McAfee

マカフィー
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

McAfee

マカフィー

McAfee Macnica Security Conference 2013

McAfee Macnica Security Conference 2013

~本セミナーは盛況のうちに閉幕いたしました~

―標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃に立ち向かう―

9回目の開催となる今年は、「McAfee Macnica Security Conference」にイベント名を一新し開催いたします。今年のテーマは「敵・計・己を知る~サイバー攻撃から企業を守る。今、知りたい最新セキュリティ対策~」。

第5の戦場と言われるサイバー空間で、いかに企業を守るのか?
標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃に対応するための様々な最新のセキュリティ対策やその実践手法をご紹介いたします。

そのほか、多くのセキュリティ製品やクラウド関連の製品との連携など、さらなる発展を進めるMcAfee Drive Encryption(旧SafeBoot)やエンドポイントセキュリティの将来を知るセッションもご用意いたします。

本カンファレンスを通じて、ご来場いただいたお客様のお役に立つ情報をご提供し、また日頃のご愛顧に心からの感謝の意を表し、皆様の心に残るイベントにしたいと存じております。是非この機会にご来場ください。

ビッグゲスト登壇

テレビでおなじみのサッカー解説者/2004年アテネ五輪サッカー日本代表監督の山本 昌邦様が登壇!
セキュリティの考え方にも役立つご講演をしていただきます。乞うご期待!

エンジニアと会話もできるテクニカル・テーブルトーク

幾つかのテーマのもと、エンジニアがデモをお見せしながら技術的に解説いたします。
“ふらりと立ち寄れる”形式ですので、気になったら是非、覗いてみてください。その場で質問もお受けいたします。

開催概要

日程 開催終了
会場 東京コンファレンスセンター・品川 5F
-JR品川駅[港南口(東口)]より、徒歩約2分
定員 120名

※お客様について本カンファレンスへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合、ご参加をお断りする場合があります。

費用 無料

プログラム

13:00~ 【基調講演】サッカーの組織的・戦術的ディフェンスに見る防御のアプローチ
テレビでおなじみのサッカー解説者/2004年アテネ五輪サッカー日本代表監督の山本 昌邦様が登壇!
セキュリティの考え方にも役立つご講演をしていただきます。乞うご期待!
 
 
 
 

サッカー解説者/2004年アテネ五輪サッカー日本代表監督 山本 昌邦様

14:00~ McAfee Delivers Intelligent Security
高度・複雑化するセキュリティ脅威のパラダイムシフトの中、エンタープライズ企業では、セキュリティ対策における管理、運用最適化、PDCAサイクルの構築が喫緊の課題となっております。本セッションではナレッジ、プロセス、プロダクトの統合を通じ企業の課題解決に向けた、セキュリティ対策の全体最適化をご提案いたします

マカフィー株式会社 代表取締役社長 Jean-Claude Broido氏

※ 同時通訳

14:20~ Cyber Readiness プラス(+Plus)の実践手法とは?
標的型攻撃をはじめとするサイバーアタックに対応するための第三の基軸となるCyber Readinessとは何か。マカフィーが提供するNext Generation SIEM(旧Nitro Security)をフル活用した実践手法をご紹介します。また「プラス(+ Plus)」として、他社製品までを含めた様々なシステム連携機能を有効に活用し、統合されたセキュリティシステムの有用性をご提案します。

マクニカネットワークス株式会社 春日 均

15:05~ 休憩
15:20~ Security Connectedを実現するプロダクト&テクノロジーアップデート
本セッションではリアルタイムに提供される脆弱性情報やセキュリティ状況の可視化、アドバイザリ機能を提供するMcAfee Security Connectedの中核をなす製品群:IPS製品“Network Security Platform” 、SIEM製品“Security Incident & Event Management” 、Sandbox製品“Advanced Thread Management”、 エンドポイントセキュリティ統合管理製品“ePO”といった製品やテクノロジーの最新情報をお届けします。

マクニカネットワークス株式会社 村上 雅則

【テクニカル・テーブルトーク】
ホワイエにて、エンジニアが各テーマ15分でデモを交えて解説いたします。ご関心のあるテーマにお気軽にお立ち寄りいただけます。
 
■予定テーマ
  • セキュリティのデータサイエンティストを体験!
  • 多層防御におけるインシデントレスポンス初動体験!
16:00 Drive Encryption(旧SafeBoot)のその先へ
マカフィー社のハードディスク暗号製品Drive Encryption(旧SafeBoot)は、今後さまざまな新機能を搭載しつつ、また、多くのセキュリティ製品やクラウド関連の製品と連携して、さらなる発展を進めていきます。まさに将来のエンドポイントセキュリティにいざなう、必見・必聴のセッションです。

McAfee, Inc. Product Management, Encryption Director Mohan Atreya氏

※ 同時通訳

16:40~ McAfee×CrowdStrike:攻撃者は誰か?目的は何か?
米国の最新のセキュリティの考え方であるCyber Kill ChainやActive Defenseについての解説と、CrowdStrike社のサービスをご案内します。Cyber Kill Chainは、従来、入口・出口対策として考えられることが多かったAPT対策を、攻撃者の視点で7つのプロセスに分解し、多層防御を行っていく考え方です。Active Defenseは、攻撃を受けるほど防御する側が有利になる考え方です。Active Defenseの実装可能なソリューションとして攻撃者は誰か?攻撃の目的は何か?に着目したCrowdStrikeのサービスをご紹介します。

マクニカソリューションズ株式会社 代表取締役社長 森 重憲

協力:東洋経済新報社

お問い合わせ

マクニカネットワークス株式会社
McAfee 製品担当
TEL 045-476-2010
Email