2010.05.20
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、オープンテキスト社製コネクティビティ製品 最新バージョン発表

~Windows 7対応NFSクライアントソフトウェア 「Open Text NFS Solo/Client 14J」~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋正啓)は、この度、Open Text Corporation.社(以下、オープンテキスト社、本社:加国オンタリオ CEO:John Shackleton)製 コネクティビティ製品 NFSクライアントソフトウェアの日本語版最新バージョンである「Open Text NFS Solo/Client 14J」を、2010年5月20日より販売開始することを下記の通り発表いたします。

商品名および価格(税込) Open Text NFS Solo 14J
\36,800 (税込 \38,640)※サイトライセンス価格あり
Open Text NFS Client 14J
\54,000 (税込 \56,700)※サイトライセンス価格あり
販売開始予定日 2010年5月20日
日本語版開発元および国内総代理店 マクニカネットワークス株式会社

「Open Text NFS Solo/Client 14J」は、Windows PCから、UNIXサーバやワークステーション上に存在する様々なデータへアクセスし、高速なデータ転送を可能にするPC NFSクライアントソフトウェアです。 Windowsエクスプローラと連動し、UNIXのファイルシステムをローカルドライブのように参照することができます。「Open Text NFS Solo/Client 14J」をご利用いただくことにより、Windows - UNIX間の高速でシームレスなファイル共有を実現いたします。

今回発表する「Open Text NFS Solo/Client 14J」では、新たにWindows 7/Windows Server 2008の対応をいたしました。また64bit版 Windows OSにも対応しておりますので、64bit版 Windows OS環境にご変更の際にも、NFSによりWindows – UNIX間でのシームレスなファイル共有を実現頂けます。

製品ラインアップは、ユーザ環境に応じて2種類ご用意しております。基本的なNFS機能を備えた、お求めやすい「Open Text NFS Solo」。また、「Open Text NFS Solo」をベースに、ホストアクセスやFTP、GUIベースの使いやすいLPRなどを装備した多機能版「Open Text NFS Client」がございます。

マクニカネットワークスはオープンテキスト社よりソースコードの開示を受け、日本語版の開発を行っています。 今回、販売開始となる「Open Text NFS Solo/Client 14J」は、マクニカネットワークスウェブサイトより30日間無償体験版をダウンロードすることが可能です。ご購入前の動作確認にご利用ください。

※30日間無償体験版についての詳細は、https://www.macnica.net/opentext/nfsmaestro.html/をご覧ください。

Open Text NFS Solo/Client 14J 主な新機能

  • Windows 7サポート
  • Windows Server 2008サポート

製品に関するお問い合わせ先

オープンテキスト会社概要

カナダのオープンテキスト社は、Enterprise Content Management (ECM)分野における最大の独立系企業です。旧ハミングバード社は、2006年10月のオープンテキスト社による買収後も、Open Text Connectivity Solutions Groupとして、継続して販売を行っております。

オープンテキスト社(旧ハミングバード社:Open Text Connectivity Solutions Group)

報道機関お問い合わせ先

  • マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
  • TEL: 045-476-1960
  • 〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
  • 広報担当 保田(やすだ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。