Prisma Cloud(旧Twistlock)

プリズマ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Prisma Cloud(旧Twistlock)

プリズマ

ライセンス仕様

Prisma Cloudは、パブリッククラウド環境およびオンプレ環境で保護される「ワークロード」の数に基づいたライセンスでご提供します。

対象となるクラウドのリソース
(Enterprise/Business Editionが対象)
消費するワークロード数
Enterprise Edition Compute Edition Bussiness Edition
AWS
EC2
RDS
RedShift
DynamoDB
ALB/ELB(loadbalancers)
NAT gateways
Azure
Virtual machines
SQL databases
Application Gateway
Load balancer
Gateway
GCP
Google Compute Engine(GCE)
Cloud SQL
Cloud Spanner
Load balancer
Cloud NAT
1 コンテナ環境向けのため対象外 1
対象となるコンテナ/サーバレスのリソース
(Enterprise/Compute が対象)
 
ホスト:Linux/Windows
コンテナ実行環境がインストールされていないホストあたりのワークロード消費数
1 1 クラウド環境向けのため対象外
コンテナを実行するホスト:Linux/Windows
コンテナが実行されるホストあたりのワークロード消費数
8 8
コンテナ向けサーバーレスコンピューティング:
AWS Fargate/Azure Container Instances/Pivotal Cloud Foundry
実行されるコンテナ(タスク)あたりのワークロード消費数
1 1
サーバーレスコンピューティング:AWS lambda
保護されたFunctionの実行回数あたりのワークロード消費数
1
(100万実行回数/月)
1
(100万実行回数/月)
※Prisma Cloudは、利用されているワークロードの平均数に基づいてライセンスしておりますので、短期間の環境のバーストによる超過課金はありません。
※上記ワークロード数の消費については変更の可能性があり、最新のライセンス体系は以下に基づきます。
https://www.paloaltonetworks.com/resources/guides/prisma-cloud-pricing-and-editions