Sight Machine

サイトマシーン
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Sight Machine

サイトマシーン

製造分析プラットフォームソリューション

Sight Machine社の「製造分析プラットフォーム」は、製造現場におけるあらゆるデータの紐付けを行い、一元的に管理・可視化・分析を実現するプラットフォームです。

製造現場のあらゆるデータを「AIデータパイプライン」と「デジタルツインビルダー」というSightMachine社の独自のテクノロジーを用い、マシンサイクル・プロセス挙動・部品特性などといった製造現場ならではの観点でまとまった情報に変換し、データの整理を行うことができます。

稼働率の可視化や、品質改善・設備保全の解析を統計の専門家がいなくても、専用のプラットフォームに取り込むだけで簡単に可能にします。

製造システムのデータ統合の必要性と課題

インダストリー4.0・スマートファクトリなど製造工程におけるIoT・AI活用の重要性が高まっています。IoT・AIを製造現場の中で活用していくためには、製造システムにおけるあらゆるデータ(センサーデータ、テキストデータ、製造データ(PLC・MES・SCADA)、データベースデータ(ERP・品質検査)、画像データなど)の関係性を理解し、紐付け・分析を行うことが必要とされています。

しかし、これらのデータの形式が異なる上、それぞれの関連性を理解するのが難しく、統合的な分析には課題があります。

SightMachineの製造分析プラットフォームでは、製造現場ならではの観点でまとまった情報に変換、データの整理を行うことで、様々な切り口で解析・分析を行うことができます。

SightMachine会社概要

Sight Machine社は、製造業の企業全体の品質と生産性などの重大な課題に対して、人工知能・機械学習・高度な分析を実装した製造分析プラットフォームを提供しております。この分析プラットフォームはAIおよび業界唯一の工場デジタルツイン技術を取り入れており、企業全体のあらゆるライン、工場単位、会社全体に対してリアルタイムの可視化と実行可能な洞察を可能にします。

会社名
Sight Machine
設立
2011年
本社所在地
アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
代表者
Jon Sobel
従業員数
70名
ウェブサイト
https://sightmachine.com/