Mpression Cyber Security Service

エムプレッション サイバーセキュリティサービス
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Mpression Cyber Security Service

エムプレッション サイバーセキュリティサービス

Mpression Threat Intelligence Platform™

NEW Mpression Threat Intelligence Platform™ 専用ポータル登録受け付け開始

アカウント登録

Mpression サイバーセキュリティサービスでは、Mpression Threat Intelligence Platform™をご提供いたします。 Mpression Threat Intelligence Platformのご利用は、専用ポータルにて、疑わしいファイル、URL/FQDN/IPアドレスを入力いただくことで標的型攻撃かどうかの観点で脅威レベルを即時に無償で判定いたします。無償のサービスには、継続サービスが含まれています。

さらに、有償にて弊社アナリストにて追加解析を行うことも可能です。

インテリジェンスの分類

以下の視点で4つに分類

  • 機器に適用可能なフィードの量と質
  • フィードの形態
  • 攻撃を判断・分析するコンテキスト
  • 提供形態

継続サービスとは…

Mpression Threat Intelligence Platform™にアップロードした検体、IPアドレス/ドメイン/URLの情報に対して、継続的に照合するサービスです。

Mpression Threat Intelligence Platform™ 追加調査サービス

動的解析などのマルウェア解析をする事で得られる通信先、追加でダウンロードするファイルなどによって標的型攻撃と判定できる場合があります。追加調査では、動的解析や関連情報を調査することでより深いレベルでのインテリジェンス照合を行い、クリティカル度の判定を行います。

有償の追加調査サービスのお支払い方法についてはこちらをご参照ください。

Mpression Threat Intelligence Platform™が解決する課題

解決する課題
セキュリティ脅威アラートを受けてから対応完了まで時間がかかりすぎている
解決する課題

不正なファイルを実行してしまった端末の影響特定のため、高価な詳細調査を毎回行ってしまっている。

インテリジェンス照合&追加調査サービス(有償):
初期判定に必要な情報のみを安価に入手することで、より多くのマルウェアに対して外部の専門家の初期判断を素早く、かつ、リーズナブルに得ることが可能になる。
解決する課題
従業員から不審なメールの通知があるが、開封していない場合、特にセキュリティ対策に活かしていない。
解決する課題

外部脅威に対する対策であるにも関わらず、外部脅威の脅威レベルに応じた対策ができていない。

インテリジェンス照合&継続調査機能:
マルウェアから得られる情報を元に脅威レベルを判定し、また継続的に標的型攻撃かどうかを判断することで適切なセキュリティ対策が可能になる。