2014.03.25
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、KDDIウェブコミュニケーションズが提供するホスティングブランド「CPI」へ、データ分析プラットフォーム「Splunk」を提供

~増加するホスティングサーバへの攻撃・不正アクセスの原因究明を効率化・迅速化~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社 (以下 マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが展開する、ホスティングブランド「CPI」に対し、米国Splunk(スプランク)社製データ分析プラットフォーム「Splunk® Enterprise(以下、Splunk)」を提供したことを発表いたします。

KDDIウェブコミュニケーションズは、1997年にホスティング事業を創業し、ホスティングブランド「CPI」を展開しています。従来、CPIでは、各システムのログを元にスクリプトを作成して、問題発生時の調査やシステム利用状況を把握するための分析を行ってきました。しかし、増加するホスティングサーバの契約者数、サーバ台数に加え、昨年より増加しているシステムへの攻撃・不正アクセスなどのインシデント発生時の原因究明、お客様からのお問い合わせへの回答に時間がかかるなど顧客満足度の維持・向上に対する新たな課題を抱えていました。

システムのログ量も爆発的に増加する中で、従来の人手による分析に限界を感じ、この状況を解決するためにSplunkの導入を決定しました。

Splunkは、ログだけでなく、コンフィグファイル、センサーデータ、ソーシャルストリームなどテキスト形式のあらゆるマシンデータを、正規化などの処理をせずに、自動で簡単に取り込み、全文検索が可能なデータ分析プラットフォームです。アラート、ダッシュボード、レポートを自動作成するなど運用の容易さと、Webブラウザによる直感的且つ容易で自在な分析により作業の効率化、分析結果の均一化も実現します。

Splunkの導入により、大量のログの中から、攻撃・不正アクセスに対する情報をリアルタイムで抽出する事が可能になり、作業担当者がログ分析作業に割く時間を短縮できました。また、カスタマーサービス部門でも参照できるため、インシデント発生時の関係部署間でのエスカレーションにかかる時間の削減を含め、インシデント対応時間が大幅に短縮されました。このように作業量を軽減しながらも、運用品質と顧客満足度の向上を実現しました。今後は、さらに社内向けのシステムに対してもSplunkを活用し、データ分析プラットフォームとして利用していく予定です。

Splunkの特長

  • 世界90ヵ国、7,000社導入、Fortune100社の半数以上に導入されている実績
  • あらゆるマシンデータをインデックス化(ログ、コンフィグファイル、センサーデータなど)
  • リレーショナルデータベース不要、データ取込み時の正規化など煩雑な設計作業が不要
  • データ検索、アラート、レポート、SDK, Web framework, REST APIによる柔軟なレポート出力
  • 1日あたりのインデックスデータ量に応じライセンス課金、汎用サーバで随時スケールアウトが可能
  • 新しいピボットインターフェイスにより、オペレーショナルインテリジェンスをあらゆる人に。マシンデータのフォーマットを理解せずともインタラクティブな操作、分析、データの可視化が可能

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Splunk 製品担当
TEL :045-476-1973

https://www.macnica.net/splunk/

KDDIウェブコミュニケーションズ 会社概要

会社名 株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
資本金 6,500万円
設立 1987年 2月 25日
本社所在地 〒102-0083
東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館
代表者 代表取締役社長 山田 浩喜
ウェブサイト http://www.kddi-webcommunications.co.jp

Splunk社 会社概要

Splunk® Inc.(NASDAQ: SPLK)は、マシンデータ向けのエンジン「the engine for machine data™」を提供しています。Splunk®ソフトウェアは、企業の動力であるウェブサイト、アプリケーション、サーバ、ネットワーク、センサー、モバイル機器から生成されるビッグデータを、収集、インデックス化し、活用します。Splunkのソフトウェアにより、組織は、膨大なリアルタイムおよび過去のマシンデータを監視、検索、分析、可視化し、それに対応することが可能になります。世界-90カ国以上の国で7,000以上の企業、大学、政府機関、サービスプロバイダーがSplunk Enterpriseを利用し、ビジネス顧客の理解を深め、サービスや稼働率の向上、コスト削減、サイバーセキュリティリスクの軽減を実現するオペレーショナルインテリジェンスを獲得しています。Splunk Cloud ™ は、Splunk Enterpriseをクラウド上で提供するサービスです。また、Splunkはクラウドをベースとしたアプリケーション開発を行っている企業向けに登録型のクラウドサービス「Splunk Storm®」も提供しています。詳しくは、http://ja.splunk.com/をご覧ください。

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 豊田(とよだ)
お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。