2020.12.01
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、スマート工場化に対する投資対効果明確化のアプローチ開始

~制約理論(Theory Of Constraints)に基づく解析ソフトウェアを提供する米国シリコンバレー発ThroughPut社と協業検討開始~


セキュリティ対策やネットワーク、AI、DXなどのソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、この度、スマート工場化に対して、お客様に投資対効果を明確化するアプローチを開始することを発表いたします。そのアプローチ実施に際して、制約理論(Theory Of Constraints)やその他50以上のAIやマシーンラーニングのアルゴリズム等に基づく解析ソフトウェアを開発し、サプライチェーン、製造現場、配送向けに提供しているシリコンバレー発のThroughPut Inc.(スループット インク、以下、ThroughPut社、本社:米国 カリフォルニア州、CEO:Ali Raza)と日本市場における協業検討を開始いたしました。

国際競争の激化、コスト削減へ対応するために求められる製造オペレーションの効率化、少子高齢化に伴う人手不足が進む中、昨今インダストリー4.0やスマート工場化など製造現場におけるIoTやAIの活用によるデジタル革新の重要性が高まっています。既に様々な企業において、デジタル革新に向けて製造現場のデータ取得および可視化等の具体的な取り組みが進められています。
しかしながら、現状のスマート工場は、PLCを主とした製造現場のデータ取得を行い、可動率などの簡単な指標の可視化をモデルラインで実施するという小規模な活動に留まっており、具体的な投資対効果が不明瞭でありデジタル革新につながっていないという市場の課題が顕在化しています。

その市場の課題を解決するため、マクニカネッワークスでは、スマート工場化においてお客様が収集した設備データを基に、工程内のボトルネックを検出し、そのボトルネックに対して行ったカイゼン活動による経済効果(生産量・生産額)を算出することができるThroughPut社のソリューションを活用することで、お客様のスマート工場化における投資対効果を明確にしながら、製造業のデジタル革新を目指します。

ThroughPut社は、米国シリコンバレーを拠点とする最先端のスタートアップであり、製造現場の高度なデータ分析を行うソフトウェアを提供する企業です。具体的には、製造現場で生まれるデータ(PLC等)、製造システムデータ(MES、ERP)、原材料の購買データ、及び、製品の出荷データ等、製造業のモノづくり活動の中で発生するあらゆるデータを収集し、その活動の中におけるボトルネック検出を行い、カイゼン効果を経済的に算出することで付加価値を提供しています。

マクニカネットワークスのスマート工場化に対する投資対効果明確化のアプローチ開始、及びThroughPut社との協業検討開始に関して、ThroughPut社CEO Ali Raza氏は次のようにコメントしています。

「マクニカネットワークスは、ThroughPutにとって、オペレーショナルテクノロジー(OT)と情報技術(IT)の両方をスマート工場において最適に相互作用させ、より高い生産量や在庫回転率の実現をお客様に提供していく上で必要不可欠なパートナーと考えております。 ThroughPutとその関係する投資家、アドバイザー含めまして、マクニカネットワークスによる、日本の製造業のお客様に向けたスマート工場化とその運用の実現に向けた取り組みに感銘を受けており、今後の両社によるデジタルイノベーションの取組みの成功を確信しております。」

マクニカネットワークスは、日本の製造業のお客様に対して、スマート工場化に向けた、PLCおよび後付センサーを中心とした製造現場のデータ収集を行うインフラを提供しております。インフラを提供する過程で、ThroughPut社のソリューションを活用することで、製造現場におけるボトルネックの早期検出、及びカイゼン活動後の経済効果(追加生産量/金額、滞留仕掛在庫量/金額、キャッシュフロー向上効果)の算出により、スマート工場化における投資対効果の明確化を実現します。
マクニカネットワークスは、世界中の最先端のテクノロジーとノウハウを提供することにより、IoTやAIの活用による製造現場のデジタル化に貢献し、お客様の国際競争力向上の一助となれるよう活動してまいります。

Throguhput社ソリューションの機能

  • 製造業のモノづくり活動に関するデータのアップロード
  • アップロードされたデータに対して製造工程のモデルをGUI上で定義
    Throguhput社ソリューションの機能
  • アップロードされたデータから製造現場のボトルネックを検出
  • 製造現場のボトルネックの詳細分析(標準偏差、ヒートマップ等)
  • ボトルネック解消時のカイゼン効果算出

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
スマート工場推進 担当
TEL:045-476-2010
Email:

詳細につきましては、各種資料をご覧ください。

ThroughPut社 会社概要

ThroughPut社は、米国シリコンバレーを拠点とする最先端スタートアップであり、製造業の製造現場の高度なデータ分析ソフトウェアを提供する企業です。ThroughPut社は、製造現場で生まれるデータ(PLC等)、製造システムデータ(MES、ERP)、原材料の購買データ、及び、製品の出荷データ等、製造業のモノづくり活動の中で発生するあらゆるデータを収集し、その活動の中におけるボトルネック検出を行い、カイゼン効果を経済的に算出することで付加価値を提供しております。

会社名
ThroughPut Inc.
設立
2016年
本社所在地
アメリカ合衆国 カリフォルニア州パロアルト
代表者
Ali Raza
ウェブサイト
https://throughput.world/

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。