Facebook
Line
Twitter

Cyber Security Session

依然として高度化が進む標的型攻撃の最新情報とともに、組織としてのセキュリティ戦略、被害が拡大するビジネスメール詐欺やフィッシングの実態、クラウド時代のセキュリティ運用等についてご紹介します。

経営者と現場を結ぶセキュリティ経営アドバイザー
~経営者が求めるセキュリティと現場が求めるセキュリティのギャップを埋めるには~
三輪 信雄様

経産省のサイバーセキュリティ経営ガイドラインの普及やサイバー犯罪の増加、テレワークの浸透に伴い、経営者がセキュリティに強く関心を持つようになりました。一方で、セキュリティが経営課題としてガバナンスに取り込まれたために、関係者の増えた各部門との調整や、現場の進めたいセキュリティ対策と経営者の思うセキュリティの心配にはギャップが生じています。そのような中で、セキュリティ対策やインシデント対応時に経営者とも会話ができるセキュリティ経営アドバイザーの重要性が高まってきています。本講演では、経営者と現場を結ぶ経験豊富な有識者としてのセキュリティ経営アドバイザーの役割などについて解説します。

S&J株式会社
代表取締役社長 三輪 信雄様
日本郵政のセキュリティに対する取り組み
~防御の仕掛けと支える組織~
名前

情報セキュリティが「情報漏えいを防止する」という目的から、ランサムウエアの登場により、サイバー空間上の攻撃に対して、「事業を継続する」目的に変化してきています。このような中で、日本郵政グループのセキュリティを支える組織の構成と、社内ネットワークやPCの基盤に対するセキュリティ対策の概要についてお話します。さらに、クラウドを利用したシステムの増加や、5Gの整備、働き方改革等に伴い、セキュリティ対策に対する考え方の変化と今後の方向について、課題と方針についてお話しします。

日本郵政株式会社
システム部門 執行役
正村 勉様
効果的なサイバーセキュリティ運用態勢のととのえ方
~各種フレームワークの活用と実践~
上原 孝之様

昨今のサイバー脅威に対抗するためには、攻撃の特徴や手口を知り、自社のIT環境や業務に即した有効な技術的対策を実装する必要があります。また、技術面だけでなく、攻撃に対する組織としての対応力も継続的に強化し続けなければなりません。本セッションでは、企業等のサイバーセキュリティ強化やインシデント対応支援の経験豊富なスピーカーが、国内外の主なフレームワークやガイドラインの要点、活用例を解説するとともに、主にインシデント対応態勢を有効に機能させるための取組み事例についてご紹介します。

S&J株式会社
コンサルティング事業部 取締役事業部長
上原 孝之様
コロナ時代からの再生ロードマップ
海外動向から考えるこれからの企業とセキュリティ
王原 聖雄

働き方改革やDXは「将来的に目指したい姿」としての取り組みでしたが、今、私達は否応なく変革を求められています。この機会に、オフィスに出社することを前提とした「これまで」に戻るのではなく、リモートワークやクラウドの利活用が当たり前な「これから」を再構築していく必要があります。そこで重要となる、データ、クラウドサービス、デジタルリスクアセスメントの3つをポイントに、このセッションでは海外のセキュリティスタートアップの動向から、Data Poisoning、3rd Party Assessmentなどの新しい観点を踏まえた、コロナ時代からの再生ロードマップをご紹介します。

マクニカネットワークス株式会社
ビジネスデベロップメント室
王原 聖雄
新型コロナウイルス感染症発生後のグローバルリスクの変貌
~ニューノーマルがもたらす新たなリスクの脅威~
平賀 暁様

新型コロナウイルスによる事業活動への影響は計り知れません。私たちは今まさにWithコロナのニューノーマルを十分に把握することで、事業再開や回復に向けて、最善の方法を模索して行かなければなりません。パンデミックはグローバルリスクの一つとして、世界経済フォーラムが発行する グローバルリスク報告書でも毎年取り上げられており、いくつものリスクと相互連関し、大きなインパクトをもたらします。グローバルな視点で自社に直面するリスクを把握することは、リスクマネジメント戦略実行の第一歩です。本セッションでは、この先も続く不確実性の時代を勝ち抜くためのリスクの新潮流を解説し、自社の事業への影響度合いを探っていきます。

マーシュブローカージャパン株式会社
取締役会長
平賀 暁様
 
マーシュブローカージャパン株式会社
Senior Vice President
安達 正之様
経営者が知っておくべき内部不正対策
~コロナ時代を生き抜くために~
経営者が知っておくべき内部不正対策

コロナ時代の新しい働き方として多くの企業でテレワークが推進される中、今まで以上に内部不正のリスクが高まってきています。外部からの攻撃よりも1 件あたりの被害が甚大であるケースが多く、企業やその他の組織において内部不正によるセキュリティ事故が原因で社会的信頼を失ってしまう可能性もあります。そのため、内部不正対策は組織における脅威の一つと位置づけ、経営課題として真摯に取り組む必要があると考えます。本講演では国内外の内部不正の事例を確認するとともに、その対策について解説及びデモを実施します。

マクニカネットワークス株式会社
第2営業統括部第4営業部第4課 課長
太田 洋二
 
マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第4技術部第2課
岡元 一成
【パネルディスカッション】Afterコロナのセキュリティを考える
~経営者、CSIRT、US駐在エンジニアの目線で探る将来像~
パネルディスカッション

Afterコロナ時代、組織のサイバーセキュリティはどうあるべきか――サイバーセキュリティに長年従事してきた4名のエキスパートがあらゆる角度から切り込みます。経営者目線の企業の在り方、CSIRT目線で見る新たな脅威、最先端海外企業と日本の違いなど、サイバーセキュリティに携わる全てにとって役に立つ今後の対策のヒントを探ります。

S&J株式会社
代表取締役社長
三輪 信雄様
 
マクニカネットワークス株式会社
セキュリティ研究センター センター長
政本 憲蔵
 
マクニカマクニカネットワークスUSA
担当部長
中村 和広
 
マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部 統括部長
高橋 峻
 
マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部セキュリティサービス室
瀬治山 豊
なぜ急増する?企業を狙う「サイバー犯罪」の知られざる実態
3,800億の損失を生んだその手口とは
勅使河原 猛

2019年にFBIが報告したサイバー犯罪の被害額は年間およそ3,800億円です。デジタル化した現代では、犯罪者にとって、サイバー空間上での犯罪の方が、より効率的で、リスクの低い“ビジネス”となっている可能性があります。特にメールは、誰からでも受け取ることを前提としているため、脆弱で攻撃者にとって便利なツールです。メールを悪用したこれらの攻撃に対抗するためには、システムの強化だけではなく、教育やサプライチェーン全体での対策強化などが必要となってきています。本セッションでは、弊社で観測したメール由来の攻撃(ビジネスメール詐欺やEmotetなど)に焦点を当て、脅威やその背景、対策について解説をします。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部セキュリティサービス室 主席
勅使河原 猛
テレワークの盲点?!知っておきたいセキュリティ重大脅威とその対策
BCP対策から学ぶ、これからの新しいセキュリティとは?
上村 直大

新型コロナウイルスをはじめBCP対策としてテレワークを導入済み、または導入を検討されているお客様は多いと思います。急速にテレワーク導入が進む一方で、十分なセキュリティ対策を取ることができていないケースもあるのではないでしょうか。テレワーク導入により働く環境が変化することで、攻撃者もその変化に生じたセキュリティの穴を狙ってくるため、守る側はその脅威を正しく把握し、適切な対策を講じる必要があります。本セッションでは、テレワーク導入に潜むセキュリティの脅威と対策の変化について攻撃者目線も交えながら、これからの新しい働き方に対応したセキュリティソリューションを解説いたします。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第1技術部第3課 課長
上村 直大
今、改めて考えるSaaSに潜むリスクと対処法
テレワークで加速するクラウドサービス導入の落とし穴
海野 恵介

業務効率化や利便性向上の観点から、企業でのSaaSの導入が加速しています。緊急事態宣言によるテレワークの推進で、企業で契約したSaaSを自宅から利用するケースも増えてきました。しかし、ここで一度、このままSaaSの導入を進めていいのか、考えてみませんか?そもそも、重要データをクラウドに移行していく上で、SaaSのリスクをどのように考えるべきなのかを踏まえ、個別のクラウドへの最適化だけにとどまらず、マルチクラウドに対応した可視化と制御の仕組みが必要となります。本セッションではSaaSの抱えるリスクと対策について、マクニカの知見から導入事例や運用方法を交えて、ご紹介させていただきます。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第3技術部第1課
海野 恵介
今注目のMITRE ATT&CKから学ぶLateral Movementの本当の脅威
企業を蝕むサイバー攻撃の実情とは?
中山 裕貴

本セッションでは、MITRE ATT&CKフレームワークと照らし合わせながら、Lateral Movement(Remote Code Execution、AD偵察、権限昇格など)のフェーズにおける攻撃手法を説明し、対策を説明していきます。標的型攻撃に限らず、Emotetの様なばらまき型攻撃も、一度組織内のネットワークに侵入すると、組織内のネットワークに感染が拡大する為、このフェーズの攻撃手法と対策を理解することで企業の防御策に役立たせることができます。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第2技術部第1課
中山 裕貴
攻撃の特徴と情勢からみる、セキュリティ対策の現在と未来
 
柳下 元

自ら日本の組織を狙う脅威を日々解析し、攻撃の変遷と対策技術を常に追いかけてきたマクニカネットワークスだからこそ分かる、セキュリティの変遷。攻撃手法は、進化するITシステムとともに変化を見せますが、攻撃のきっかけは人であり、情勢や金銭のモチベーションにあります。昨今のコロナウイルス感染症拡大に伴い、多くの企業は急激なデジタル化が求められていますが、このような環境変化も、攻撃者にとっては新たな攻撃を生むきっかけとなるでしょう。本セッションでは、マルウェアが利用されたインパクトの大きい攻撃キャンペーンの特徴とその時の情勢、必要になった対策を振り返りつつ、将来のITシステムを踏まえた現在の対策の解を語ります。

マクニカネットワークス株式会社
セキュリティ研究センター 主席
柳下 元
場所・端末・アプリに縛られないセキュアかつ快適なゼロトラスト基盤の実現とは?
マクニカネットワークスが考えるゼロトラストの最適解
場所・端末・アプリに縛られないセキュアかつ快適なゼロトラスト基盤の実現とは?

新型コロナウイルス感染症によるテレワークの増加や、Office 365/AWS等を始めとしたクラウドサービスの活用に伴い、場所や端末に縛られず、セキュアかつ快適に企業システムにアクセス出来るIT基盤がよりいっそう求められています。本セッションでは、そのような課題を解決する”ゼロトラスト”というセキュリティの概念について、ID・認証、モバイル、クラウドセキュリティ、拠点ネットワークといった様々な観点から、いかにして実現できるのかをお伝えいたします。また弊社検証環境にて構築したゼロトラストラボについてもご紹介。より分かりやすく身近な形でゼロトラストを体感いただけます。

マクニカネットワークス株式会社
第4営業統括部第1営業部 主席
恒本 一樹
 
マクニカネットワークス株式会社
第2技術統括部第3技術部第2課 課長
松村 康平
【パネルディスカッション】ゼロトラスト、どう始めるべき?
実際に取り組んだ例から現実的な進め方を討論
パネルディスカッション

次世代企業インフラとして注目されているゼロトラストですが、一つの製品で完結するものではなく、各製品間のデータ連携によって成り立つものです。そのため、導入時に何から行うべきか検討している方も多くいらっしゃるかと思います。本パネルディスカッションでは、課題、考慮点、苦慮点などについて現実的な解について切り込んでいきます。さらに、弊社検証環境にて構築したゼロトラストラボを実際にご使用いただいたパーソルプロセス&テクノロジー様の生の声を取り入れながら、皆様にはゼロトラストを疑似体験いただき、自社環境でどのように導入し進めていくべきかより踏み込んだ形でお伝えいたします。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
セキュリティ統括部セキュリティ1部 部長
平田 和徳様
 
マクニカネットワークス株式会社
第4営業統括部第1営業部第1課 課長代理
小田切 悠将
 
マクニカネットワークス株式会社
第2技術統括部第3技術部第1課 課長
高梨 裕史
 
マクニカネットワークス株式会社
第4営業統括部1営業部 主席
恒本 一樹
 
マクニカネットワークス株式会社
第3技術部第2課 課長
松村 康平
工場のIoT化で高まるセキュリティの脅威
~製造現場から見たOTの「今やるべきこと」~
菅村 優哉

昨今、日本の製造現場のIoT化は急速に拡大しています、制御システム(OT)をはじめとする生産ラインから事務室まで、様々な機器がネットワークに繋がり、セキュリティに関する多くの課題を抱えています。残念ながら生産現場でインシデントが起こりライン停止によって多額の損失を生む事例はまだまだ後を絶ちません。ITシステムと違い、稼働を止められない工場ではソフトウェアの導入が困難であり、またレガシーシステムも多数存在し、セキュリティを施すのが難しい現実があります。何かが起こった際の異常検知や影響範囲の把握を可能にする”ネットワーク監視”は、現実的で有効な手段です。本セミナーでは工場の制御システムのセキュリティを多数導入支援してきたマクニカネットワークスが、ネットワーク監視やアセット可視化から始めるOTセキュリティの方法や有効性について現場目線で紹介します。

マクニカネットワークス株式会社
第3技術統括部第1技術部
菅村 優哉
稼働が止められない制御システムを守れ
~実例で解説!高度化するOTセキュリティ最前線~
稼働が止められない制御システムを守れ

昨今、完全閉鎖環境であり物理的な対策のみで完結していた制御システムの環境は様変わりし、攻撃の自動化や高度化が急速に進んでいます。制御システムを介したサイバー攻撃により、社会インフラの混乱や人的被害など、その社会に与える負のインパクトは無視できない存在となっています。その半面、制御システムは可用性を重視しており、稼働を止めることができないため、ソフトウェアバージョンアップが長年実施されていないような危険な状況にさらされています。本セッションでは、マクニカネットワークスの制御システムにおける「セキュリティの導入から支援」の豊富な経験と、米国立研究所が提唱する「”起こってほしくない事象”から逆算する防御・復旧フレームワーク(CCE)」を融合した制御システムのセキュリティの効果的な運用手法をご紹介いたします。工場・プラント等の産業系制御システムに関わる方や工場・プラント等の産業系制御システムに関わる方やOTに関心のあるIT部門の方にお勧めのセッションです。

マクニカネットワークス株式会社
第3営業統括部第2営業部第2課
山岸 朋弥
 
マクニカネットワークス株式会社
第3技術統括部第1技術部第2課
井ケ田 一貴
まずはここをおさえる。IoTデバイスに潜むサイバーセキュリティリスクの可視化と対策
 
まずはここをおさえる。IoTデバイスに潜むサイバーセキュリティリスクの可視化と対策

外部からのサイバー攻撃が十分に考慮されずに開発されたIoT製品は、ネットワークに接続されることでその製品として作りの弱い盲点をつかれ、製品の遠隔操作、他を攻撃するための踏み台、物理空間に危害を加える動作など、様々な危険を生み出すリスクが内在します。セキュア設計が考慮されていないIoTデバイス製品にはどのような盲点、どのような攻撃リスクがあるか、その確認方法や検知の手段を、一部デモを交えながらご案内します。「IoTデバイス製品セキュリティの取組み強化」を考案中の製造業 開発部門、PSIRT、製品セキュリティ部門の方にお薦めのセッションです。

マクニカネットワークス株式会社
第3営業統括部第2営業部第1課 主幹
吉原 雄一
 
マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部セキュリティサービス室
山﨑 剛弥
実例をもとに解説!本当に怖い「Webスキミングの脅威」
 
掛谷 勇治

現代のWebサイトは、3rd Party Library等を組み合わせ、マイクロサービス的に開発されることが一般的です。これにより、高度なWebサイトを比較的容易にリリースすること可能となりました。一方で、この開発手法と親和性の高いWebスキミングやサプライチェーン攻撃といった脅威も新たに観測されており、日本含め世界中でこれらの脅威による顧客情報の窃取といった被害が多発しています。しかし、これらの脅威は、従来のWebセキュリティでは検知や防御が極めて困難で、対策には考慮すべきポイントが複数存在します。本セクションでは、現代のWebサイトが抱える脆弱性と新たな脅威、攻撃者集団""Magecart""の攻撃手法の分析、そして顧客情報を守るために考慮すべき点について詳しく解説します。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第3技術部第2課
掛谷 勇治
こんなサイトは要注意!フィッシングによる不正ログインの実態
盗まれた認証情報のその後とは
こんなサイトは要注意!フィッシングによる不正ログインの実態

近年、フィッシングサイトによる情報流出被害が増えております。フィッシングサイトでのユーザの誘導に関してだけではなく、フィッシングサイト自体に検知回避の仕組みも実装されておきており、より高度化・巧妙化されてきている事が確認されています。またこれまで安全とされていたワンタイムパスワードを突破して不正送金するような事例も出ており、ユーザの被害数と被害額は増加傾向にあります。本セッションではフィッシングで情報詐取された後に、実際にどのようにして、窃取された認証情報が悪用されるのか?その実態について解説します。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第1技術部第3課
中野 慧太
 
マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第3技術部第2課 課長代理
関本 俊佑
管理されたくないビジネス部門 vs 管理したい情シス部門
~マルチクラウド時代のあるべき姿とは~
管理されたくないビジネス部門 vs 管理したい情シス部門

クラウドを自社ビジネスに利用する企業が増える中、最適なクラウドサービスを選択し、スピーディーにビジネスを立ち上げたいビジネス部門と、セキュリティや管理性を確保しなければならない情シス部門とで対立の構図ができてしまうことも…。そんな状況下では、ビジネス部門が立ち上げた自社サービスの脆弱な設定に気付かず、情報漏洩事故につながりかねません。そこで本セッションでは、クラウドサービス利用に潜む危険をどう把握し、対策していくべきなのかを、ビジネス部門と情シス部門それぞれに足しげく通う弊社のメンバーが目の当たりにした内容を踏まえ、ディスカッション形式でお届けします。

マクニカネットワークス株式会社
第3営業統括部第2営業部第3課 課長
前野 秀彰
 
マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部第3技術部第1課 課長
鳥居 翔次郎
 

DX Session

DX推進のために検討が必要となる組織やビジネスプロセス、インフラ基盤の整え方、アプリケーション実装の方法など、業界を牽引してDXを推進されている複数の企業様の実体験を交えて深堀してまいります。

また、音声感情解析、AR、画像解析等の最新テクノロジーについてもご紹介します。

アフターデジタル時代のショッピングセンター
 
名前

お客様が様々なデバイスを介して常にオンラインの世界につながり行動するアフターデジタル時代。リアル店舗があつまるショッピングセンターもデジタルテクノロジーを活用することで、お客様や出店テナントに対して新しい価値提供が可能になっている。全国でショッピングセンターを運営する同社の取組み事例の紹介を中心に、これからのショッピングセンターの役割を考える。

株式会社パルコ
執行役 デジタル推進部・CRM推進部担当/株式会社パルコデジタルマーケティング 取締役
林 直孝様
感情解析による遠隔でのメンタル可視化と従業員満足度向上
リモート・ワーカーは宇宙飛行士の夢を見るか?
名前

本セッションでは、リモート・ワーカーの満足度向上の可能性について音声感情解析AIの事例にふれながら概説します。COVID-19の世界的流行により、従業員はリモート環境で仕事をすることが一般化してきました。これは、今まで例外的状態だと考えられていた宇宙飛行士の生活と似たような状態と言えるのではないでしょうか。そこでデンマークのアーティスト、Jasna Rokが本年2月にNASAで発表した「音声感情解析AI(Empath)」搭載の宇宙服 “RE: Connect” を手掛かりに、感情解析による遠隔での従業員メンタル可視化とケアについてご紹介します。

株式会社Empath
Co-founder/CSO
山崎 はずむ様
クラウドネイティブな銀行システムをゼロから作るその狙い
~ゼロバンク・デザインファクトリーが描く新しい銀行システム像~
名前

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)では、DXを実現するために「2Wayアプローチ」を採用し、その1つとして、新たなデジタルネイティブバンク「みんなの銀行」の設立を目指しています。「みんなの銀行」の基幹系システムはパブリッククラウド上で構築を進めており、コンテナやマイクロサービスといったクラウドネイティブ技術を採用しています。本セッションでは、FFGが基幹系にクラウドネイティブ技術を採用したその狙いや、技術的な実現手法・開発手法についてご紹介いたします。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ/ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社
マネージングディレクター
家壽田 雅史様
デジタル化のキモは“事業部 x IT” の組織横断的データ利活用にアリ
~サイロ化組織をデータでつなぎ実現したDX事例~
名前

既存の組織の枠組みの中で、デジタルトランスメーション部門を組織化していませんか?日本の企業・組織文化はタテ割りの組織で発展してきました。ミッションが明確で指揮命令が届きやすいというメリットがある反面、ヒト・モノ・カネの流動性が鈍くなり、よりスピードが求められる現代のビジネスにおいてはデメリットも大きくなってきているのが現状です。本セッションでは、なぜタテ割りのサイロ化組織はDX推進のデメリットとなるのかを整理し、データを中心とした組織横断のプロジェクトだからこそ実現できたDXの事例をご紹介します。例えば日本の製造業の強みであるカスタムオーダー品のベテラン社員による製造可否判断といった事業部が持つ暗黙知を、どんなデータをもとに可視化し、部門ごとに抱える業務課題をどう解決したのか――データをつないで実現するDXのキモをぜひ知っていただきたいと思います。

マクニカネットワークス株式会社
DXソリューション開発室 担当部長
大滝 聡
顧客接点のデジタルシフトでチャンスを掴む!
音声・データ解析によるデジタルに適応した接客実現へ向けて
名前

新型コロナウイルスの影響により、現在、あらゆる業種・業務において、テレワーク等の急速なデジタルシフトが要請されています。従来、お客様と直接コミュニケーションを取っていた対面接客型の業務においても、デジタル化はもはや避けられません。デジタル世界の接客内容についてはこれまで同様の直接的な把握が難しく、良い接客のあり方自体もシフトしていくと考えられるため、売上や顧客満足度を向上していくためには従来と異なる観点での取り組みが必要です。本セッションでは、デジタルシフトの流れをチャンスととらえ、音声解析、システムデータ解析の活用によりこの課題に対処していく方法をご提案します。

マクニカネットワークス株式会社
第2技術統括部DXソリューション開発室 主幹技師
岩下 明史
「新しい生活様式」を営む上での企業における実践例
~従業員の酸素飽和度、心拍数などをスマートフォンで遠隔計測~
名前

緊急事態宣言が解除され、「新しい生活様式」の下で企業は感染再拡大防止と経済活動の両立を図る必要があり、テレワーク等の活用によって人との接触を最大限減らしながら業務を継続させることが求められます。しかし、公共交通機関・サービス業等、人との接触を無くすことができない産業・業務もあり、非対面でそれら大勢の従業員の健康管理を行うことは簡単ではありません。本セッションでは、スマートフォンのみで従業員の健康モニタリングを行い、発熱または風邪の症状がある場合には、自宅で療養を促す等の企業対応を可能とするソリューションと、その活用事例をご紹介します。

マクニカネットワークス株式会社
第3営業統括部 第2営業部 部長
栫 康人
「業務プロセスの可視化」で踏み出すデータドリブン経営の第一歩
~今注目のプロセスマイニングとは?~
名前

あらゆる企業の至上命題となっているデジタルトランスフォーメーション。今後のビジネスの命運を握るDXへの取り組みに、真っ先に必要となるのは「現状の把握」です。しかし、複数部門をまたぐ自社業務の全容を把握するのはそう簡単ではありません。本セッションでは、データを活用した正しい「現状の把握」をするために、今注目されている“プロセスマイニング”とその事例をご紹介します。データ分析からDXを始めようとしている企業の方には、苦労する前にぜひ知っていただきたい内容です。アフターコロナ時代を勝ち抜くために、今知っておきたいDX推進のコツをお伝えします。

マクニカネットワークス株式会社
第3営業統括部Splunk営業部1課
佐々木 和也
開発だけじゃない!GitOpsで運用にもDevSecOps実現を
 
名前

DevSecOpsという考え方が世の中にでてきてから数年が経過しました。DevSecOpsでよく言われる[Shift-Left]の考え方に基づいて、CIツールに脆弱性やコンプライアンス違反を自動検知する仕組みを導入する開発チームが少しずつ増えてきています。しかし、運用のシーンでは属人化、履歴の管理、作業工数、ヒューマンエラーの対処など、多くの課題を残す企業様がまだまだ多数派です。本セッションでは、Kubernetes上で動作するコンテナ化されたアプリケーションの環境を前提に、開発工程におけるDevSecOpsの実現アプローチと、運用におけるGitOpsを活用したDevSecOpsの実現アプローチについて解説します。

マクニカネットワークス株式会社
第2統括技術部第2技術部 主席
野原 峰彦
【BCP対策】ペーパーレス化で快適なテレワーク実現へ
電子署名の導入で、これだけ働き方が変わる
名前

昨今、労働環境の変化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワークを導入する企業が増加しています。しかし、一方で依然として判子を押すために出社を余儀なくされる方たちがいます。本セッションでは、現在注目を集めている「電子署名ソリューション」について、その仕組みや導入のメリット、適法性について、具体例を交えて解説します。契約の電子化・ペーパーレス化・FAX廃止・業務の効率化・コストの削減等にご興味のある方にお勧めのセッションです。ぜひご参加下さい。

マクニカネットワークス株式会社
第3営業統括部第1営業部第1課
窪 航二郎
実体験から辿りついた、製造業のDXで陥りがちな落とし穴と回避策
 
名前

200件を超える製造業のDX実現に伴走する中で気づいたのは、「成功する企業には共通点がある」ということでした。プロジェクトの企画立案から導入・運用まで、それぞれのフェーズに突如現れる落とし穴を、いかに回避するのか。製造現場のデジタル化・スマートファクトリーの構築・ビジネス変革への挑戦など、さまざまなDXプロジェクトで奮闘している方にお届けしたい、プロジェクト推進時に意識すべきポイントとは?人・技術・経験をつないで、プロジェクトを成功に導くために奮闘するマネージャーの生の声を是非お聞きください。

株式会社マクニカ
イノベーション戦略事業本部インダストリアルソリューション事業部 事業部長
阿部 幸太
   

AI Session

AI活用の世界的な動向や導入ノウハウ、AI人材育成方法に加え、先進的な国内企業によるビジネスへの現実的な展開方法について、マクニカグループで展開する「macnica.ai」ブランドで支援したお客様の実例を交えてご紹介します。

AIの戦略的利活用と共感コンテクスト
~アフターコロナ×AIを考える~
名前

AIをはじめとするデジタル技術の台頭に後押しされ、各企業はさまざまなかたちでAI利活用やその検討を行っています。一方で、AIを使うことが目的化してしまい、何故AIが有効なのか、という問いには的確に答えられないケースが散見されるのも事実です。現状のAI利活用に圧倒的に不足しているのが、何のための(Why)、何を実現するための(What)AI利活用なのかという「戦略性」。そしてAI利活用の先にある世界観に対する「共感」を取り付けることも併せて重要だと考えます。特に後者の「共感」という視点の重要性は、奇しくもコロナ禍で先鋭化されました。本セッションでは特にアフターコロナでのAI利活用の示唆となるようなお話ができればと思います。

株式会社野村総合研究所
コーポレートイノベーションコンサルティング部 グループマネージャー
徳重 剛様
「成熟した組織×イノベーション」の最適解
~アナログからAIへ舵を切り、経営課題を解決へ導く社内イノベーターの重要性~
名前

成熟した業界や大企業において、技術革新、経営革新を起こしていくには強いリーダーシップをもった社内イノベーターの存在が不可欠です。変化に対してさまざまな現状へのモメンタムが作用する業界、業務をどのようにして変えていくのか。介護業界でAI、デジタルトランスフォーメーションを強力に推進する社内イノベーターの真の取り組みに迫ります。

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ
企画室 兼 情報システム部 兼 新規事業推進室 部長
北郷 利幸様

株式会社インプレス
編集主幹 兼 IT Leadersプロデューサー
田口 潤様

株式会社マクニカ
新事業本部 AI事業推進室 室長
西村 武郎
【パネルディスカッション】ミドルキャリア層をAI人材へ!AI Powered企業へのロードマップ
~リカレント教育の最前線~
名前

ビジネス変革が待ったなしの現在、AIを活用する企業が増える一方で「AI人材不足」が大きな弊害となっています。しかしながら、精度の良いモデルを作れるAIエンジニアがいれば十分かというとそうではありません。AIは導入するだけではビジネス変革へ導くことは難しく、ビジネス課題にAIを掛け合わせる人材が必要不可欠です。 ドメイン知識を持つAI人材に最も近い存在。それは、企業におけるミッドキャリア層です。本セッションでは、AIを活用したビジネス改革に携わってきた3人のメンバーが、それぞれの視点でAI人材育成のヒントをお届けします。

株式会社レッジ
執行役員
飯野 希様

株式会社ALBERT
データソリューション本部プロジェクト推進部 部長
行方 隆人様

株式会社Kakedas AI技術顧問/合同会社シゴトトセイカツ
AI技術顧問/ピープルアナリスト
大成 弘子様

株式会社マクニカAI Research&Innovation Hub プリンシパル
楠 貴弘
Make AI Work for You: デジタル変革の基礎はデータにあり(通訳あり)
 
名前

新型コロナウイルスにより急速に変わってしまった世界の中で、企業のデジタル変革は不可避となっています。このデジタル変革を長期的に成功させていく上で最重要の要素とも言えるデータ活用。成功のカギは、AIを用いたデータの構造化にあります。このセッションでは、グローバル企業での豊富なプロジェクトの経験をもとに、企業のデータ活用の高度化にAIがいかに貢献していくのか、その実現の具体的なステップについてご紹介をしていきます。

CrowdANALYTIX
Founder & CEO
Divyabh Mishra様
中国から学ぶAIのビジネス活用のポイント
~新型コロナ対策で証明されたAIの社会実装先進国の実力~
名前

中国では、AI、IoT、5Gなどテクノロジの社会実装が大きく進んでおり、新型コロナウイルス対策でも、大きな威力を発揮しました。中国における、AIの社会実装はどこまで進んでいるのか、中国から学べるAIを活用したビジネスのデジタル変革のポイントはどのようなものか?中国で6年間半導体ビジ ネスに関わったスピーカーが、現地での経験と最新の事例を交えながら解説します。グローバルなAI産業動向に関心のある方、AIによるビジネスのデジタル変革の問題意識をお持ちの方にお勧めのセッションです。

株式会社マクニカ
新事業本部AI事業推進室 AI事業開発スペシャリスト
山本 良太
Kaggle Grand Masterが語る!AutoMLはどのように企業のビジネス変革の火付け役となるか(通訳あり)
 
名前

AIのビジネス活用で成功を収める企業が増える中、データサイエンティスト等が行う機械学習におけるモデル作成等の一連のフローを自動化できることで注目を集めている「AutoML」(機械学習の自動化)。AutoMLツールの開発に携わりながら、実際に海外企業のAutoML活用支援を行っている経験も交え、AutoMLはどのようにビジネスインパクトをもたらすのか?データサイエンティストに必要不可欠なツールなのか?等を詳しく解説します。実際にどのようにしてKaggle Grand Masterになったのかについてもお話ししますので、データサイエンティストの方、データサイエンスを学びたい方も必見です!

H2O.ai
Customer Success, Solutions Engineering, and Data Products
Senior Data Scientist, Kaggle Grandmaster
Shivam Bansal様
成功する新規ビジネスの流儀
~シリコンバレーの最新事例をユーザ目線で学ぶ~
名前

デジタル化によってどのようにお客様に共感いただける新たなサービスを生み出すことができるのでしょうか。真の顧客視点を熟考し、顧客の潜在的に求めている商品やサービスを的確に見いだすアプローチは、デジタル時代でも重要です。海外で急成長している企業は、顧客目線でどう映っているのでしょうか。従来のビジネスとの違いは?このセッションでは、シリコンバレー在住のスピーカーが、最新の米国スタートアップの事例を中心に、顧客目線で成功している新ビジネスの秘密を紐解きます。米国のスタートアップにご興味をお持ちの方、イノベーションに取り組む方にお勧めのセッションです。

株式会社マクニカ
イノベーション戦略事業本部グローバルイノベーション推進室 室長補佐
西村 大輔
製造業はAIごときで立ち止まるな
~Industrial DXを実現した企業の5つの秘密~
名前

今や企業の約8割がAI活用に取りくんでおり、適応すべき課題も明確になってきています。しかし、PoCから実運用へステップを進めきれないプロジェクトをたくさん見てきました。Industrial DXは経営革新や現場のカイゼンが目的であり、AI導入は初期の初期のステップのはず。こんなところで止まってはもったいない!200件を超える製造業のAIプロジェクトに携わってきたフロントマンが四苦八苦しながら、お客様と運用までこぎつける中で気づいたのは、成功するプロジェクトにはある”共通点”があるということでした。Industrial DXを実現した企業に共通する、”ある秘密”とは?本セッションで一挙大公開!

株式会社マクニカ
マクニカイノベーション戦略事業本部カスタマーサクセス部 課長
本村 健登
コンペティションで始めるデータサイエンス
~共創と競争によるAI時代の課題解決~
名前

Kaggle に代表されるデータサイエンスコンペティションサイトは、初学者からエキスパートまで様々な方が自由に参加できるデータサイエンティストのオンラインコミュニティです。自己研鑽の場としてはもちろん、多くの社会的課題、企業課題を全世界の人々の競争と共創により解を導き出す場としての役割を担っています。本セッションでは、誰もが参加できる世界中のコンペティションサイトとその特徴をご紹介し、いくつかの課題事例をご紹介します。新型コロナウイルス COVID-19 に関連した事例にも踏み込みます。データサイエンスを使って社会的課題、企業課題の解決に自ら参加したいと考えている方にお勧めのセッションです。

マクニカネットワークス株式会社
第4技術統括部 主幹
佐々木 宏
AutoML(機械学習の自動化)は、AIビジネスの加速装置となりうるのか
~技術視点で検証するAutoMLの実力~
名前

機械学習の実用化は急速に広がっており、ビジネスに大きなインパクトをもたらしています。その一方で、AIモデルの作成は試行錯誤を伴うものであり、機械学習に要していた多大な時間やスキルの問題が顕在化しています。また医療業界や金融業界を筆頭に、結果だけでなく理由や根拠も明示する「説明可能なAI」へ要求も高まっています。そのような状況の中で注目を集めている「AutoML(機械学習の自動化)」の有用性について、豊富な事例と技術的視点から解説いたします。データサイエンスに取り組まれている方、AI/機械学習に取り組んでいる(取り組みを検討している)企業の方にお勧めのセッションです。

マクニカネットワークス株式会社
第4技術統括部AIソリューション室
吉野 考史
AI開発と活用の「今」現場から見えてきた開発と運用の最適解
 
名前

AI開発と活用が進む昨今。AI活用促進に苦戦する企業でよくあるのが、経営層と現場のギャップ。現場で加速できていない、投資したのにうまくいかない・・・という問題が生まれてしまう原因は、“AIモデル開発のための環境”や、その“AIモデルを更新するための環境”の整備にあるということをご存じでしょうか?AIエンジニアが開発に集中できない現実や、AI資産を守るための苦労など、実際の現場から見えてきた開発フェーズと運用フェーズにおけるそれぞれの課題を捉え、その課題を解決するためのインフラ整備についてご紹介いたします。

株式会社マクニカ
クラビスカンパニー技術統括部技術第4部第1課 課長
戸羽 健夫

株式会社マクニカ
テクスターカンパニー ソリューションビジネス推進室 リーダー
飯田 洋平
次世代メンテナンスシステムにおけるエッジコンピューティング最新動向
~振動センサーでダウンタイム、管理コスト、ワークロスを低減~
名前

工場設備の予知保全(CBM:コンディション・ベースド・メンテナンス)に本格的に取り組む企業が増えています。CBMを実現するシステムには振動センサーを用いることが多いのですが、その膨大なデータのエッジでの前処理(特徴量抽出)が必須となります。本セッションでは、製造現場の課題であるダウンタイム削減、メンテナンスコストの最適化、ワークロス低減に向けたCBMシステム構築において、ご相談を受けることが多い、エッジコンピューティングの手法や最新動向について、事例を交えてご説明します。

株式会社マクニカ
イノベーション戦略事業本部インダストリアルソリューション事業部 主席
梶井 学
顔認証技術が可能にするマーケティング・データ活用とユースケースに応じた選定ポイント
 
名前

AI の発展と共に顔認証の技術は著しいスピードで高機能化・高精度化を遂げ、今や AIやディープラーニングの研究者だけの敷居の高い技術ではなくなりました。本セッションでは入退室管理などのアクセスコントロール以外にも、顔認証技術により取得できる来店客の性別や年齢情報などの活用により、最適な商品ラインナップに変更して売上向上へ繋げるなど、顔認証を用いたマーケティング・データへの活用法について解説します。顔認証技術やマーケティング・データへの活用に関心のある方、セキュリティ用にIPカメラを設置しているものの映像をただ保管だけでしていてその他の活用方法に興味がある方におすすめのセッションです。

株式会社マクニカ
アルティマカンパニー第1技術統括部応用技術第4部第1課 FAE
福山 槻之介
AIで加速させるデジタル戦略
~コロナ禍、企業の変化が迫られるとき~
名前

日本企業もこれまで様々な形で業務へのAIの導入を試みてきましたが、実証実験どまりであり、また多くの企業ではドライブがかかりませんでした。奇しくも新型コロナウイルスの感染拡大は、日本企業に改革を迫ることになり、生産性が低くともなんとか業務が回ったこれまでとは異なる形で、業務自体を抜本的に見直すきっかけになってきています。本セミナーでは弊社が見てきた企業のAIのビジネス適用の取り組みを中心に、攻めと守りの観点から戦略的に変わろうとする企業の取り組みをご紹介します。

マクニカネットワークス株式会社
AIビジネス部第1課 課長
古賀 敏裕
生産現場はAIを信じられるか?
~本格導入前にやっておきたい、AIの説明性と品質チェック~
名前

AIの本格運用に向けた動きが加速する中で、いま大きな懸念となっているのが「AIの信頼性」だと言われています。どれだけ精度の高いAIモデルであっても、生産現場の方が信じて使えなければ実運用にはいたりません。 現場へスムーズに導入していくために、何を意識しておくべきなのか。今から知っておいて損はない、AIを本格活用するために必須な「説明性」と「品質」へのアプローチを、実際に取り組んだお客様との事例をもとにお届けします。

株式会社マクニカ
AI Research & Innovation Hub プリンシパル
楠 貴弘
「AI画像解析データ」が変えるビジネス データの持つ力と導入成功の秘訣を語る
 
名前

AI画像解析データによる「気づき」―リテール業界であれば、非効率的な従業員配置やリピート顧客率の低さ、製造業であれば無資格者試験の見過ごしなどー、そこには画像解析だからこそ得られる有益な情報が数多くあります。そのインパクトは非常に大きく、これまで蓄積したビッグデータと掛け合わせることで「ビジネスを変える」ものとなり、経営戦略の一部へと昇華します。このように、AI画像解析は上手に導入すれば企業の価値を見出す、強い味方となりますが、明確な目的がなく始まる場合や、予算を確保せずに進める場合など、導入過程のPoCで終わる企業が数多くいます。今回は、実運用を見据えた形でのAI画像解析導入成功の秘訣をお伝えし、ビジネスを変えるヒントをご紹介します。

株式会社マクニカ
クラビスカンパニー プロダクトセールス第1部 部長代理
小川 雅央
AIxIoTが見守る“超高齢化社会の未来”
 
名前

超高齢化社会により加速する労働人口の減少。働き手不足が深刻な中でも、限られた労働力で安心安全な社会生活を維持していく必要があり、その人材不足課題の解決策としてAI、IoTのニーズは社会全体的に高まってきております。そのような中で、いま劇的な進化を遂げているカメラ映像によるAI画像解析技術に生体認証や3Dセンサーの技術を掛け合わせるというAIとIoTの連携に、”人を見守ること”、”人を監視すること”を安心して任せられる時代になってきています。今回は特に労働人口不足が拡がる介護現場での高齢者の見守りや、データセンターなどの強固なセキュリティが求められる場面で活躍するAIxIoTの活用についてご紹介します。

株式会社マクニカ
クラビスカンパニーストラテジックマーケティング部第2課
濵田 光央
 

IoT Session

スマートファクトリー化に向けたノウハウ、実際に公道を走る自動運転車、工場で活躍する清掃ロボットなど、最新技術の活用事例をお届けします。

実践!スマート工場化の成功フレームワーク
~グローバル展開も実現可!カギとなるのは方向性策定と設備データの正しい収集法~追求~
名前

近年、大手企業様を中心にスマート工場化の机上検討やお試し導入が活発化しています。しかし製造現場のデータの統合的な収集や活用には経済的・技術的な課題が数多く存在し、スマート工場化の推進を阻む大きな障壁となっています。本セッションではそういった課題の解決に向けて、マクニカネットワークスが大手製造業とスマート工場化の全面導入に向けて取り組んできた豊富な実績を基にした生み出した成功シナリオを紹介します。具体的には、製造現場のデータ収集や活用に求められる要件を明確化し、その要件を実現するIoTインフラ基盤を基に国内モデル工場で運用を含めたベストプラクティスを確立し、その後グローバル標準化として展開するといった取り組みです。スマート工場に取り組んでいる方、製造業の生産技術・生産管理・生産企画の方にお勧めのセッションです。

マクニカネットワークス株式会社

第3営業統括部第2営業部第2課 課長
室崎 憲太
マクニカが見た世界と日本の自動運転2020
~世界との比較でわかる最新動向~
名前

自動運転社会の実現に向け、非常に多くの企業が開発に取り組んでおり、グローバルで熾烈な競争になっています。日本企業始め数多くの企業で開発競争に拍車がかかっており、自動運転の技術は日進月歩で進化しています。また、世界から比べると遅れをとっていた日本もようやく国策の一部としての位置付け強くし、内閣をはじめ各省庁、民間が連携して事業を推進することで、世界との遅れを取り戻そうとしています。本セッションでは世界と日本からみた自動運転に対する現在の最新動向を解説し、さらに現在の自動運転技術のトレンドも合わせて解説いたします。

株式会社マクニカ
SIGモビリティソリューション事業部テクニカルマーケティング部 部長
岡田 紀一郎
自動運転の仕組みと活用
~施設内や私有地のモビリティ支える自動運転車はこうして作られる~
名前

今、あらゆる社会課題の解決策の一つとして自動運転が注目されています。自動運転により、労働力確保、高齢者や人口減少地域の移動手段の確保、交通事故削減、環境保護などへの貢献が期待されています。その為、自動運転技術の社会実装に向け、各地でサービスの検証や実証実験などの様々な取り組みが行われています。本セッションでは、マクニカが取り扱う最先端のセンシングテクノロジーやアルゴリズム、AI構築をお手伝いをするマクニカ独自の支援プログラム、そして各地の実証実験でのユースケースを交え弊社の取り組み状況についてご紹介いたします。マクニカでは数多くの自治体や企業様と一緒に自動運転に取り組んでおり、今後自動運転に取り組みたい企業様や自治体の方にぜひ知っていただきたい具体事例をお伝えします。

株式会社マクニカ
SIGモビリティソリューション事業部プロダクトマーケティング1部 部長
大竹 勉
工場内清掃の常識を変える!
自動清掃ロボットNeoの3つの非常識 工場の清掃は自動化できるのか?
名前

工場や物流倉庫において、自動化、省人化が進む中で、清掃については、毎日のように荷物やフォークリフトなどの置き場所が変わるため、清掃ロボットによる自動化は難しいとされてきました。しかし、自動清掃ロボットNeoは日々活躍しております。日々清掃ロボットを活用し、期待した導入効果を確実に得るために、導入検討時に抑えるべきポイントと、なぜNeoは工場、倉庫でも自動化できるのかについてご案内いたします。

株式会社マクニカ
フィネッセカンパニー第4統括部サービスロボット事業推進室 室長
金澤 友和
5Gの本格普及はいつ?
今後何が変わり、激戦のエッジデバイスで差別化を図る勘所は何か!
名前

5Gという未来が生み出す価値への期待が高まる中、ミッションクリティカルな業務や、センサーを活用した新しいCXの提供、大容量・高信頼/低遅延・同時多接続の通信が実現されようとしています。新たなるテクノロジーが起点になり、ライフスタイルすら一変する可能性があるイノベーションを体感する日がいよいよ迫ってきています。本セッションでは、各国の5G動向と、普及に向けた3GPPでの標準化の動向、5G活用例を通し、実装の為のシステム要件を、半導体商社の立場で考察します。

株式会社マクニカ

営業統括本部 エバンジェリスト推進室 室長
峰尾 基次
新提案!自社の安心・安全・業務効率改善は位置検出から
~自動で把握する人・モノの位置~
名前

昨今、サービス向上目的による導入が進み始めた人やモノの位置検出ソリューション。店舗では、駐車場の混雑、商品の在庫数やショッピングカートの所在地、サービススタッフの配置、また倉庫内では、危険エリア作業者の状態把握や対人事故回避など、人が手動で管理するには多大な工数がかかる作業です。しかし、位置検出ソリューションを活用することで、これらの作業を削減できるだけでなく、現状を可視化、分析することで、さらなる業務改善やサービスの提供へとつなげることができます。本セッションでは、技術商社である弊社だからこそ辿り着いた最適な高精度位置検出ソリューションをベースに、様々な場面での活用事例をご紹介します。

株式会社マクニカ
テクスターカンパニーソリューションビジネス推進室 室長
栗本 欣行

Transforming for the Real
~共にカタチにするイノベーション~

本年で開催15回目を迎えるMacnica Networks DAY
今年は、講演日程を2週に分け、計4日間オンライン形式での開催となります。

昨年末から感染拡大した新型コロナウイルス感染症。
それに伴い浮き彫りとなった、事業継続のための急速なビジネスプロセスの変革、社会や従業員の安全確保などといった課題に対して、ICTの利活用はこれまで以上に重要性が増しています。

今年も多くの方に有益な情報をお届けできるよう、サイバーセキュリティ、DX(デジタルトランスフォーメーション)、AI、IoTを軸に様々なセッションをご用意しております。

ICTの利活用を促進させ、企業が進化し続けるための現実的かつ実践的な解とは?
ぜひ、今年のMacnica Networks DAYでご体感ください!

GREETING

マクニカネットワークス株式会社 代表取締役社長 池田 遵

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 このたび弊社では、株式会社マクニカとの共催により「Macnica Networks DAY2020 + macnica.ai」を開催する運びとなりました。今年で開催15回目を迎える本カンファレンスは、昨今の新型コロナウィルス感染症拡大の状況に鑑み、オンライン形式にて情報を提供してまいります。

 現在、企業は、新型コロナウイルス感染症拡大の防止と、事業継続の為のビジネスプロセスの変革が急務となっています。社会や従業員の安全確保、事業継続を支えるためにも、ICTの利活用はこれまで以上に重要性が増しています。また、終息後においてはさらなるオンライン化社会が広がることが予測され、今後の企業における働き方の変革、ビジネス変革等にはICTが大きく貢献できるものと考えております。

 本カンファレンスでは、サイバーセキュリティ、DX(デジタルトランスフォーメーション)、AI、IoT等を軸としたICT利活用の実践的なヒントをお届けしてまいります。
Transforming for the Real――予測不能な危機に立ち向かい、未来を現実へとカタチづくる。変革を起こすべきは、まさに今ではないでしょうか。

 本カンファレンスがお客様にとって有益な情報収集の場となり、さらなるビジネスの活性化に少しでも貢献できれば幸いでございます。 ご多用の折とは存じますが、社員一同、皆さまのご聴講を心よりお待ち申し上げております。

2020年 5月

マクニカネットワークス株式会社
代表取締役社長

池田 遵

OUTLINE

名 称
Macnica Networks DAY 2020 + macnica.ai
日 時

Week1 2020.07.02(木)・2020.07.03(金)

Week2 2020.07.09(木)・2020.07.10(金)

会 場
オンラインにて開催(Zoom利用)
主 催
株式会社マクニカ /
マクニカネットワークス株式会社
費 用
無料(オンライン事前登録)

メディア協力

IT Media エンタープライズ
@IT
MONOist

マクニカネットワークス株式会社

Macnica Networks DAY事務局(アデックスデザインセンター内)

〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5

お問い合わせ時間 土・日・祝祭日を除く(10:00~17:00)

Copyright 2004 Macnica Networks Corp.

上へ戻る