Imperva
インパーバ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
Imperva
インパーバ

内部犯行から企業を守る視点とは
~本当に必要な情報漏えい対策の選び方~

マネージメント層のための情報漏えい対策セミナー
本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

朝食付き世間を騒がせた大規模な内部犯行による情報漏えい事件をきっかけに、様々な製品が情報漏えい対策として謳われ、時として、本当に必要な対策が分かりにくくなっています。

本セミナーでは、企業が検討するべきセキュリティ対策の変化から、その必要性を改めて解説するとともに、「情報漏えいを未然に防ぐ」という視点に立った際の考え方・適切な対策についてご説明いたします。

貴重な朝の時間を頂戴し、皆様のお役に立てる情報をご提供できれば幸いです。内部犯行による情報漏えい対策における今後の方針を検討中のお客様、ご参加をお待ちしております。

開催要項

日程 開催終了
会場 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
〒151-8583 東京都渋谷区代々木2-2-1
-JR新宿駅「南口/サザンテラス口/新南口」より徒歩3分

※20F:ホテルエントランス/21F:会場

形式 朝食付きセミナー
定員 10名

※定員に達し次第受付を終了させていただきます。

対象 現在また今後の、内部犯行における情報漏えい対策を検討中の経営者、事業部門責任者

プログラム

8:00~8:40
内部関係者によるセキュリティインシデントへのアプローチ
プライスウォーターハウスクーパース株式会社 林 和洋様従来の性善説に立脚したセキュリティ対策では昨今の内部関係者による不正に対応することは 難しくなってきました。自社社員のみならず、外部委託先や退職者等を含めた広義のインサイダー による情報漏えい等の内部不正に対応するために、企業はどのように施策を打っていくべきか、 PwCのグローバル情報セキュリティ調査の結果も交えながらご説明します。
プライスウォーターハウスクーパース株式会社
公認情報システム監査人(CISA)/公認不正検査士(CFE)
シニアマネージャー
林 和洋様
8:40~9:20
内部関係者によるセキュリティインシデントへの具体策
ネットワーク第1事業部 伊藤 章浩様々な製品が情報漏えい対策として謳われる中、どの対策を選べばいいのか、時として分かりにくくなっています。
本セッションでは、内部犯行による情報漏えい対策に求められる視点、そしてそれを実現する対策として、データベースセキュリティについて解説いたします。合わせて、現場が手を入れたがらないデータベースについて、懸念点を解消・解決するためのポイントもご説明します。
マクニカネットワークス株式会社
ネットワーク第1事業部 伊藤 章浩
9:30~
個別相談会(ご希望のお客様のみ)

※1組最大15分程度とさせていただきます

※ご希望者多数の場合は、後日の対応とさせていただく場合があります

※同業他社のお客様や本カンファレンスへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は、本Webページをご確認ください。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Imperva 製品担当
TEL 045-476-2010
Email