2018.10.16
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、セキュリティとネットワーク管理に有効な「プロキシログ分析 はじめてセット」の提供を開始

~「Symantec Proxy SG」のログを対象に「Splunk® Enterprise」による柔軟な分析をすぐに実現~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社 (以下 マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、Web Proxyログを活用し、セキュリティやシステム運用の観点で有効なレポート作成やログ分析をすぐに始めることができるソリューション「プロキシログ分析 はじめてセット」の提供を開始いたします。

ソリューション名
プロキシログ分析 はじめてセット
提供形態
ハードウェアおよびソフトウェア
提供開始日
2018年10月16日(火)

近年、標的型攻撃は、やり取り型や水飲み場型の出現、使われるマルウェアの高機能化など、ますます多様化しています。情報処理推進機構(IPA)が公開する「『高度標的型攻撃』対策に向けたシステム設計ガイド」では、攻撃をログから検知する方法としてWeb Proxyログの有効性が記載されており、多くの企業でログ統合管理製品やSIEM製品の検討、導入が増えつつあります。しかし、Web Proxyのログをどのような観点で監視、調査するべきかという手法は企業毎に異なるため、自社による分析手法の設計に対して多くの企業が課題を持っています。

このような課題に対して、マシンデータ分析プラットフォーム「Splunk Enterprise」は、Web Proxyをはじめ、ADやファイアウォールなどのあらゆるデータを取り込むことで、複数ログを様々な観点から相関的に分析することができ、柔軟に分析手法をカスタマイズできる製品として高く評価されています。一方で、「Splunk Enterprise」の導入には、実装開発のノウハウ習得や、最適に稼働させるインフラ構築に時間とコストを要するといった課題が残されています。

この度、マクニカネットワークスが提供を開始する「プロキシログ分析 はじめてセット」は、Symantec社が提供するCASBやWeb分離(無害化)を含めた堅牢なWebセキュリティ基盤を実現する「Symantec Proxy SG(旧製品名:Blue Coat SG)」のログを対象に、マクニカネットワークス独自のノウハウをテンプレート化した「Macnicaプロキシログ分析App※」と「Splunk Enterprise」に最適な専用サーバ「Gemini Appliance」および、「Splunk Enterprise」をセットでご提供するソリューションです。「プロキシログ分析 はじめてセット」の導入によって、「Splunk Enterprise」の導入経験がない方でも、短期間で簡単に導入し、Proxyログの分析をすぐに開始することが可能となります。

また、本ソリューションに含まれる「Macnicaプロキシログ分析App」は、ウェブ閲覧状況やProxy、エージェントなどによってブロックされたWeb一覧といったセキュリティの観点で有効なレポートやダッシュボードのみでなく、ネットワーク帯域の可視化による障害検知といったネットワーク管理にも有効な機能を提供しています。

さらに、付加サービスとして提供する「プロキシログ分析 はじめてセット構築サービス」によって、「Gemini Appliance」のセットアップからラッキングまでの作業、「Symantec Proxy SG」 のログ取り込みから「Macnicaプロキシログ分析App」への実装、「Splunk Enterprise」の製品レクチャーといった一連の構築作業を実施いたします。

今後もマクニカネットワークスはログ分析を検討されるお客様が導入や運用管理にかける工数削減を実現できるよう、「はじめてセット」シリーズの販売を通して、最適な環境を提供してまいります。

プロキシログ分析 はじめてセット

※:「Macnicaプロキシログ分析App」について

「プロキシログ分析 はじめてセット」に含まれる「Macnicaプロキシログ分析App」は、マクニカネットワークス社が独自に開発したSplunk Appとなります。これまでに培ったプロキシログの分析経験を元に、ウェブ閲覧状況、Proxy、エージェントなどによってブロックされたウェブ一覧、ネットワークの帯域使用状況などをネットワーク管理者、セキュリティの管理者のどちらの観点からも役立つレポート、ダッシュボードをテンプレートとして提供します。

オンラインセミナー開催のお知らせ

「プロキシログ分析 はじめてセット」の詳細をご紹介するオンラインセミナーを下記の日程で開催いたします。

日程
2018年11月6日(火) 13:15~15:00 (ログイン開始13:05)
詳細
https://www.macnica.net/gemini/seminar_01.html

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Gemini 製品担当
TEL:045-476-2010

Gemini Data社 会社概要

Gemini Data Inc. はマシンデータ解析プラットフォームアプライアンスを開発、関連サービスを提供するグローバル企業です。アプライアンス製品において豊富な技術リソースと経験により、ベンチマーク・機能拡張を行い、お客様のマシンデータ解析プラットフォームのより迅速な導入、高いパフォーマンスによる利便性を提供します。

会社名
Gemini Data Inc.
設立
2015年(製品リリース:2013年)
本社所在地
米国カリフォルニア州サンフランシスコ
代表者
CEO Tony Ayaz
ウェブサイト
https://www.geminidata.com/

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。