RiskIQ

リスクアイキュー
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

RiskIQ

リスクアイキュー

RiskIQ

企業のブランドや評判を守るためには、管理しているファイアウォールの内側だけではなく、インターネット上全体、すなわちファイアウォールの外側にも目を向ける必要があります。RiskIQではSaaS型で提供するソリューションによりお客様の企業ブランドを保護します。

ENTERPRISE DIGITAL FOOTPRINT(エンタープライズ デジタル フットプリント)

EXTERNAL THREAT DETECTION(エクスターナル スレット ディテクション)

PASSIVETOTAL(パッシブトータル)

ENTERPRISE DIGITAL FOOTPRINT(エンタープライズ デジタル フットプリント)

ENTERPRISE DIGITAL FOOTPRINTは、企業・団体が保有する外部向けの Web やモバイル環境の弱点を把握し、脅威にすばやく対応して、リスク管理のためのインテリジェントな情報提供を行うことができます。

4つのステップでIT資産を可視化

4つのステップでIT資産を可視化

発見、棚卸、監視、執行というステップを継続的に行うことで、攻撃者目線でWebサイト、不正アプリ、不正広告を可視化することができます。

  • 発見:企業に関する未知のIT資産を明らかにして、可視化する
  • 棚卸:可視化した情報を元に動的なインデックス(デジタルフットプリント)を生成し、IT資産を棚卸
  • 監視:インターネットを広範囲にスキャンし、どのようなリスクが生じているかモニタリング
  • 執行:改ざんや不正コンテンツを管理者へ自動通知および削除

バーチャルユーザテクノロジー

世界各地に設置されたプロキシとユーザー行動をリアルに模倣する独自の技術(バーチャルユーザテクノロジー)によりクローリングを行い、企業のインターネット上にある全てのWebサイトを発見、監視します。企業のIT資産の状態を明らかにし、それらのデジタルフットプリントを生成、収集し、可視化することができます。

ダッシュボードで資産を把握

【RiskIQ ダッシュボード】

RiskIQの製品はSaaSでご提供をしています。ご利用いただくダッシュボードでは、資産化した動的なインデックス(デジタルフットプリント)を直感的に管理、把握することができます。

  • 企業の在庫化された全資産を検索できます。
  • ポリシー違反、SSL証明書の失効、脆弱性のあるサーバ/フレームワークの使用などの問題を抱える、新たなサイトがオンラインになるたびにフラグを立てることができます
  • 継続的な監視から、アクティブな脅威、コンプライアンス違反についてアラート通知が行われます。

EXTERNAL THREAT DETECTION(エクスターナル スレット ディテクション)

THREAT DETECTIONでは、フィッシングや不正アプリ、不正広告などの外部脅威を検出することができます。企業ブランドの評判が損なわれることを回避したり、フィッシングやマルウェアの配布、偽造品や海賊版の販売のおとりとしてブランドが悪用されたりすることを防ぐことができます。

外部脅威の検出(フィッシング・不正アプリ・ドメイン侵害・SNS対策)

企業を騙る偽アプリ・偽サイト・偽アカウントなどのインターネット上の企業の信頼やブランド価値を損なう脅威を検出します。例えば、モバイルアプリの領域では、160以上のアプリストア、1,500万以上のアプリ(2016年4月現在)を監視し、不正アプリの検出やポリシーに応じて削除します。

RiskIQがデジタルリスクモニタリング分野でリーダーポジションを獲得

  • 米国調査会社のフォレスター者がデジタルリスクモニタリング分野(Q3 2016)にてRiskIQをリーダーと位置付け、実績やデータカバレッジでトップになりました。

※出典:Forrester Wave™: デジタル リスク モニタリング、Q3 2016

レポートはこちらからダウンロードいただけます

本リポートを通し、以下の内容をご確認いただけます。

  • CISOにとってなぜデジタルリスクモニタリングが必須になっているのか
  • デジタルリスクモニタリングのソリューションに選ばれた9社の評価
  • RiskIQがなぜソーシャルメディア、モバイル、ウェブデータにおいて最も包括的にカバーしていると評価されたのか

PASSIVE TOTAL(パッシブトータル)

PassiveTotal では、独自に収集した膨大な情報を蓄積して重要なデータソースを集約して強化し、多角的な脅威分析を行うことができます。

1つのプラットフォームで複数のソリューションを提供

  • PassiveTotal から得られる重要なデータ セットを調査にフル活用して、自社をターゲットとする敵を特定することができます。
  • PassiveTotal のデータ セットへのアクセス性の強化、調査のためのコラボレーション環境の提供、脅威インフラストラクチャの自動分析機能などにより、自社の調査能力をより高いレベルに推し上げることができます。
  • PassiveTotal Enterprise により、インシデント対応と調査を統合し、部門の枠を超えて取り組むことができます。企業全体のユーザーおよびデータ アクセスに対する柔軟性を求める大企業のお客様向けのソリューションです。
  • RiskIQ のデータ セットを自社のセキュリティ環境に直接統合することで、社内のセキュリティ運用ツール セットに PassiveTotal の機能を追加することができます。
  • 継続的なモニタリングの実施

Passive Totalの一般的な使い方について