Proofpoint

プルーフポイント
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
MENU

Proofpoint

プルーフポイント

Proofpoint 次世代型メールセキュリティ

標的型メール攻撃やビジネスメール詐欺などメールによる攻撃が高度化・巧妙化する中、企業のメールを取り巻く環境は大きく変化しています。 Proofpointは環境の変化に対応した次世型メールセキュリティ対策としてEmail Protection、Targeted Attack Protection(TAP)、Threat Response Auto Pull(TRAP)の3つで構成されるソリューションを提供しております。

  • ゲートウェイで悪意のあるメールをブロックする「Email Protection」
  • クラウド型サンドボックスを中心とする脅威検知およびブロックを行う「Targeted Attack Protection (TAP)」
  • メールの自動検疫により脅威の封じ込めを自動化する「Threat Response Auto-Pull(TRAP)」

Email Protection:高機能メールセキュリティゲートウェイ

Proofpoint Email Protection は、スパム/ウィルス/マルウェア/フィッシング/BEC対策を実現する次世代型メールセキュリティゲートウェイです。クラウドサービスまたはオンプレミスとしても設置ができます。大量に配信されるスパムやマルウェアはもちろん、アダルト、フィッシング、BECなどのきめ細かいフィルタリングで脅威を分類し、攻撃レベルによって適切なポリシーを適用し管理することが可能です。

標準型攻撃対策:Targeted Attack Protection(TAP)

Proofpoint Targeted Attack Protection (TAP)はメールセキュリティゲートウエイ「Proofpoint Email Protection」の機能を拡張するサービスです。クラウド型のサンドボックスを提供しクラウド上で本文や添付ファイルなどを解析するソリューションとなります。多段階分析を用いて攻撃チェーン全体を検査するとともに、静的/動的分析およびプロトコル分析テクニックを組み合わせて、最も高度なランサムウェアの脅威も捕捉します。Proofpointの技術は脅威を検出するだけではありません。機械学習を応用して各脅威のパターン、行動、テクニックも観察します。結果として常に新しい攻撃ツール、技術、標的の検出に対応できます。仮想マシン検出、マルウェアの時間差起動、地理的制限のある脅威などの捕捉しにくい攻撃テクニックにも対応します。また、独自の予測分析で、メールトラフィックのパターンに基づいて不審なURLを予測して識別し、サンドボックス処理を行います。テンプレートベース、レピュテーションベース、および機械学習による検出によって、明白な電子的痕跡を残さないクレデンシャルフィッシング攻撃のような脅威を効率的に捕捉できるようになります。脅威の検知のみならずメール、クラウド、ネットワーク、モバイルアプリおよびソーシャルメディアを網羅した脅威インテリジェンスを提供しています。コミュニティべースのインテリジェンスの脅威グラフでは 6,000 億以上のデータポイントを用いて、様々な業界と地域におよぶ攻撃キャンペーンを関連付けています。これらの洞察には TAP脅威ダッシュボードから簡単にアクセスできます。

悪意のあるメールを自動的に隔離:Threat Response Auto-Pull(TRAP)

Proofpoint Threat Response Auto-Pull (TRAP) を導入すれば メールおよびセ キュリティ管理チームはメールインシデントへの対応プロセスを効率化することができま す。 悪意のあるメールが検出されると、 TRAP はメールを分析して悪意のあるメールを 自動的に隔離します。 また、 ユーザーの受信箱に届いてしまった後でも、 不要なメール を隔離できます。 TRAP を使えば、 メール及びセキュリティ管理チームのメールクリーン アップ作業時間を大幅に短縮できます。