2016.05.17
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、インターネット専業証券大手の楽天証券へログ分析専用アプライアンスSBOXを国内で初めて(※)提供

~専用アプライアンスの採用により構築期間を短縮、
ハイパフォーマンスな分析環境を実現~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、自社へのサイバー攻撃の実態調査・分析・可視化の実現を目指す楽天証券株式会社(以下、楽天証券、本社:東京都世田谷区玉川1-14-1、代表取締役社長:楠 雄治)へ、米国SBOX Inc.(以下、SBOX社、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:Tony Ayaz)のログ分析専用アプライアンスSBOXを国内で初めて提供したことを発表いたします。

日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営する楽天グループのインターネット証券である楽天証券は、お客様からの信頼が最大の価値であると認識し、常にお客様の立場を発想の原点とした質の高い仕事を心がけ、最良かつ革新的な投資サービスの提供を行っています。その取り組みのなかで、自社のWEBシステムを通したサービスを安心・安全にお客様に提供するために、WEBシステムへの攻撃や不正アクセスの傾向分析を実現することを目的として、セキュリティログ分析基盤の構築に着手し、調達やサイジングなどの構築期間短縮化や運用時におけるメンテナンスの容易性、ログ検索時におけるパフォーマンス性などを考慮した結果、世界で50社/150ユニット以上採用の実績のあるログ分析専用アプライアンスSBOXを国内で初めて採用しました。

本アプライアンスSBOXは、マクニカネットワークスが販売する分析ソフトウェアに特化した製品であり、お客様のソフトウェアおよびハードウェア調達を一本化することができました。

マクニカネットワークスは、今後もサイバー攻撃対策におけるセキュリティログの調査・分析・可視化の実現を目指す企業へ、ハードウェア構築にかける工数を削減しながらハイパフォーマンスを実現できる環境も含めたソリューションを積極的に提案してまいります。

※2016年 1月時点 SBOX社調べ

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
SBOX 製品担当
TEL:045-476-2010

https://www.macnica.net/splunk/sbox.html

楽天証券 会社概要

楽天証券は、1999年3月に日本初のオンライン専業証券として誕生し、200万口座を超える顧客基盤を持つ業界大手の一角です。多彩な商品ラインナップをはじめ、独自のトレーディングツール「MARKETSPEED」、スマートフォンアプリ「iSPEED」など、常にお客様の立場に立った革新的なサービスを通じて、個人投資家の資産形成の実現と最良の取引環境の提供に努めています。また、楽天市場でのショッピングにも使えるポイントプログラムの導入や、楽天銀行および楽天カードとの連携など、楽天グループの強みを最大限に活かしたサービスも提供しています。

会社名 楽天証券株式会社
資本金 7,495百万円(2015年7月19日現在)
※楽天株式会社100%出資子会社
設立 1999年 3月24日
本社所在地 東京都世田谷区玉川1-14-1
代表者 代表取締役社長 楠 雄治
ウェブサイト

https://www.rakuten-sec.co.jp/

事業内容 金融商品取引業、商品先物取引業

SBOX社 会社概要

SBOX社は、マシンデータ解析プラットフォームアプライアンスを開発、関連サービスを提供するグローバル企業です。アプライアンス製品において豊富な技術リソースと経験により、ベンチマーク・機能拡張を行い、お客様のマシンデータ解析プラットフォームのより迅速な導入、高いパフォーマンスによる利便性を提供します。

会社名 SBOX Inc.
設立 2015年(製品リリース:2013年)
本社所在地 米国カリフォルニア州サンフランシスコ
代表者 CEO Tony Ayaz
ウェブサイト

http://sboxinc.com/

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 竹前(たけまえ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。