2012.05.10
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、郵船トラベルへジュニパーネットワークス社製SSL-VPNリモートアクセス製品 Juniper MAGシリーズを提供

~リモートアクセス環境を刷新、時間外対応や遠隔拠点からの業務環境を改善~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋正啓)は、この度、郵船トラベル株式会社(以下 郵船トラベル、本社:東京都千代田区神田神保町2-2 波多野ビル)へ米ジュニパーネットワークス社製SSL-VPNリモートアクセス製品 「Juniper MAGシリーズ」を提供したことを発表いたします。

海外業務渡航やクルーズなど高品質で付加価値の高い商品を取扱う郵船トラベルは、世界中でいつでもきめ細かいサービスが提供できるよう、2005年よりリモートアクセス環境を活用しています。これまでのリモートアクセスシステムは、海外拠点や産休等で長期休暇中の社員が社内システムを閲覧するものと、顧客向けの時間外対応を正社員が行うために外出先から社内PCを遠隔操作できるUSBキー型のものの2種類が存在し、リモートシステムの管理が煩雑になっていました。さらに、USBキーでのリモートアクセス環境では、利用頻度が低い利用者にもUSBキーを配布する必要があり、利用の実態に即した適正なコストで運用できていないことも課題でした。
2011年12月、既存システムの保守期限終了に伴い、リモートアクセスシステムの刷新を検討し、求める機能を同時に実現しつつ、適正な費用で運用できることを要件として新システムを選定した結果、Juniper MAGシリーズの導入を決定しました。

Juniper MAGシリーズは、手軽にWebアプリケーションを利用できる上に、社内PCにリモートデスクトップのようにアクセスをしてデータを社外に保存させず社内にいる時と同様の業務を行うことができ、2つの既存システムの機能を満たしています。また、Juniper MAGシリーズはID数ではなく同時ユーザ数のライセンス体系になっているため、利用頻度が低いユーザにも気軽にIDを発行することができます。郵船トラベルに代表されるように拠点が世界中にあり、時差の関係で拠点によって利用時間帯が異なる場合、同時利用者数を低く抑えることができ、利用実態に即した形態でのコストで運用することが可能になります。さらに、ユーザごとのアクセス制御や接続がタイムアウトするまでの時間の管理等、様々な制御が1台で実現できるため、運用面でも簡単かつ柔軟に対応することが可能です。

Juniper MAGシリーズは、iPhone/iPadはもちろん、Android端末もAndroid4.0以降からあらゆるリソースを利用できるL3VPN接続に今後対応する予定です(※注)。郵船トラベルでは、今後スマートタブレットへの対応も視野に入れており、Juniper MAGシリーズを活用して業務体系の変化に柔軟に対応することを検討しています。

(※注)機種やバージョンにより異なりますので、詳細はお問い合わせください。

導入のポイント

  • Webアプリ、リモートデスクトップを1台に集約
  • リモートアクセスコストの適正化
  • スマートフォン、タブレットへの対応準備

製品に関する詳細

https://www.macnica.net/juniper/index.html

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Juniper MAG製品担当
TEL :045-476-1980
URL : https://www.macnica.net/juniper/index.html

郵船トラベル 会社概要

会社名 郵船トラベル株式会社
資本金 2億7千万円
設立 1994(平成6)年4月1日
本社所在地 〒101-8422 東京都千代田区神田神保町2-2 波多野ビル
代表者 代表取締役社長 品川 誠
ウェブサイト http://www.ytk.co.jp/index.html

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-1960
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 宮本

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。