Splunk

スプランク
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Splunk

スプランク

ダッシュボードメンテナンスパック・作成パック

ダッシュボードメンテナンスパック・作成パックとは?

当サービスはSplunkの運用に必要不可欠な「設定メンテナンス」や「ダッシュボードの新規作成」を代行実施させて頂くサービスです。Splunkの専門知識と対象ドメインの専門知識をもったエキスパートが要件定義のご支援から設定変更や設定作成の作業遂行までを一貫してご提供させて頂きます。

サービスメニューとして、「設定のメンテナンス」と「ダッシュボードの新規作成」、それぞれのご要望に応えられるよう、以下のふたつをご用意しております。

① ダッシュボードメンテナンスパック
  • Splunkのダッシュボードの設定修正・設定追加をご依頼いただける年間契約型のサービス
  • お客様のご要望に応じた仕様書の策定から設定投入までを一貫して提供
  • 期間中、チケットの足りる限りはお好きなタイミングで何度でもご依頼可能
ダッシュボードメンテナンスパック
54万円
※1ユースケースあたり(年間契約)
※スタンダードユースケースの場合
② ダッシュボード作成パック
  • Splunkダッシュボードの新規作成をご依頼いただけるスポット型のサービス
  • シンプルかつリーズナブルな固定型の価格設定でご提供
  • 高いSplunkスキルを持った技術者が、要件定義から設定作成までを提供
ダッシュボード作成パック
162万円
※1ユースケースあたり(単発)
※スタンダードユースケースの場合

Splunkはメンテナンスが必要…

Splunkを使いこなすためには設定のメンテナンスが必要不可欠です。例えば脅威トレンド変化に応じたSIEMルールの変更やアラート精度のチューニングがセキュリティレベルの維持・向上のためには必要です。また、社内インフラの変更やデータソースになるデバイスが追加されるような場合には、ダッシュボードを新規作成することも必要にもなります。

一方で、Splunkエンジニアの稼働リソースの不足やスキル不足により、必要なメンテナンスが十分に行えていない、というお客様がいらっしゃることも事実です。また、構築時のドキュメントが残っておらず、設定変更ができないまま放置してしまっているダッシュボードが多数ある、というようなお声も良く聞きます。

当サービスは、そのようなお客様のお悩みを解消し、Splunkを使いこなして頂き、その投資対効果を最大化して頂くようご支援することを目的としてリリースいたしました。

Splunkはメンテナンスが必要

当サービスの特徴

特徴:その① 作業をリモート接続で実施

  • 現地作業がないため、ご依頼から作業完了まで比較的短期間で完遂可能
  • リモート接続には、VPN接続またはリモートデスクトップ接続を利用

特徴:その② コンサルテーション&要件定義支援

  • お客様のお話を聞かせて頂きながら、ビジネス要件をSplunkの仕様化する部分をご支援
  • Splunk設定の仕様書案としてご提供し、合意形成を経て作業を実施
特徴:その② コンサルテーション&要件定義支援

特徴:その③ ユースケースドキュメント

  • お客様のSplunkダッシュボードを説明したドキュメントを提供
  • HWアーキテクチャ・ダッシュボードの意図や使用方法・投入済み設定やメンテナンス方法などを整理してドキュメント化し、運用チームの体制づくりに寄与
特徴:その③ ユースケースドキュメント

ご提供の流れ

※ご支援内容により、下記の内容・順序は変更になる可能性がございます

メディア紹介

ダッシュボードメンテナンスパック・作成パックがメディアで紹介されました。

サービス仕様書

下記よりダウンロードいただけます。