McAfee

マカフィー
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

McAfee

マカフィー

横手市様

※横手市での導入当初の製品名「McAfee Endpoint Encryption for Devices」は、 「McAfee Drive Encryption」に名称が変更されました。

※本内容は製品名をのぞき取材日時点のものです。

横手市様

教員用ノートパソコン600台の導入にあたり、
セキュリティ対策としてハードディスク全体を暗号化
学校現場特有の環境に対応

横手市教育委員会 教育指導部長 永沢氏

横手市教育委員会
教育指導部長
永沢氏

総務企画部 情報政策課 情報政策担当 主任 高橋氏

総務企画部 情報政策課
情報政策担当 主任
高橋氏

かまくらで全国的に知られる秋田県横手市は、2005年に旧横手市と周辺町村が合併して誕生した、秋田市に次ぐ県内第2位の都市である。2009年、同市は市内のすべての小・中学校33校を対象に、教員用ノートパソコン600台を導入することを決定。持ち運びが多いという学校現場の特殊性を考慮して、導入するすべてのパソコン にセキュリティ対策を施すことに。
製品として、マクニカネットワークスが提供するハードディスク暗号化製品 「McAfee Drive Encryption」を採用した。導入にあたってはスクールニューディール構想における補助金を活用することで、当初の想定の1/2の費用での対策が実施可能となった。

セキュリティレベルを平準化したかった

横手市では、すべての小・中学校の教員に対し、ノートパソコン600台を一括購入することを決定した。教員は、様々な個人情報を取扱う。児童・生徒の住所、氏名から家族構成、成績と、流出が許されない情報が特に多い。横手市は学校セキュリティ対策のためのガイドラインを定め、情報漏えいを防止するよう努めている。しかし、「実際の運用については、各学校や教員個人に委ねられている部分もあり、セキュリティレベルの平準化を図りたいと思っていました」と横手市教育委員会 教育指導部長の永沢氏は語る。一度でも情報漏えい事故が起こってしまうと、情報の持ち出しに強い制限をかけざるを得なくなる。そうなれば、当然、ノートパソコンの持ち出しにも制限がかかってしまう。このため、各学校や個人に委ねるのではない、システムによって統一されたセキュリティ対策を実施することになった。

「持ち運び」と「誰でも扱えること」がポイントに

セキュリティ対策の導入に際しては、まず、「パソコンの持ち運び」、「誰でも扱えること」の2つがポイントとなった。教員は複数の学校で教鞭を振るうケースもあるため、パソコンの持ち運びを前提としたセキュリティ対策が必要だ。また、教員のパソコンスキルに依ることなく、操作ができ、セキュリティが保たれることも必要である。その点、ハードディスクの暗号化は、パソコン内のデータがすべて暗号化されるため、安全に持ち運ぶことが出来る。また、パソコン起動時のログイン認証以外に特別なオペレーションを必要とせず、従来どおり使うことができることから、前述の2つのポイントをクリアするソリューションとして、ハードディスク暗号化が選出された。

運用を考え、McAfee Drive Encryptionに

暗号化製品の検討にあたっては、「全データ領域の暗号化」、「2 因子認証」(2つの要素を用いた認証方法)、「信頼性」の3つの要件を挙げた。重要なデータがWindowsのテンポラリファイルやバックアップファイルに残っていることもあるので、システム領域まで含めたすべての領域を暗号化することが必要だった。次に、パスワードだけではなく、USBトークンとの連携による、よりセキュアな認証方法も必要と考えた。また、信頼できる実績のある製品であることも必須条件とした。ハードディスク全体を暗号化するので、何かしらのトラブルが発生することが予想されたからである。トラブルがゼロということは難しいにしても、運用に支障をきたさないことが必要だった。

この点、McAfee Drive Encryptionは、ハードディスク全体の暗号化によりWindowsのシステム領域も含めたすべての領域を保護しており、トークンを利用した2因子認証も採用が可能であった。導入実績やインターネットでの調査、実際に製品を使用しているベンダーへも確認を行い、その結果、信頼性についても問題ないと判断した。システム構築に当たっては、運用上考えられる諸問題とその解決方法を確認し、トークン紛失時の運用方法の確立、ディスク障害時の復号(リカバリ)等、不安事項をつぶしこんだ。

McAfee Drive Encryptionの採用によって、当初から要望していた「セキュリティ対策をとりつつ、利用者の利便性を図る」ことが実現可能になると判断し導入を決定した。

「システムが一通り構築できた後の運用は、利用者個人のセキュリティ意識が大きく影響してきます。今後は、運用面でのセキュリティレベルをアップするためのガイドラインを作成するとともに、セキュリティ意識を高めるための研修などを行っていきたいと思っています」と、横手市情報政策課 主任 高橋氏は締めくくった。

User Profile

横手市(よこてし)
面積 693.04平方キロメートル
人口 10万2058人(2009年8月末)
世帯数 世帯数:34103世帯(2009年8月末)
問い合わせ先 横手市役所 総務企画部情報政策課
〒013-8601 秋田県横手市条里1丁目1番1号
電話:0182-35-2111(代)
導入予定時期 2009年12月
URL http://www.city.yokote.lg.jp/