Splunk

スプランク
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Splunk

スプランク

メトリクス機能により超高速統計算出が可能に!グラフのオプション機能がさらに拡張されたSplunk Enterprise 7.0をリリース

Splunk Enterprise 7.0

Splunk Enterprise 7.0 での主な追加機能

今回リリースされた「Splunk Enterprise 7.0」では、下記の機能が追加されています。

メトリクス機能の追加

メトリクスインデックスの追加

メトリクスデータの高速分析を実現するための、メトリクスデータ専用のインデックスが作成できるようになりました。

メトリクスコマンドの追加

メトリクスデータを高速分析するためのコマンドとして、mstatsコマンドが実装されました。

statsD、CollectDを利用した収集データのサポート

statsD、CollectDを利用して収集したメトリクスデータ専用のソースタイプが追加されました。

データモデル高速化機能の改良

データの書き込み処理を並列処理とすることによるデータモデル高速化の性能向上や、内部的なサーチ処理の最適化などによるサーチ性能の向上を実現しました。

モニターコンソール機能の追加

モニターコンソールにて、データ取り込み時の正規表現によるフィールド抽出の処理負荷をソースタイプごとに確認出来るようになりました。

イベント注釈機能の追加

注釈データを取り込むことで、グラフに注釈をつけることが出来るようになりました。

グラフスタイルの拡張

グラフの線の太さやスタイル等、グラフの描画オプションが追加されました。

過去・他のバージョンの機能情報はこちら