Symantec

シマンテック
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Symantec

シマンテック

Symantec Endpoint Protection Mobile

Symantec Endpoint Protection Mobile

モバイルOSの脆弱性となるポイントはどこか?

ネットワーク
ネットワーク
  • 偽造されたWi-Fiスポットへの接続
  • 不正な構成プロファイルを用いた接続
  • C&Cサーバなど、危険なサイトへの接続
アプリ
アプリ
  • マルウェアアプリのインストール実行
  • サイドローディング(Apple Store/Google Play以外から配信)にて取得したアプリのインストール
  • 企業のコンプライアンス関係より使用を懸念されるアプリの使用
デバイス・OS
デバイス・OS
  • OSアップデートを行わない事による、OS脆弱性の放置
  • 端末設定の脆弱性(ロックスクリーン未設定など)
  • 企業独自に定めているセキュリティポリシーへの違反
ユーザ意識
ユーザ意識
  • PCと比較してユーザのセキュリティ利用意識が低い
    ・企業の端末運用ルールに逸脱した行為
    ・個人利用サイト(ストレージ)との通信実行
※個人や企業における情報の流出がモバイル起因で発生

SEP Mobileによるネットワーク脅威対策

モバイル端末で使用する無線アクセスポイントの振る舞い接続サーバの情報などネットワーク関連の情報をSymantec社の解析エンジンで分析する事で、ネットワークを介した脅威を検知します。

カテゴリベースのWebフィルタリング機能

SymantecのWebプロキシ製品(旧Blue Coat製品)でも利用されている脅威情報データベース(GIN)を活用した、カテゴリベースでのWebフィルタリングをモバイル端末に適用できます。

ブラウザアプリからのWeb通信だけでなく、その他アプリからのWeb通信もフィルタリングの対象にすることができます。これにより、業務上不要なサイトへのアクセスを制限することができます。

SEP Mobileによるアプリケーション脅威対策

モバイル端末で使用するアプリケーションに対して、Symantec社の解析エンジンを用いた静的及び動的な解析を実施する事で、脅威を含んだアプリケーションを検知します。

SEP Mobileによる端末設定・OSからの脅威対策

あらかじめ運用管理者側で作成した運用ポリシーに違反した端末を、危険性のある端末として検知します。

脅威検知時の保護動作

SEP Mobileにて脅威を検知した際に、Symantec社特許技術に基づく2種類の保護動作(SCP・SRP)を行うことができます。

SEP Mobile×WSS連携

SEP Mobileと、クラウド型プロキシ製品であるSymantec Web Security Service(WSS)を連携させることで、SEP Mobileが導入されたモバイル端末からクラウド上のプロキシへ常時VPN接続を行い、PCと同じようにWebアクセスログの記録や通信制御を実施することが可能です。

※現状、WSS連携が可能なOSはiOSのみとなります。

接続形態

モバイル端末内にSEP Mobileアプリケーションのインストールが必要になります。

管理コンソールはクラウド環境にお客様専用のコンソールが提供されます。また、クラウド上の管理コンソールから、EMM製品とAPI連携させることが可能です。