2019.06.13
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、Interop Tokyo 2019
「Best of Show Award」にて2つのグランプリを受賞


セキュリティ対策やネットワーク、AI、DXなどのソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、Interop Tokyo 2019へ出展する新製品に贈られる「Best of Show Award」グランプリを2部門で受賞したことを発表いたします。デジタル化する時代のトレンドを支える先進的な商材をいち早く日本国内へ紹介し、それぞれが高く評価されたことで2つのグランプリ受賞に至りました。

今回「Best of Show Award」グランプリを受賞した製品は下記の通りです。

  • クラウドサービス部門
    1. JFrog Enterprise+
  • IoT部門
    1. VDOO Vision

各受賞製品概要について

JFrogは世界5,000社以上が導入するDevOpsソリューションを提供しています。JFrog Enteprise+ は、ソフトウェアの継続的アップデートのためのソフトウェアリリースプラットフォームです。DevOpsでのビルドからリリース、配信/デプロイまでのプロセスについて、自動化、セキュリティ、アジリティをもたらします。

https://www.macnica.net/jfrog/

VDOOは、IoTセキュリティの自動解析プラットフォームをご提供します。IoTデバイスのファームウェアをクラウドにアップロードすることで、セキュリティに関する専門的な知識がなくてもスピーディに解析を実施し、IoTセキュリティガイドラインへの適応状況、および検出した脆弱性への改善方法を含め、レポート表示します。解析結果から、そのデバイスにカスタマイズされた防御エージェントも生成・取得可能です。

https://www.macnica.net/vdoo/

マクニカネットワークスは、これらの製品を提供することで、お客様の先進的なIT環境づくりに貢献してまいります。

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。