2020.06.11
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、感染症による経営リスクから企業と
従業員を守る“濃厚接触アラート/追跡ソリューション”の
実証実験キット提供

~経営リスクをふまえた“新しい職場習慣”の定着に向けて~


セキュリティ対策やネットワーク、AI、DXなどのソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、仏ActilityS.A(以下、Actility社 本社フランス、パリ)が提供するLPWA※1とBluetoothの無線技術を組み合わせた感染症(COVID-19)対策“濃厚接触アラート/追跡ソリューション”実証実験キットの提供を2020年7月より順次開始します。

※1:LPWA<Low Power Wide Area>は、従来の無線と比べ低消費電力で長距離通信を実現する無線技術の総称です

1.企業が直面するリスク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大は、市民生活に加えて、企業活動にも大きな影響をもたらしています。特に従業員が感染した企業においては、業務停止、営業停止、従業員の隔離等の措置を取らざるを得ないケースも多く発生しています。製造業においては工場の稼働停止により製品供給が停止し、世界的なサプライチェーンに大きな混乱を引き起こした例もあります。

国内では緊急事態宣言が解除され、経済活動が徐々に元に戻りつつある中、新たな感染拡大を防ぐ手立ての確立を各企業レベルで行い、自社の経営リスクをいかに回避する対策を打ち立てるかが喫緊の課題となっています。オフィスや工場での“フィジカルディスタンスの確保”、“密を避ける”、といった、感染を防ぐ対策と、同時に感染者が発生した場合に、濃厚接触者を迅速に特定し感染を拡大させない措置を取るといった影響範囲の最小化を図る対策が必要となります。

感染者発生による経営リスク

  • 営業、操業停止による機会損失、休業補償、売上減
  • 事業所、工場閉鎖による機会損失、休業補償、売上減
  • 消毒等の対策による経費増
  • 企業イメージの悪化
  • 従業員への補償

等々

2.“濃厚接触アラート/追跡ソリューション”の特長

「濃厚接触アラート/追跡ソリューション」は、専用のLoRaWAN™/BLE端末を用いて、濃厚接触に対してアラートを用いた注意喚起/意識付けと、蓄積データを活用した濃厚接触者の追跡を行うサービスです。

本システムでは個人のスマートフォンを使用しない為、個人情報の流出の懸念がなく、専用アプリを個人スマートフォンにダウンロードする手間も不要です。専用端末を利用するシステムの為、スマートフォンを所有しない従業員や来客者にも適用が可能になります。

使用方法は以下の4つのユースケースに加えて、接触者情報のトラッキングが可能です。

ユースケース

  • 対人距離の監視とアラート

一定期間以上フィジカルディスタンス以内の距離に留まった場合にアラート

対人距離の監視とアラート
  • 人数制限管理

会議室、給湯室、喫煙室等での密になる人数制限を設定し、設定人数以上が集まった場合にアラート

人数制限管理
  • ゾーンニング管理

アクセス可能なゾーンを設定し、指定ゾーン以外への侵入を監視、管理

ゾーンニング管理
  • 設備、機器の消毒管理

BLEビーコンを付けた機器の前の滞在時間から清掃実施状況、時間を管理

設備、機器の消毒管理

接触者追跡機能

接触者情報を保持し、万一感染者が発生した場合は濃厚接触者の特定を行い必要最低限の範囲での隔離を実現

接触者追跡機能

濃厚接触アラート/追跡ソリューション概要

製品構成

LoRaWAN™/BLE端末、LoRaWAN™ネットワークサーバ、ゲートウェイ、管理アプリケーション

システム構成図

LoRaWAN™/BLE端末 *Actility社“Abeeway Trackers”

LoRaWAN™/BLE端末
Micro tracker
小型軽量薄型(名刺の4分の1サイズ) 携帯に最適
IP64、450mAh充電式バッテリー、
ブザー、HELPボタン
BLE、GPS、LoRaWAN™対応
LoRaWAN™/BLE端末
Smart Badge
IDカード型薄型軽量トラッカー、充電式
社員、作業員管理に最適
IP65、1050mAh充電式バッテリー
ブザー、HELPボタン
BLE、GPS、LoRaWAN™対応

管理画面イメージ

Actility社 CEO Olivier Hersent氏のコメント

本システムは、感染に繋がる潜在的なリスクをリアルタイムで測定および報告するものであり、衛生管理面でのコンプライアンス重視する企業にとって不可欠なツールです。仮に従業員の感染が確認された場合、接触履歴データにより、接触のあった小さなグループを即座に隔離し、企業全体のシャットダウンを防ぐことができます。

LoRaWAN™は良好な電波伝搬を可能にするサブGHz帯無線とアンテナダイバーシティーの組み合わせによって、他の無線規格では困難な広域対応を実現できる本システムの迅速な展開と拡張に理想的なテクノロジーです。

提供時期

2020年7月予定。

実証実験を一緒に進めて頂けるパートナー企業を募集しております。

提供料金

マクニカネットワークス製品担当までお問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
LPWA 製品担当
TEL:045-470-9831

https://www.macnica.net/lpwa/

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。