2018.08.07
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、日本ヒューレット・パッカードと協業し、FogHornスタート支援パッケージの提供を開始

~スマートファクトリ実現をめざす製造現場に向けて、AI・エッジコンピューティング技術の利用による革新的なIoT活用の簡単トライアルを提供~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)と、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下日本ヒューレット・パッカード社、本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志)は、FogHorn Systems社(フォグフォーンシステムズ、以下、FogHorn、本社:アメリカ カリフォルニア、CEO:David C. King)のフォグコンピューティングソリューション「FogHorn Lightning」を使ったIoT活用を簡単にトライアルできるパッケージの提供を開始いたします。

製品名
FogHornスタート支援パッケージ
提供開始日
2018年 8月 7日

昨今、国際競争の激化、コスト削減へ対応するために求められる製造オペレーションの効率化、少子高齢化に伴う人手不足が進む中、インダストリー4.0やスマートファクトリといった製造現場におけるIoTやAIの活用によるデジタル革新の重要性が高まっています。各生産ラインにおける作業状況の情報が完全にデジタル化され、製造現場の状況を客観的データとしてリアルタイムに把握することができれば、予兆保全・歩留まりの向上・オペレーションの最適化・品質のリアルタイムモニタリング、といった様々な実装をすることが容易になり、効果の可視化にもつながります。
しかし、オペレーションへの影響や、熟練工のノウハウの消失といった、既存の仕組みを変更することへの障壁や、生産ライン毎に異なるベンダーやさまざまなデータベースを利用していることで、「使えるデータ」が抽出できないといった課題が多くの製造業で発生しています。

「FogHornスタート支援パッケージ」は、産業システムが生成する大量のデータをリアルタイム取得・成形をおこなうことができるソフトウェア「FogHorn Lightning」の導入を支援するための、高品質、低コストに環境適応を実現するヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)のハードウェアと、豊富な導入実績を持つマクニカネットワークスによる技術サポートをセットにしたパッケージ製品です。本パッケージを導入することで、現行のオペレーションに一切影響を与えずに簡単に「FogHorn Lightning」をトライアルすることができます。日々生成される大量のデータをオペレーション改善やAI実装に活用したいが、どこから初めて良いか分からないといった課題に対し、歩留まり向上率、スクラップコストの削減、オペレーション時間の短縮といった効果の実測を可能にします。

マクニカネットワークスは、日本ヒューレット・パッカードとの協業による「FogHornスタート支援パッケージ」の販売を通して、今後ますます高まる工場のデジタル革新の重要性に対して、お客様の国際競争力向上の一助となれるようエッジコンピューティングソリューションの拡販につなげてまいります。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
取締役 常務執行役員 パートナー営業統括本部長 西村淳氏からのコメント

今回のFogHorn Systems社様、マクニカネットワークス株式会社様との協業による、FogHornスタート支援パッケージの提供開始を心より歓迎いたします。弊社はFogHorn社様とOEM契約を締結させていただきIoTを実現されたいお客様に最適な製品としてHPE Edgeline GL20 IoT ゲートウェイを提供します。急速に伸長しているIoT領域でFogHorn様のリアルタイムなエッジ層のデータ取得とクレンジングにより実現するデータの可視化による経営の効率化とマクニカネットワークス様のサポートに、弊社のEdgeline Systemを組み合わせることにより、容易にIoTを実現し、お客様へ価値ある新しいサービスを提供できると確信しております。今後もFogHorn様、マクニカネットワークス様との連携を強化し、お客様の効果的なIoT導入を支援させていただきます。

FogHorn Systems
副社長 兼 アジア太平洋事業本部長 遠藤雄太氏からのコメント

この度、マクニカネットワークス株式会社様、日本ヒューレット・パッカード株式会社様と協業し、日本の製造業が得意の先端技術のみならず、その技術のデータ活用を新たな軸にさらに国際力を高められるよう、現場と最新のIT技術を融合したこのようなパッケージを世に送り出せること、心より嬉しく思っております。
今までどこから手を付けていいのかわからない、誰に何を相談したら各現場に合わせてこれら技術を導入できるのか、など歯がゆい思いをされていたことをマクニカネットワークス株式会社様、日本ヒューレット・パッカード株式会社様と共に解決します。

本パッケージに含まれるもの

  • FogHorn Lightning ソフトウェア 3ヶ月分
  • HPE Edgeline GL20 IoT ゲートウェイ 1台
  • マクニカネットワークス SI サポート
    (インストール作業・ロジック(VEL)構築・可視化(VIZ)・InfluxDBへのデータ保管 など)

FogHorn Lightning の特徴

  • 既存の産業システムを変更することなく利用可能
  • センサーや製造設備などが生成する大量のデータをリアルタイムに取得
  • 取得したデータを即座にクレンジング、ストリームデータ解析(ゼロプログラミング)の実行
  • データクレンジング後のデータを可視化・機械学習などに活用可能
  • 外部のデータベースやクラウドサービスに出力が可能
  • 一連のデータ取得から解析・活用・出力までをリアルタイムに実現

「第1回 名古屋 スマート工場 EXPO」に出展

マクニカネットワークスブース(小間番号:26-8)にて、FogHorn Lightning ソリューションを展示いたします。当日は製品デモも準備しておりますので、是非、マクニカネットワークスブースまでお越しください。

期間
2018年9月5日(水)~7日(金)
場所
ポートメッセなごや
URL
http://www.sma-fac-nagoya.jp/

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
FogHorn 製品担当
TEL:045-476-2010

HPE社 会社概要

Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、お客様がより遠くへ、より速く進めるよう、業界をリードするテクノロジー企業です。クラウドからデータセンター、業務用アプリケーションまでを広くカバーする、業界で最も包括的なポートフォリオを誇るHPEのテクノロジーとサービスは、世界中のお客様のITの効率、生産性、セキュリティを高めます。
日本ヒューレット・パッカードはHPEの日本法人として、エンタープライズ領域に特化したITソリューション事業を継承し、「ハイブリッドIT」と「インテリジェントエッジ」、それぞれを実現するサポート、サービスに注力しています。

会社名
日本ヒューレット・パッカード株式会社
設立
1999年
本社所在地
東京都江東区大島2丁目2番1号
代表者
代表取締役社長執行役員 吉田 仁志
ウェブサイト
https://www.foghorn.io/

FogHorn社 会社概要

FogHornは、大量の非同期データをリアルタイムに処理を行う高い技術を持っており、様々な国の製造業、エネルギー産業、プラント業界、輸送業界にエッジコンピューティングソリューションを提供しております。FogHornが持つ今までにないデータ処理技術によって、製造現場において予兆検知・稼働率向上・コスト削減・省エネルギー対策など様々な課題解決を実現いたします。

会社名
FogHorn Systems
設立
2014年
本社所在地
アメリカ合衆国 カリフォルニア州マウンテンビュー
代表者
David C. King
ウェブサイト
https://www.foghorn.io/

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。