WannaCry対策緊急セミナー

~「パッチ適用」以外の選択肢~

本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

2017年5月12日から世界規模で猛威を振るっているWannaCryへの対策はパッチ適用が必須、と伝えられる中、「パッチ適用ができない」という企業の実態もあります。実は、不用意なパッチ適用による業務影響が懸念されるためにすぐに適用できない、という企業は珍しくないのです。

また、この騒動の元となる脆弱性だけでなく、今後も新たな脆弱性を突く攻撃が発生する度に同様の問題が続くことが予想されます。

実際、迅速にパッチ適用ができない企業はどうすればいいのでしょうか?本セミナーでは、パッチ適用以外の方法で社内ネットワークをサイバー攻撃から守る選択肢を解説します。

講演者

三輪 信雄氏
S&J株式会社
代表取締役社長
三輪 信雄氏
村上 雅則
マクニカネットワークス株式会社 営業統括部
セキュリティサービス営業部 部長代理
村上 雅則

開催概要

日程 開催終了
会場

AP品川 7F T+U+V

〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル
-JR品川駅 高輪口より 徒歩3分
定員 80名

※定員に達した場合、受付を終了させていただきます。

対象
企業の情報システム部門のご担当者様
ランサムウェア対策をご検討中の方

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

持参物
受講票(メールにてお送りいたします)
お名刺
費用 無料(事前登録制)
主催 S&J株式会社
協賛 マクニカネットワークス株式会社

プログラム

 

<基調講演>
『~パッチが適用できない企業の現実的な対策~』

三輪 信雄氏

企業では様々な業務アプリケーションが稼動しているために、セキュリティを優先してパッチを適用する、ということができずに今回の騒動への対応に苦慮している企業は多くあります。本講演では、パッチ適用を行わずに今回の騒動を乗り切っているシステムを紹介すると共に、入口対策の重要性について解説します。また、WannaCryの感染デモを行い、拡散型ランサムウェアの脅威を解説します。

S&J株式会社
代表取締役社長 三輪 信雄氏

 

<ソリューション紹介>
『~WannaCryに対抗できる入口対策、拡散防止ログ監視ソリューション~』

村上 雅則

WannaCryに代表されるサイバー攻撃のほとんどはWebやメールを媒体としています。つまり、Webやメールを安全に閲覧することができれば、WannaCryのようなサイバー攻撃であっても、パッチ適用に右往左往することはありません。本講演では、安全なWebやメール閲覧のシステム、端末検知による拡散防止ソリューション、出口やPCにおけるログの監視システムをご紹介します。

マクニカネットワークス株式会社
営業統括部セキュリティサービス営業部
部長代理 村上 雅則

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は、本Webページをご確認ください。

本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

お問い合わせ

マクニカネットワークス株式会社
セミナー担当
TEL
Email
Copyright 2017 Macnica Networks Corp.

上へ戻る