Symantec

シマンテック
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Symantec

シマンテック

増加するSSL通信環境における
「セキュリティ対策」「ログ運用」の提案ポイント
~UTM・Sandbox・IPSのSSL通信可視化/Proxyのログ利活用~

増加するSSL通信環境における「セキュリティ対策」「ログ運用」の提案ポイント

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトがSSL化されていると言われております。本来安全を確保するためのSSL通信が、暗号化されていることにより通信の中身が見えず、セキュリティ対策を施せないという問題がクローズアップされております。

一方で、次世代ファイアウォール(UTM)、IPS、Sandboxなど近年お客様環境へ導入が進むセキュリティ機器はSSL通信の可視化を行う事により更に検知精度を高めることが可能です。また、従来より多くのお客様が活用しているProxyの通信ログに関しても、SSL通信の可視化をすることで更に多くの証跡を確保する事が実現できます。

本セミナーでは、SSL通信にまつわる現状・脅威の情報から、SSL通信を悪用したインシデント実例を紹介します。その上で、皆様のお客様で既にご導入頂いているセキュリティ製品へSSL可視化させるために、Symantecソリューションがどのように貢献できるのかをご紹介いたします。併せてプロキシログを実際にセキュリティ運用で活用いただくための具体的な設計ポイントについてご案内します。

開催要項

日 程
日程調整中
2017年 1220日(水)
15:00~17:30(受付開始 14:45~)
会 場
株式会社エルセナ 〒163-0928 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス28F
定 員
20
※定員に達し次第受付を終了させていただきます。
対 象
  • セキュリティ製品を提案されるエンジニアの方
  • セキュリティ製品を提案される営業の方

※本セッションでは技術的な内容を中心にご案内させていただきます。

※競合代理店、競合製品をお取り扱いの会社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

費 用
無料
持参物
当日ご持参いただくもの
  • 受講票
  • お名刺

プログラム

15:00~15:20
SSL通信にまつわる現状と脅威
15:20~16:00
セキュリティデバイス・フォレンジック製品に対するSSL可視化の重要性
~具体的な設計パターン/導入事例も併せてご紹介~
16:00~16:10
休憩
16:10~16:50
プロキシログの重要性 セキュリティシーンでの活用イメージについて
16:50~17:30
個別相談会

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

こちらのフォームに必要事項を
ご記入のうえ、お申し込みください。

お申し込みフォーム

セミナーの受付は終了いたしました。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Symantec 製品担当

045-476-2010