされていません。
Director platfoms
  Model HW EOL Date マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform Director510 2017年10月31日 6.1
Cache Flow Platform
  Model HW EOL Date
HW Platform CF5000
CF500
2018年 7月31日
PacketShaper Sシリーズ
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
PacketShaper 11.1 2015年 4月15日 2015年 4月15日  
11.2 2016年 9月15日 2016年 9月15日  
11.3 2016年 9月15日 2016年 9月15日  
11.4 2016年 9月15日 2016年 9月15日  
11.5 2017年 9月15日 2017年 9月15日  
11.6
ロングターム
リリース
2020年 5月31日 2020年 5月31日  
11.10
スタンダード
リリース
未定 未定
PacketShaper S-Series Platforms
  Model HW EOL Date マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform PS-S200 未定 11.10
PS-S400 未定 11.10
PS-S500 未定 11.10
PacketShaperシリーズ
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
Packet
Wise
7.3未満 該当なし 2010年10月 1日  
7.3 該当なし 2010年10月 1日  
7.4 2010年10月 1日 2012年10月 1日  
8.0 該当なし 2010年10月 1日  
8.1 該当なし 2010年10月 1日  
8.2 該当なし 2011年 4月 1日  
8.3 2010年10月 1日 2011年10月 1日  
8.4
スタンダード
リリース
2011年 4月 1日 2013年 4月 1日  
8.5
ロングターム
リリース
2014年 8月 1日 2014年 8月 1日  
8.6
スタンダード
リリース
2012年 8月 1日 2012年 8月 1日  
8.7
ロングターム
リリース
2015年 1月31日 2016年 1月31日  
9.1
スタンダード
リリース
2014年 1月31日 2014年 1月31日  
9.2
ロングターム
リリース
未定 未定
注1 EOM欄に「該当なし」と記載があるものはすでにEOMのバージョンとなります。
注2「未定」と記載があるものは現在まだEOM、EOLの予定がないバージョンになります。
PacketShaper Platforms
  Model HW EOL Date マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform 900 2017年 5月31日 9.2
1700 2018年 1月31日 9.2
3500 2018年 1月31日 9.2
7500 2018年 8月31日 9.2
10000 RevA 2012年 1月31日 9.2
10000G 2016年10月31日 9.2
12000 2018年 8月31日 9.2
※1 PS7500、PS12000モデルに関しては、購入からの期間が5年未満の場合は、HW EOL dateを超えて5年間のサポートが提供されます。
LaLaViewer

LaLaViewerはSymantec社製品ではなく、マクニカネットワークス社製のソフトウェアです。
そのため、製品のサポートポリシーがSymantec社のものとは異なっております。

  バージョン EOM EOL
LaLa Viewer 2.3 未定 未定
3.0 2011年11月10日 2015年 9月27日
3.1 2015年 3月27日 未定
3.2 未定 未定
※上記の表にないバージョンは既にEOLのバージョンとなっております。

LaLaViewerサポートポリシー

  • サポートは日本語での対応となります。
  • LaLaViewerのサポートは年間費用が必要となります。年間費用をお支払いいただいていない場合、一切のサポートをご提供することはできません。
  • LaLaViewerは当社が定めるアクティブバージョンをサポート対象としております。
    アクティブバージョンは以下と定めます。
  • メジャーバージョン:
    最新2世代をサポート
  • マイナーバージョン:
    最新メジャーバージョンに関しては最新2世代までをサポート
    1世代前のメジャーバージョンに関しては最新1世代のみをサポート
※機能追加に関しては、最新メジャーバージョンの最新マイナーバージョンのみに行われます。
※不具合修正に関しては、各メジャーバージョンの最新マイナーバージョンにのみ行われます。
マイナーバージョン/メジャーバージョン
  • End of Life(EOL)とEnd of Maintenance(EOM)について
  • 新バージョンのリリースに伴って上記アクティブバージョン対象外となるバージョンは、新バージョンリリース日より6ヶ月後にEOLとなります。
  • 各メジャーバージョンの最新マイナーバージョン以外のバージョンは、新バージョンリリース日にEOMとなります。そのため、機能追加・不具合修正を行うためには、各メジャーバージョンについて最新マイナーバージョンへのバージョンアップが必要となります。
  • EOL後はソフトウェアの不具合解析、その他仕様や設定方法に関するサポートをご提供する事はできません。
  • 弊社サポートでは、以下のお問い合わせに関しては、サポート対象外となります。
  • LaLaViewerを動作させるサーバのOSインストール方法
  • LaLaViewerが動作しているサーバ上のLaLaViewer以外のアプリケーションに関するお問い合わせ
  • 当社とのサポート契約が無い機器に関連するLaLa Viewerについてのお問い合わせ
  • LaLa Viewerは当社とのサポート契約がある機器(PacketShaperもしくはProxySG)向けの製品であるため、当社とのサポート契約が無い機器についてLaLa Viewerをご使用いただくことはできません。

※上記サポートポリシーは予告無く変更されることがあります。

SSL-VA
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
SSLVA 3.7 2015年 7月31日 2015年 7月31日  
3.8 2016年 5月20日 2016年 5月20日  
3.9 2017年 7月30日 2018年 1月30日  
3.11 2018年 5月 6日 2018年11月 6日  
3.12 未定 未定
4.1 2018年 5月 6日 2018年11月 6日  
4.2 2019年 1月 2日 2019年 7月 2日  
4.3 2019年 4月 1日 2019年10月 1日  
4.4 未定 未定

※SSLVA関しては「ロングタームリリース」、「スタンダードリリース」の指定はされていません。

SSL-VA Platforms
  Model HW EOS Date HW EOL Date 後継Model マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform SV800 未定 未定 未定 3.12
SV1800 2017年
8月12日※1
2019年
8月12日※2
SV1800B※3 3.12
SV1800B 未定 未定 未定 3.12
SV2800 2016年
9月30日※1
2018年
9月30日※2
SV2800B※3 3.12
SV2800B 未定 未定 未定 3.12
SV3800 2017年
3月22日※1
2019年
5月31日※2
SV3800B※3 3.12
SV3800B 未定 未定 未定 3.12
※1 但し、メーカー在庫がなくなった時点で販売終了となります。
※2 ご購入日から5年未満でサポート終了日を迎えるお客様は、購入後、少なくとも5年間のサポートが提供されます。
※3 既に販売中です。
Security Analyticsシリーズ
  OSバージョン EOM EOL マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
Security Analytics 7.0 該当なし 2017年 8月 4日  
7.1 該当なし 2018年11月14日  
7.2 未定 未定  
7.3 未定 未定
Security Analytics S-Series Platforms
  Model HW EOL Date※1 マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform SA-E5660-ISA-300T
※300TBストレージ
未定 -
SA-J5300-DAS-40T
※40TBストレージ
未定 -
SA-S500-10-CM 未定 v7.3
SA-S500-20-FA 未定 v7.3
SA-S500-30-FA 未定 v7.3
SA-S500-40-FA 未定 v7.3
※1 購入からの期間が5年未満の場合は、HW EOL dateを超えて5年間のサポートが提供されます。
Security Analytics Gen6 Platforms
  Model HW EOL Date※2 マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform SA-10G-26T-G6 購入から3年 v7.3
SA-10GHD-8T-FC-G6 v7.3
SA-2G-10T-G6 v7.3
SA-CM-4T-G6 v7.3
SA-SM-240T-FC-G6 v7.3
SA-SM-48T-G6 v7.3
Solera Gen5 Platforms
  Model HW EOL Date マクニカ
ネットワークス
推奨バージョン
HW Platform DSA-10G-26T 購入から3年 v7.3
DSA-2G-10T v7.3
DSA-CM-4T v7.3
DSA-SM-24T v7.3
DSA-SM-48T v7.3
注1 EOM欄に「該当なし」と記載があるものはすでにEOMのバージョンとなります。
注2「未定」と記載があるものは現在まだEOM、EOLの予定がないバージョンになります。

マクニカネットワークス サポートポリシー

弊社ではSymantec社のサポートポリシーと同等のサポートポリシーにてサポートを行っております。また、弊社のサポートではソフトウェア又はハードウェアに関する不具合の調査や製品の仕様に関するお問い合わせを承っております。

製品の新規導入に伴う設計や設定方法、運用環境での設定の追加・変更など、お客様の環境に応じたサポートが必要な場合には、別途弊社SEによる導入支援サービスも承っておりますので弊社担当営業までご相談ください。