2019.02.08
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、日本KFCホールディングスへCASBソリューション「Symantec CloudSOC」を提供

~シャドーITの可視化に加え、許可されたサービスの利用状況も可視化し、運用負荷軽減とガバナンス担保を実現~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 遵)は、日本KFCホールディングス株式会社(以下、日本KFCH、本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:近藤 正樹)へ米国Symantec社製CASBソリューション「Symantec CloudSOC(以下、CloudSOC)」を提供したことを発表いたします。

「CloudSOC」は、シャドーITに対して効果的な対策を可能にし、利用が許可されたクラウドサービスを視覚化して制御する機能をユーザに提供するクラウドセキュリティソリューションです。

日本KFCHでは約3年前から社内におけるクラウドサービスの利用ニーズが増えはじめ、それに伴い、社員からクラウドサービスの利用申請があった際、該当サービスの信頼性を審査した上で承認を行う情報システム部門の作業負担が増加していました。また、クラウドサービスの中でもブラウザベースのものは、管理者権限がなくても使用できるため、社員が申請をせずに独自利用している可能性も否定できませんでした。

「CloudSOC」導入後は、その機能の1つである、各クラウドサービスの信頼性・危険度を表すスコア判定を活用することにより、情報システム部門がこれまで手作業で行ってきた調査時間や作業負荷を大幅に軽減することができました。また、社員のクラウドサービスの利用状況を可視化できるようになったことで、シャドーITによる情報漏えいリスクも軽減しました。さらに、クラウドサービス利用における社内ルールの策定や、ガバナンスの担保、コンプライアンス順守に向けた基盤の構築にも「CloudSOC」を活用しています。働き方改革にも積極的に取り組む同社では、セキュリティを担保しながらクラウド活用を積極的に進めるために、「CloudSOC」は欠かせないツールとなっています。

マクニカネットワークスは、今後も「CloudSOC」をはじめ、クラウド時代に必要となるSymantec製品のセキュリティ対策全般を提供することで、お客様のセキュリティレベル向上と、コンプライアンス順守やガバナンス担保の促進を支援してまいります。

矢印

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Symantec 製品担当
TEL:045-476-2010

日本KFC 会社概要

会社名
日本KFCホールディングス株式会社
資本金
72億9,750万円 (2018年 6月19日現在)
設 立
1970年 7月 4日
本社所在地
〒220-8586 神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番5号 横浜アイマークプレイス
代表者
代表取締役社長 近藤 正樹
事業内容
日本全国に「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」を展開

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。