S&J

エスアンドジェイ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
MENU

S&J

エスアンドジェイ

Webサイトセキュリティ緊急対策セミナー ~Webサイトセキュリティの新パラダイムを考える~

Webサイトセキュリティ緊急対策セミナー

ここ数ヶ月で会員の個人情報流出や電子マネーの詐取など、Webサイトに関するインシデントが大きく取り上げられています。スマートフォンの普及により、企業サイドも容易に利用できるツールとしてWebを利用するのが一般的になっている一方、APIを利用してバックエンドで複数のサイトと連携するものの、そこに潜むセキュリティ対策が十分でなく、社会的に大きなインパクトを与えるインシデントの発生源となっているとも言えます。従来のWebサイトのセキュリティ対策や脆弱性チェックだけでは同様のインシデントはさらに拡大することが予想されます。

それでは、企業はどのようにWebサイトのセキュリティを担保していけばいいのでしょうか。

本セミナーでは、Webサイトのセキュリティの現状を振り返り、対策を見直し、将来にわたって持続的な運用を行う方法を解説します。

開催要項

日 程
日程調整中
2019年 821日(水)
14:00~17:00(受付開始 13:30~)
会 場
AP品川 Mルーム(8/6)、Sルーム(8/21) 〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 7F・9F・10F
-「品川駅」高輪口(西口)から徒歩3分
定 員
40
※定員に達し次第受付を終了させていただきます。
対 象
  • 企業のWebサイト管理者
  • Webサイトのセキュリティ対策/向上をお考えの方

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

費 用
無料
持参物
当日ご持参いただくもの
  • 受講票
  • お名刺
主 催
マクニカネットワークス株式会社
協 賛
S&J株式会社

プログラム

14:00~14:05
ご挨拶
14:05~14:55
【基調講演】キャッシュレス時代のWebセキュリティ ~WAF/IPSでは検知できない不正行為に対応するには~
S&J株式会社 代表取締役社長 三輪 信雄氏
キャッシュレス時代に入り、コード決済やスマホ決済などのシステムが次々にリリースされていますが、それに伴い、深刻な事件が起き始めています。リスト型攻撃や脆弱性を突いた攻撃などは、これまでの一部画面だけの脆弱性診断や、WAF/IPSでの監視では、防ぐことも検知することもできません。従来のWebセキュリティの常識では対応できないキャッシュレス時代のWebセキュリティについて解説します。
14:55~15:45
Webサイトを正しく安全に運用するための極意
マクニカネットワークス株式会社 第2営業統括部第2営業部 担当部長 村上 雅則
Webサイトの公開時や更改時にWeb脆弱性検査を行うことは一般的になっています。しかしながら、Webサイトの脆弱性の攻撃に端を発したインシデントは後を絶ちません。本セッションでは定期的な脆弱性検査だけではなく、定常的なWebの監視を行い、インシデント発生の予兆の段階でWebサイトの対策を行う手法について解説します。
15:45~15:55
休憩
15:55~16:45
どんな企業にもありうる野良サイトの実態となりすましの脅威
マクニカネットワークス株式会社 第2営業統括部第2営業部 下野 かれん
企業のWebサイト管理者やセキュリティチームが把握していないところで各拠点や事業部が独自に立ち上げたサイトや不本意に公開されているサイトが原因で、セキュリティインシデントを引き起こし、結果的に加害者となってしまうケースが散見されています。管理外のWebサイトやなりすましサイトを早期発見するとともに自社が守るべきウェブサイトの全体像がどうなっているのかを把握し、インターネット上の脅威やリスクを可視化するサービスについてご紹介します。
16:45~17:00
Q&A

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

こちらのフォームに必要事項を
ご記入のうえ、お申し込みください。

お申し込みフォーム

セミナーの受付は終了いたしました。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
S&J 製品担当

045-476-2010