2019.06.11
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)産業サイバーセキュリティセンターの調査分析事業基盤の強化に、Finisar社製光トランシーバーを提供

~“Third Party Optics”を実践し、柔軟な構成変更と大幅なコストカットを実現~


セキュリティ対策やネットワーク、AI、DXなどのソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA、所在地:東京都文京区本駒込2-28-8、理事長:富田達夫)の産業サイバーセキュリティセンターの調査分析事業基盤強化に、米国Finisar Corporation(以下、Finisar社、本社:米国カリフォルニア州サニーベール、CEO : Michael Hurlston)製光トランシーバーの導入を支援、提供を開始したことを発表します。

ネットワーク機器やサーバー機器などハードウェアのコモディティ化が進むなか、汎用的なハードウェアを自ら選択し、それに合うソフトウェアを必要に応じて開発し、自由自在に制御するという動きは、世界的な潮流としてIT業界に広がりつつあります。日本においても、通信事業者を中心にホワイトボックススイッチの採用が進みつつあるなど、ネットワークのオープン化は今後も広がってくると想定されています。その一例として、スイッチメーカーから提供されている純正品を利用するだけでなく、サードパーティーから光トランシーバーなどの製品を調達し、自社に合った形に組み上げていく“Third Party Optics”の採用を行うというのものが、最近の傾向の一つとなっています。

サイバー攻撃に対する調査分析、研究開発などを担当している、IPAの産業サイバーセキュリティセンターICSCoE内に設置されたサイバー技術研究室でも調査分析事業基盤を内製しています。IPAでは、この基盤の性能を強化するための新たなネットワークづくりに向けた環境整備を目的に、世界的な潮流となっている“Third Party Optics”を実践し、今回ネットワーク構成の自由さを確保しながら安定性にも優れたFinisar製光トランシーバー(Third Party Optics)をネットワーク構築の一部として採用いたしました。

限られた予算のなかで安定稼働できるネットワーク設計・運用を可能にするには、必要な要件に最適な製品を選択することが重要です。製品ラインナップが豊富なFinisar製光トランシーバーは、要件にあわせた柔軟な構成変更を可能にします。そのため、スイッチメーカーでの実績があり性能的に純正品とそん色のないパフォーマンスが期待できる上、大幅なコストカットを実現することができました。

ファームウェア解析結果

マクニカネットワークスは、これからもFinisar社の最先端テクノロジーを提供することにより、柔軟性のあるネットワークインフラ構築を支援してまいります。

導入事例詳細はこちら

https://www.macnica.net/finisar/case_02.html

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Finisar 製品担当
TEL:045-476-2010

https://www.macnica.net/finisar/

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)概要

2004年、日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省所管の独立行政法人。“頼れるIT社会”の実現を目指し、「情報セキュリティ対策の実現」「IT人材の育成」「IT社会の動向調査・分析・基盤構築」を事業の柱とし、一般の人たちにもわかりやすい形での情報、中小企業や一般の人たちにも使いやすいツール、資料などの提供を行っています。国家資格である「情報処理技術者試験」の運用から、パソコンやアプリケーション利用時のセキュリティ対策情報の提供といったものまで、幅広い活動を行っています。

Finisar会社概要

Finisar社の提供するオプティカル製品には、トランシーバー / トランスポンダ、 アクティブケーブル、波長選択スイッチ(WSS)、波長可変フィルタ、アクティブコンポーネント、 パッシブコンポーネントが揃っています。ギガビットイーサーネット、ファイバチャネル、SONET/SDH、 PONの規格に準拠しており、100Gppsに至る超高速データ通信や、短距離から長距離の幅広い伝送距離に対応しています。また、業界No1の製品ラインアップで、多様化するお客様のご要望に応え続けています。

会社名
Finisar Corporation
設 立
1988年
本社所在地
1389 Moffett Park Drive Sunnyvale, CA94089-1133
代表者
Michael Hurlston
ウェブサイト
http://www.finisar.com/
事業内容
光部品、及び光サブシステムの設計開発と製造販売

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。