Radware

ラドウェア
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Radware

ラドウェア

Alteon/ADC-VX 導入事例

アマノビジネスソリューションズ株式会社様

アマノビジネスソリューションズ株式会社様

アマノビジネスソリューションズが新世代ロードバランサ「ADC-VX」を導入し、新サービスに向けた仮想化基盤を構築

自社開発した人事・給与のためのアプリケーションをSaaSで提供しているアマノビジネスソリューションズでは、将来のビジネスに備えて「仮想化」をキーワードに新しい設備が構築された。
新設備用のロードバランサについて拡張性・コスト・運用・パフォーマンスのあらゆる面から比較検討を行った結果、Alteon Application Switchを仮想化し1台のハードウェアに集約できる「ADC-VX」が採用された。

株式会社コナミデジタルエンタテインメント様

※日本ラドウェアのユーザ事例掲載サイトにてご紹介しています。

株式会社コナミデジタルエンタテインメント様

KONAMIがアミューズメント施設向けネットワークに、
仮想化ADC製品「ADC-VX」を採用

株式会社コナミデジタルエンタテインメントでは、家庭用ゲーム機向け、アミューズメント施設向け、SNS向けにそれぞれネットワークを構築して運用している。そこで活用されていた18台のAlteon Application Switchを2台のADC-VXへと集約。最小限の設定変更で仮想化を導入し、信頼性を維持しつつコストの削減を実現させた。

AppDirector 導入事例

空港情報通信株式会社様

空港情報通信株式会社様

成田国際空港の通信インフラを担う空港情報通信株式会社が
ロードバランサのリプレースを決断。
4製品の実機評価の結果、AppDirectorを採用

空港情報通信株式会社では、空港内テナントに向けたインターネットサービスの基盤に従来よりロードバランサを設置していたが、その運用や保守にかかるコストの高さが課題となっていた。
それらの課題を解決すべく採用されたのがAppDirectorだ。

NSW 日本システムウエア株式会社様

日本システムウエア株式会社様

クラウドサービスにおいて一番怖いのはサービスを止めること。
信頼性、拡張性、運用性を検討した結果、オンデマンドで拡張可能なロードバランサAppDirectorを選択

独立系のシステムインテグレーター NSWが提供するIaaS型クラウドコンピューティングサービス「BlueSpider」。
このクラウドサービスを支えるロードバランサとして採用したのが、信頼性、拡張性、運用性などすべての要件を兼ね備えたAppDirectorだ。

テックエンジニアリング株式会社様

株式会社テックエンジニアリング

業務を支える保守管理システムだからこそ、パフォーマンスの改善だけでなく、システムを安定稼動させる施策が重要に。
そこで選ばれたのが信頼性の高いAppDirector

POSシステムの保守を中心に事業を手がけるテックエンジニアリング。業務を支える保守管理システムの負荷分散に信頼性の高いAppDirectorを選択。実践セミナーへの参加と評価機での検証により、スピーディーな導入を実現。

鶴見サンマリン株式会社様

鶴見サンマリン株式会社

ロードバランサをAppDirectorにリプレース。
既存のシステムやネットワーク環境に影響を及ぼすことなく、
L2負荷分散の冗長化に成功

内航タンカー業界のリーディングカンパニー、鶴見サンマリン株式会社では、保守サポートの打ち切りにともないロードバランサをラドウェアのAppDirectorにリプレース。「止まらないシステム」を目指し、L2レベルの負荷分散ならびにヘルスチェック(死活監視)機能の冗長化を実現した。

株式会社ソフトクリエイト様

株式会社ソフトクリエイト

信頼されるサイト構築サービスを提供するために標準ロードバランサとして AppDirector OnDemand Switch を選択

ECサイト構築マーケットにおいて国内No.1(矢野経済研究所調べ)のシェアを誇る株式会社ソフトクリエイトでは、データセンターにおいて運用を代行するECサイトのロードバランサ標準機として、ラドウェアの「AppDirector OnDemand Switch」を採用している。

学校法人桑沢学園 東京造形大学様

※日本ラドウェアのユーザ事例掲載サイトにてご紹介しています。

東京造形大学様

AppDirector OnDemand Switch を活用で信頼性・可用性に優れたアプリケーションデリバリー環境を実現

国内有数のデザイン/美術高等教育機関である東京造形大学では、アプリケーションデリバリー環境の強化に向けて、既存のサーバ負荷分散装置をリプレース、新たにラドウェアの最新鋭アプリケーションデリバリー「AppDirector OnDemand Switch」を導入した。