Sight Machine

サイトマシーン
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Sight Machine

サイトマシーン

機能一覧

Sight Machineの製造分析プラットフォームソリューションはデータの収集/変換/転送から、データのコンテキスト化と分析・洞察を機能として提供しています。

FactoryTX

Sight MachineではFactoryTXという専用のソフトウェアが製造に関するあらゆるデータの収集を行います。データレシーバー・データ変換・データ転送の機能を持っています。

AIデータパイプライン

Sight Machineの製造分析プラットフォームでは、収集したデータをFactoryTXで変換したのち、AIデータパイプラインという独自の分析Modelを使って意味づけ・紐付けを行うことでコンテキスト化を行います。

Model 概要
Facility 工場を場所・タイムゾーン・シフトで定義し、KPIなどを分析
Machine Type 製造プロセスを特徴(製造サイクルやダウンタイム)で定義
Machine 設備を工場・製造プロセスで定義
Line 製造ラインを一連の設備で定義し、ボトルネック・OEEなどを分析
Part Type 部品の種類を定義し、トレーサビリティの分析
Cycles 製造サイクルを定義し、設備・プロセスやKPIなどを分析
Downtimes ダウンタイムを非生産時間・設備の非稼働時間で定義
Defects 欠陥を不良品で定義
Batches バッチを原材料・生産物などで定義
Parts 部品を設備を超えた一連の情報から定義
OEE OEEをシフト・ライン・工場ごとに設備の稼働率・品質などから定義

デジタルツイン

Sight MachineのAIパイプラインで定義されたModelは、製造分析プラットフォーム上で自動でデジタルツインを構築し、工場の特徴を理解した可視化を実現します。

データの可視化・解析

Sight Machineでは、AIデータパイプライン・デジタルツインで解析データを柔軟にダッシュボードで可視化することができます。

≪経営層の方向け≫:工場全体の監視/工場間比較

各工場間のKPI値を比較することで製造の最適化を検討することができます。

≪工場長の方向け≫:工場の生産状況の可視化

生産量や稼働状況の概要を把握し、リアルタイムに確認・対処することが可能となります。

≪ライン担当者の方向け≫:設備状況の把握

設備状態の可視化と最適なメンテナンスを可能にします。また、可視化だけでなく、カーブフィッティング分析・記述統計分析・統計的プロセス制御を行うといった様々な切り口での解析も実現します。