特集

最新のIT技術情報や旬な話題をお届けいたします

【ここまできた!OpenStack最新情報】OpenStack Summit Austin 2016 現地レポート

【ここまできた!OpenStack最新情報】OpenStack Summit Austin 2016 現地レポート

エコシステムの拡がりとOpenStackの勢いを感じるイベントでした!

OpenStack Summit Austin 2016の振り返り

プライベートクラウドを構築するインフラストラクチャーとして利用が拡がるOpenStackですが、先日、半年に一回開かれるカンファレンス、OpenStack Summitがテキサス州オースティンで開催されました。

日本からは100人以上が参加した模様ですが、全体でも7,500名を超える参加者が60ヶ国から集まりました。今回は現地レポートということで初日、2日目のキーノートスピーチと会場の様子をレポートします。

4月25日の朝9時前にキーノートの会場がオープンすると、あっという間に会場は満員になりました。ステージの左端にはライブバンドが収まるスペースがあり、そこでは6人編成の本格的なバンドがBGMを演奏しています。音楽の街オースティンらしい演出です。

初日のキーノートではOpenStack FoundationのExecutive DirectorのJonathan Bryce氏によるプレゼンテーションがありました。今回のSummitでは7,500名以上が60ヶ国から参加しているとのことでした。次に調査会社のガートナーをゲストとして招き、ガートナー社が考える新しいITの流れとして、これまでのERPのような定型化されたアプリケーションからお客様と関係を保つためのスマートフォンアプリのような新しいアプリが必要になってきたと説明。昔のアプリはモード1、新しいアプリはモード2、そのモード2のアプリを動かすためのインフラとしてOpenStackのようなクラウドコンピューティングが必要になるということです。ただし、モード2のアプリもいずれは信頼性や可用性を高めて最終的にはモード1のようになり、モード2のアプリもモード1が保つデータ(例えば、顧客情報など)にアクセスが必要なので、2つのモードは排他的なものではなく補完する関係であるという説明が分かりやすかったです。

クマとMirantis!?

ユーザ事例講演では、AT&T やフォルクスワーゲンなどが登壇し、OpenStackを使ってビジネスを改革している様子を紹介しました。中でもユニークだったのは OpenStack専業のMirantisです。CMOのBoris Renskiさんが登壇する時に、クマの着ぐるみを連れて登場しました。

クマとMirantis!?

ちなみにこのクマはMarketplaceと呼ばれる展示会場のMirantisブースでも登場し、来場者を楽しませていました。小ネタですが、この着ぐるみに入っているのはMirantisの社員さんらしく小柄なロシア人美女だったそうです。

AT&Tもフォルクスワーゲンも実はOpenStackの構築はMirantisと実施しているそうで、ここでもMirantisの快調さがうかがえました。

初日の振り返り

初日の振り返り

初日のハイライトは例年行われるスーパーユーザアワードの表彰です。前回の東京サミットの時は、NTTがスーパーユーザアワードを勝ち取りました。今回は、日本OpenStackユーザ会の会長でもあるNTT水野氏と市川氏が登壇して、アワードにノミネートされた企業を紹介しました。

初日のキーノート全体の印象としては、AT&Tやフォルクスワーゲンなどの大企業がOpenStackを実際に使い、ビジネスをガートナーが講演したモード2のアプリを使用して運用を変更しているということを印象づけることが目的だったのではないかと考えます。

2日目のキーノートと展示ブース

2日目のキーノートも朝9時から始まりました。2日目も会場は超満員です。この日はOpenStack FoundationのCOO Mark Collierさんの講演が行われました。この日のキーノートは内容が盛り沢山で、チェコで行われたスマートシティのデモ、CoreOSのCEOが行ったコンテナーベースのOpenStackの自動ヒーリングのデモ、シスコからはNFVの機能がもっとOpenStackに連携していく必要性を訴えたプレゼンテーション、台湾で行われたOpenStack Application Hackathonの優勝チームを招いた壇上でのデモなど、OpenStackが様々な領域や地域でも使われていることがうかがえました。Collaborate or DIE がこのキーノートのテーマで、OpenStackだけではなく他の様々なソリューションとの連携が無いとエコシステムが発展しない、という点がメッセージでした。

2日目のキーノートと展示ブース

会場の中にある企業の展示ブースはRed HatやMirantis、EMC、HPE、IBM、Ciscoなど有力ベンダーから、まだ日本では知られていないベンチャーまで様々な企業がそれぞれ工夫を凝らして来場者にアピールをしています。

2日目のキーノートと展示ブース

そんな中、中国や台湾からの企業が多数出展していたことは驚きでした。今回のサミットで新たにOpenStack FoundationのGoldメンバーになったUnitedStackやEasyStackなどもブース展示を行っていました。

どちらもブース自体は小さく会場の隅で展示していましたが、サミット自体に中国や台湾からの参加者も多いため、常に来場者がいて活気を見せていました。

OpenStack Summit Austin 2016の振り返り

OpenStack Summit Austin 2016の振り返り

オースティンでのOpenStack Summitは、今のOpenStackの勢いを感じるカンファレンスで、サミットの後半はデザインサミットと呼ばれるOpenStackの開発者が半年に一度集まって今後の方向性を決めたり、問題点の解決方法を議論するカンファレンスが開催されました。今回は日本人のPTL Project Team Lead が新たに選出されたり、日本人OpenStackコントリビュータの頑張りも体感することができました。

会場の通路には看板があり、キーノートやプレゼンテーションの内容を1枚のイラストでまとめており、看板を会期中にプロのイラストレーターさんが描き上げていくのはライブ感があってとても良い展示手法だと感じました。

OpenStack Summit Austin 2016の振り返り

次回はバルセロナで開かれるOpenStack Summitですが、機会があれば参加してみたいと思わせる勢いと熱気を感じることのできたイベントでした。皆さんも次回は是非ご参加ください!

いつか見た景色 from Staff's Albums