2018.01.10
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、Boxの利用状況を可視化する独自
ソリューションとしてSplunk® Enterprise向けBoxアドオンを
無償提供開始

~Boxの導入効果を可視化させ、
社外秘情報の持ち出しなど不正利用の検知・抑止を実現~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、安心・安全なクラウドコンテンツマネジメントプラットフォーム「Box」の利用状況を可視化する独自ソリューションとして、データ解析プラットフォームSplunk® Enterprise向けBoxアドオンの提供を2018年1月10日より開始したことを発表いたします。

機能
  • Box利用ユーザの利用統計情報の可視化(Box導入効果の測定)
  • Boxの不正利用の兆候検知・可視化
費用
無償

少子高齢化が急速に進行する中、就労人口の減少・高齢化率の上昇といった課題が顕在化しており、長時間労働の是正(ワーク・ライフ・バランスの改善)・生産性の向上・各人のライフステージに合った働き方の選択といった「働き方改革」の実現が企業に求められています。そこで昨今、働く場所・利用するデバイス(PC・スマートフォンなど)を問わず、社内・社外の関係者と安全に効率よくコンテンツを共有することのできるクラウドコンテンツマネージメントプラットフォームBoxで「働き方改革」を実現しようという企業からの相談が増え始めています。
一方で、クラウド環境における積極的な情報共有には、セキュリティの考慮が欠かすことができず、情報漏えいのリスクをいかに低減するかといった課題が発生しています。

この度、マクニカネットワークスが無償にて提供を開始するSplunk® Enterprise向けBoxアドオンは、様々なシステムから生成されるマシンデータの収集、検索、分析を行う、データ解析プラットフォームSplunk® Enterpriseを用いて、Boxの利用ログを可視化することのできるソリューションです。

本アドオンを利用し、ユーザの利用統計情報を可視化することで、Boxの導入効果を測定し、利用促進のための対策を実施可能にします。さらに、ファイルの大量ダウンロードや社外とのファイル共有など、社外秘情報の持ち出しが懸念される操作のログを可視化することで、社内セキュリティポリシーと合致しない不正利用が無いか検知・防止することができます。本ソリューションを活用することで、Boxをより安心・安全に利用いただくことが可能になり、社内利活用の促進を実現させます。
なお、本ソリューションはマクニカネットワークスおよび弊社パートナー様よりBoxを購入いただいたお客様が、Boxのアドオン製品としてご利用いただけます。

マクニカネットワークスは、今後も本アドオンの機能拡張を継続的に行うことで、よりセキュアな情報共有を可能にし、お客様のコンテンツマネージメント戦略の成功による働き方改革の実現に寄与してまいります。

Splunk® Enterprise向けBoxアドオンの機能

  • Box利用ユーザの利用統計情報の可視化(Box導入効果の測定)
    業務改善・シャドーIT対策等の目的でBoxを導入した後、ユーザがどれぐらい利用しているか、導入効果を可視化します。これにより、積極的にBoxを活用しているユーザや部署を見つけ出し、成功事例の社内展開を実施することで、社内利活用の促進を実現させます。
  • 不正利用の兆候の検知・防止
    ファイルの大量ダウンロード、社外とのファイル共有など、社外秘情報の持ち出しが懸念される操作のログを可視化することができます。社内セキュリティポリシーと合致しない不正利用がないか、検知・防止することができます。

(イメージ図)

Splunk® Enterprise向けBoxアドオンに関するお問い合わせ先

下記URLより、ダウンロード方法・ご契約情報のご確認をいただけます。

https://www.macnica.net/box

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Box 製品担当
TEL:045-476-2010

https://www.macnica.net/box

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 橋田(はしだ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。