Splunk

スプランク
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Splunk

スプランク

仕様

  • サポートOS
  • IPv6 プラットフォーム サポート
  • サポートブラウザ
  • 最小ハードウェア
    スペック
  • サポート
    ファイルシステム

サポートOS

サポートOS アーキテクチャ Enterprise版 Universal Forwarder
Windows Server 2012、2012 R2 X86 64ビット ※1 ※1
Windows Server 2016、2019 X86 64ビット
Windows 10 X86 64ビット ×
X86 32ビット ×
Linux カーネル 2.6 X86 64ビット ※2 ※2
Linux カーネル 3.X、4.X X86 64ビット
※1:Version7.3でサポートしますが、Version8.1ではサポート対象外となりました。
※2:Version7.3, 8.1の両方でサポートしますが、将来廃止予定です。
※3:他のOSの対応状況については以下のメーカードキュメントを参照ください。

IPv6 プラットフォーム サポート

Splunkは下記のOSを除き、IPv6に対応しております。

  • AIX
  • HP/UX on PA-RISC architecture(こちらのOSはSplunk Version7.0以降サポート対象外となります)

サポートブラウザ

サポートブラウザ  
Microsoft Internet Explorer 11
Mozilla Firefox 最新版
Apple Safari 最新版
Google Chrome 最新版
※Java Script Chartのモジュールに対応していないHTML5環境以外のWebブラウザーご使用の場合、レポート表示する際、Adobe Flashの最新版が必要となります。
※Internet Explorer 11の互換モードはサポート対象外となります。

最小ハードウェアスペック

動作プラットフォーム 最小ハードウェアスペック
Windows にインストールする場合
  • プロセッサ:x86/64 CPU アーキテクチャー, 12コア, 2GHz以上
  • メモリ:12GB RAM
  • ハードディスク:800IOPS以上
  • オペレーティング システム:64ビットOS
Windows 以外にインストールする場合
  • プロセッサ:x86/64 CPU アーキテクチャー, 12コア, 2GHz以上
  • メモリ:12GB RAM
  • ハードディスク:800IOPS以上
  • オペレーティング システム:64ビットOS
  • Splunkのインストール(Forwarder含む)時には、最低5GBの使用可能ディスク領域が必要です。
  • 上記の最小ハードウェアスペックはシングル構成(物理)の場合となります。
  • ハードディスクを冗長化させる場合は、RAID 0または1+0を推奨しています。
  • クラスター構成や大規模環境等、お客様環境により最小ハードウェアスペックは異なります。
  • Splunkは仮想マシン上でも動作しますが、性能の劣化が懸念されます。
  • ご不明な点やご相談は、弊社までお問い合わせください。

universal 及びlight フォワーダ用 最小ハードウェアスペック

  • Dual-core 1.5 GHz+ processor, 1 GB+ RAM

サポート ファイルシステム

OS ファイルシステム
Windows NTFS, FAT32
Linux ext3, ext4, btrfs, XFS, NFS 3/4
Mac OS X HFS, APFS,NFS 3/4

Splunkのためにチューニングされたアプライアンス製品