企業向けソフトウェア開発プラットフォーム

について

詳細はこちら

導入事例

詳細はこちら

セミナー&イベント

詳細はこちら

よくある質問

詳細はこちら

企業向けソフトウェア開発プラットフォーム

GitHub Enterprise ver.2.13のご紹介!

2018/04/24(火)

各バージョンごとに弊社マクニカネットワークスでお客様向けに作成している手順書のうち、ユーザ向け機能の一部を抜粋したものを掲載致します。ほかにSite admin向けの機能やサーバ管理者向けの機能などのご説明資料がございます。

Emoji Label

Labelに絵文字を表示出来るようになりました。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/editing-a-label/

以下の手順でLabelをカスタマイズすることが出来ます。

Team discussions

OrganizationのTeam画面に”Team discussions”機能が追加されました。

Team内で議論ができます。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-team-discussions/

Team discussionsではPublicかPrivateから選べます。

  • Public DiscussionはOrganizationの全てのメンバーがdiscussionの閲覧と書き込みが出来ます。
  • Private DiscussionはTeamメンバーとOrganization Ownerのみ、discussionの閲覧と書き込みが出来ます。

Team discussionsの通知について

  • Public discussionに書き込みを行った場合、該当のTeamとその子Teamのメンバーに通知が送られます。
  • Private discussionに書き込みを行った場合、該当のTeamメンバーのみに通知が送られます。
  • TeamがSecretに設定されている場合、通知の設定状態に関わらずTeam外のメンバーには通知は送られません。

Co-author Commit

CommitにAuthorを追加し共同作業者を表示できるようになりました。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/creating-a-commit-with-multiple-authors/

Co-authorは端末かGitHub上でCommit時に追加出来ます。

Commit messageのBodyに以下のいずれかの形式で入力します。

Co-authored-by: ユーザ名 <GitHub Enterpriseに登録されたユーザのメールアドレス>

Protected Branches: GPG署名必須

GPG署名付きのCommitのPushのみが許可されるように設定出来るようになりました。

無効なGPG署名や署名無しの変更がマージされることを防ぎます。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-required-commit-signing/

Teamのアバター

OrganizationのTeamのアバターを設定出来るようになりました。

Teamの“Settings”で設定可能です。(必要な権限:Organization Owner または Team Maintainer)

Projects機能の強化

Projectsにテンプレートが追加されました。

テンプレートを適用すると【To do】【In Progress】【Done】カラムが自動生成されます。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-project-boards/

Projectsにプログレスバーが表示されるようになりました。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/tracking-progress-on-your-project-board/

Projectを一つのカードとしてまとめ、他のProject上で管理出来るようになりました。

Projectの中に別のProjectを入れ子として表示させる事が出来ます。(別のRepositoryのProjectの参照も可能)

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-project-boards/

カードをクリックすると参照しているProjectに移ります。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-project-boards/

別Projectを参照するカードの作成方法です。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-project-boards/

OrganizationのProjectsで全てのRepositoryのProjectの一括表示が出来ます。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/about-project-boards/

Projectsのショートカットキー

Projectsのショートカットキーが追加されました。

Projectsで対応されている全てのショートカットキーの一覧はProjects画面で“?”を入力すると確認が出来ます。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/locking-conversations/

Conversation Lockの理由表示

Conversation Lockに理由を付けて表示が出来るようになりました。

  • Off-topic(脱線), Too heated(過熱), Resolved(解決済み), Spam(スパム)から選べます。
  • Issue、Pull request、Commitの会話をLock 出来ます。
  • Lock/Unlock が出来るユーザはRepositoryのOwner権限、Write権限、Collaboratorsです。
  • Write権限があるユーザであれば、Lockされた会話でもコメントを残すことが出来ます。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/locking-conversations/

PHP関数の検索

Pull requestのFiles changedでPHPのmethodやfunctionの一覧表示と検索が出来るようになりました。

対応している言語は PHP、Ruby、Go、JavaScript、TestScriptになりました。

Step 1/2 Files changedを開き、対象のファイルに移動します。

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/finding-changed-methods-and-functions-in-a-pull-request/

Step 2/2 Jump to…で関数の一覧が表示されます。ここからその関数にJumpすることができます。

Topicの検索

RepositoryのTopicの検索が出来るようになりました。

https://[hostname]/search

https://help.github.com/enterprise/2.13/user/articles/searching-topics/

関連コンテンツ

GitHub Enterpriseに関してのお問い合わせはお気軽に

webでのお問い合わせ

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

045-476-1973
受付:月曜日~金曜日 8:45~17:15
GitHubに関してはマクニカネットワークスにおまかせください
045-476-1973
受付:月曜日~金曜日 8:45~17:15