Radware

ラドウェア
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Radware

ラドウェア

仮想化のメリットを最大限生かせていますか? 

クラウド時代になぜ『ADC仮想化・集約化』が求められるのか

サーバやストレージなど仮想化が進んでいるなかでは、新しいサービスが素早く展開されたり、構成の変更が即座に適用されるなど、サービス品質が向上しています。また併せて運用と設備投資コストの削減やサーバ使用効率の向上などの効果が得られています。
しかし、ADCの仮想化はまだ進んでおらず、新しいサービスを提供する場合その都度ADCを整備したり、または1台の物理デバイス内で設定を複雑にする必要があります。
その都度導入コストや構成する人的コストが発生してしまい、せっかくサーバやストレージの仮想化によって得られた柔軟性や拡張性といったメリットを最大限に生かせていないのが現状です。




 
ADCを仮想化することによって得られるメリットとして、
以下のことが挙げられます。

  • サービス品質の向上
  • 将来にわたるサービス拡張に柔軟に対応
  • ハードウェアや運用コストを大幅に削減
  • 設備や電力などの費用を低減
  • インスタンス間の障害を分離


 
ADCを仮想化することによって得られるメリットとして、以下のことが挙げられます。

  • サービス品質の向上
  • 将来にわたるサービス拡張に柔軟に対応
  • ハードウェアや運用コストを大幅に削減
  • 設備や電力などの費用を低減
  • インスタンス間の障害を分離

Radwar「ADC-VX」で課題を解決!安全な仮想化・集約化を実現

ADCデバイスを仮想化・集約化された柔軟でセキュアなアプリケーションデリバリー環境に変更するにあたって従来のADCデバイスでは数多くの課題に直面しています。 RadwareのADC-VXを使用すれば、これらの課題に上手に対処し、ADCの完全な仮想化・集約化に向けた安全な道のりを実現することが出来、柔軟で拡張性に富んだ仮想化基盤を構築することが出来ます。

Radwar「ADC-VX」で課題を解決!安全な仮想化・集約化を実現
ビデオでよりわかりやすく課題と解決法をご紹介!

仮想化と統合のトレンドや、ADCの仮想化・集約化に関する課題などを記載したホワイトペーパーも
ご用意しておりますので、是非ご覧くださいませ!

導入実績から見るADC-VXのさらなる付加価値

導入実績から見るADC-VXのさらなる付加価値
Alteon5224-1G XL+5vADCを優待価格にてご提供!詳しい価格等はお問い合わせください。

ハンズオンセミナー

昨年度大好評だったAlteonハンズオンセミナーを仮想化ニーズに特化した内容に刷新し、ロードバランサーの最新トレンドをご紹介いたします。 マルチテナント対応ロードバランサー「ADC-VX」、仮想化対応ロードバランサー「AlteonVA」の魅力を体感頂けるセミナーです。



お問い合わせ

マクニカネットワークス株式会社
Radware 製品担当
TEL :045-476-2010
Email:
お問い合わせフォーム