2014.06.24
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、朝日放送へセキュリティ確保と利便性向上を実現するモバイルアイアン社のEMM製品を提供

~モバイルデバイスからファイルサーバや社内ポータルにアクセス~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、朝日放送株式会社(以下 朝日放送、本社:大阪市福島区福島1丁目1番30号、代表取締役社長:脇阪 聰史)へ、セキュリティリスクを軽減するとともに利便性を向上する、モバイルアイアン社のEMM(Enterprise Mobile Management)製品を提供したことを発表いたします。

朝日放送では、海外支局や報道部門など機動性を重視する部署からの要望に応え、iPadを導入しています。導入当初はセキュリティ対策として、アンチウイルス製品のオプションである、紛失時にリモートロックとリモートワイプができるだけのモバイルセキュリティ機能を使っていました。しかし、iPadのOSがバージョンアップした際、当時使用していた製品はiOS7への対応がされなかったため、MDM製品の比較検討を行ない、セキュリティ面だけに偏らず利便性向上の機能がしっかり組み込まれているMobileIron Advanced Management(以下、MobileIron)を導入し、MAM、MCMという最先端の機能を取り入れました。

MobileIronを導入することによって、セキュリティ強化だけではなく、モバイルデバイスからファイルサーバや社内ポータルにアクセスできるようになるなど利便性も向上し、従業員からは好評価を得ています。さらに、LDAP、Active Directoryとの連携が可能なため、既存の社内ID基盤をそのまま活かし、台数増加による管理負荷を軽減することができました。また、導入にあたっては、基本機能がクラウドで提供されている上に、製品に精通したマクニカネットワークスのエンジニアが導入や設定を支援するプロフェッショナルサービスを活用したことにより、短期間での導入を実現しました。

マクニカネットワークスでは、今後もお客様の働きやすい環境づくりを支援すべく、積極的にMobileIronを提案し、プロフェッショナルサービスによる導入支援を行なってまいります。

MobileIron導入決定のポイント

  • 基本機能がクラウドで提供され短期間での導入、展開が可能
  • セキュリティだけではなくイントラネットや社内サーバアクセスなど利便性も向上
  • 今後想定される大幅な台数増加にも耐えられる低い管理負荷

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
MobileIron 製品担当
TEL :045-476-1980

朝日放送事例詳細

https://www.macnica.net/mobileiron/case.html

朝日放送 会社概要

会社名 朝日放送株式会社
資本金 52億9980万円
設立 昭和26年3月15日
本社所在地 〒553‐8503 大阪市福島区福島1丁目1番30号
代表者 脇阪 聰史
ウェブサイト

http://asahi.co.jp/

事業内容 放送法による基幹放送事業および一般放送事業 他

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 豊田(とよだ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。