2014.02.06
マクニカソリューションズ株式会社

マクニカソリューションズ、リクルートテクノロジーズへGigamon社製 トラフィック・ビジビリティ・ファブリック製品「GigaVUE」を提供

~トラフィックの集約化で的確なモニタリングと投資コスト抑制を同時に実現~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売など企業のITシステムの導入から運用までを支援するマクニカソリューションズ株式会社(以下 マクニカソリューションズ、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:森重憲)は、この度、株式会社リクルートテクノロジーズ(以下 リクルートテクノロジーズ、本社:東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー、代表取締役社長:中尾隆一郎)へ、トラフィック・ビジビリティ・ファブリック製品「GigaVUE(ギガビュー)」を提供したことを発表いたします。

リクルートテクノロジーズは、リクルートグループのIT・ネットマーケティング基盤の開拓、実装展開などを担っています。当社では、「リクナビ」「ホットペッパー」「ケイコとマナブ」など、リクルートグループが展開するWebサービスが稼働するインフラ基盤である「RAFTEL(ラフテル)」の構築・運用も行っています。

このようなお客様向けサービスを支える基盤の構築・運用を行うためには、セキュリティの確保が極めて重要です。
リクルートテクノロジーズにおいても、年々巧妙化、悪質化が進むインターネット上のセキュリティ脅威へ備えるために様々なセキュリティデバイスを導入する必要がありました。

しかし、ネットワークの監視やマルウェアの検知/防御などの各種デバイスを親スイッチのコピーポートにつなぐ手法で導入した場合、新しいセキュリティ対策を講じるたびに構成がどんどん複雑化してしまいます。一方で、ネットワーク環境の複雑化は、工事や障害に伴うサービスダウンなどのリスク増大にもつながるため、絶対に避ける必要があります。

そこで、リクルートテクノロジーズでは様々なセキュリティデバイスを「GigaVUE」で統合し、検知や防御、監査などの作業を一元的に行える環境を構築しました。

「GigaVUE」は、ネットワークに分散された複数のセキュリティデバイスを統合し、ネットワークを流れるトラフィックの見える化を実現するアーキテクチャを提供します。具体的には、ネットワークタップやスイッチのミラーポートから大量のトラフィックを効率的に集約するだけでなく、セキュリティデバイスが必要とするトラフィックだけを分配できます。そうすることで、セキュリティデバイス自身がトラフィックを処理する負荷を軽減し、マルウェアの検知処理などセキュリティデバイスが本来優先すべき処理性能を最大限に引き出すことが可能です。

リクルートテクノロジーズは「GigaVUE」の導入により、ネットワークのシンプル化とトラフィックの集約化を同時に実現しました。これにより、将来的に何か新しいセキュリティデバイスを導入する場合も、本番環境には手を加えずに導入することが出来るようになりました。さらに、セキュリティデバイス数の削減によるROI向上も見込んでいます。

マクニカソリューションズは、今後もお客様のネットワークを最適化するため、「GigaVUE」を積極的に提案してまいります。

ネットワークのシンプル化とトラフィック集約化のイメージ

ネットワークのシンプル化とトラフィック集約化

製品に関するお問い合わせ先

マクニカソリューションズ株式会社
Gigamon 製品担当
TEL : 045-476-1972

https://www.macnica.net/gigamon/

リクルートテクノロジーズ 会社概要

会社名 株式会社リクルートテクノロジーズ
資本金 1億円
設立 2012年10月 1日
本社所在地 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
代表者 代表取締役社長 中尾 隆一郎
ウェブサイト

http://recruit-tech.co.jp/

報道機関お問い合わせ先

マクニカソリューションズ株式会社 http://www.msc.macnica.net/
TEL:045-476-1972
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 豊田(とよだ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。