2018.10.30
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、電池不要でメンテナンスフリーな長距離無線通信を実現

~EnOcean®とLoRaWAN™の変換ブリッジを提供~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、この度、ワッティ―株式会社(以下、ワッティ―、本社:東京都品川区西五反田7-18-2、取締役社長:菅波希衣子)と協業し、ワッティ―が開発した電池不要のEnOcean®と長距離通信のLoRaWAN™のブリッジを用いた「E2L bridge™」ソリューションの提供を開始いたします。

EnOcean®無線通信は、315MHz~928MHz帯(日本では928MHz)を使用し、エナジーハーベスト技術により、電池不要でセンサのデータを送信することができます。また、LoRaWAN™は、免許不要なサブギガ(日本では920MHz)帯を使用し、任意の場所でいつでもインフラを構築できる新しいIoT向け無線通信規格であり、従来の無線技術と比較して省電力で広範囲をカバーします。

通常、EnOcean®無線通信は、通信距離が約10mから200mになります。たとえば、ビル一棟をカバーするとなると、EnOcean®の端末を使用するにはEnOcean®ゲートウエイをビルの複数の場所に設置する必要があり、バックホール通信料(3G/LTEを使用する場合)がゲートウエイ毎にかかるため、運用時の課題の一つとなることがあります。
また、LoRaWAN™通信も低消費電力で動作する通信方式ですが、ユースケースによっては1年~3年でセンサ端末の電池交換が必要となり、メンテナンス要員の確保やメンテナンスコストが導入の高い障壁となっておりました。

今回提供する「E2L bridge™」は、LoRaWAN™の特徴とEnOcean®の特徴を合わせた「端末の電池不要」で「長距離通信」可能な、メンテナンスフリーなIoTシステムを実現いたします。このIoTシステムを導入すると、導入コストやメンテナンスコストの削減をすることができます。

「E2L bridge™」は、マクニカネットワークスで取り扱いのLoRaWAN™ネットワークサーバ、ゲートウエイ、表示アプリケーションと組み合わせて提供し、お客様のIoT導入もしくは事業化をサポートいたします。導入時のみならず、実利用から将来にわたり、EnOcean®とLoRaWAN™の組合せソリューションによりユーザ視点で利便性の高いソリューションを提供することができます。

活用例

スマートビル、スマートオフィス、集合住宅、環境モニタリング、インフラ整備、農業、災害対策など

使用例

  • 着座センサで会議室やフリーアドレス席の使用状況のモニタリングシステム

EnOcean®製の着座センサを使用し、会議室の使用人数のカウントやオフィスでの在席状況モニタリングができます。

  • トイレのモニタリングシステム

EnOcean®製のドアセンサを使用したトイレの使用状況のモニタリングやボタンデバイスによる呼び出しができます。

(使用例イメージ)

提供時期

2018年 12月1日より順次

提供料金

マクニカネットワークス製品担当までお問い合わせください。

また、下記展示会にて実際の端末の展示、デモを行う予定です。ご来場の際にはマクニカネットワークスのブースにお立ちよりください。

展示会名:第5回 IoT/AIビジネスカンファレンス

期間
2018年10月31日(水)10:00~18:00
場所
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
URL
http://www.ric.co.jp/expo/iotb2018/

展示会名:ET& IoT Technology2018

期間
2018年11月14日(水)から16日(金)
10:00~17:00(15日(木)は18:00まで)
場所
パシフィコ横浜 ブース位置:C-62
URL
http://www.jasa.or.jp/expo/

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Actility 製品担当
TEL:045-476-2010

ワッティ―株式会社

ワッティ―は当社製造部門の柱である熱システム事業(主に半導体・FPD製造装置ほか各種精密機器に使われるヒータユニットの開発、製造販売)と、もう一本の柱であるセンサ事業(主にエナジーハーベストと相性の良い低消費電力型の液面レベルセンサ、近接センサ、温度センサの開発、製造、販売)を展開しております。お客様のデライトプロバイダーとして、いつでも、どこでも、何でも、誰にでも、喜びや感動を与えられるNo.1企業を目指しております。

会社名
ワッティ―株式会社 Watty Corporation
設立
9500万円
本社所在地
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-18-2 ワッティー本社ビル
代表者
取締役社長 菅波希衣子
ウェブサイト
http://www.watty.co.jp/index
事業内容
フロートスイッチ、レベルスイッチ、レベルセンサ、液体の水位制御に最適な磁気式、光学式、電極式、超音波式を応用した液面センサの提案

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 磯崎(いそざき)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。