FogHorn

フォグホーン
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

FogHorn

フォグホーン

仕様

FogHorn

ライセンス形態

  FogHorn Edge FogHorn Manager
役割
  • データ取得、データ処理、データ蓄積、データ活用(分析/解析)、データ出力

※FogHorn Managerから配信されたポリシーに基づき動作

  • FogHorn Edgeの状態確認
  • ポリシー設定
  • データ閲覧
ライセンス前提
  • 有償ソフトウェアライセンス
  • Subscription年間ライセンス

(平日9時~17時 日本語メールのソフトサポート込)

  • 無償ソフトウェアライセンス
  • Subscription年間ライセンス

(平日9時~17時 日本語メールのソフトサポート込)

ライセンス種類
  • 6種類
    1. 1-4Core向けライセンス(マイクロエディション)
    2. 1-4Core向けライセンス(スタンダードエディション)
    3. 5-16Core向けライセンス(マイクロエディション)
    4. 5-16Core向けライセンス(スタンダードエディション)
    5. 17Core以上向けライセンス(マイクロエディション)
    6. 17Core以上向けライセンス(スタンダードエディション)
  • 1種類
価格レンジ
  • 合計のEdgeライセンスの数量ごとに3種類
    1. ライセンス数 1~100
    2. ライセンス数 101~1000
    3. ライセンス数 1001~10000
※費用なし
補足 価格は予告なく変更になる場合がございます。

ライセンス種類

提供機能一覧 マイクロ スタンダード
データ取得
MQTTのみ
データ蓄積
タイムシリーズデータベース ×
データ処理
CEP Engine
リアルタイムストリーミング分析(VEL・VVM)
データ活用
データシュミレーター(REX) ×
データ可視化アプリ(VIZ)
機械学習アプリ(EdgeML)※将来的に追加料金
アプリ追加:SDKベース
C++のみ可
データ出力
オンプレミス ×
クラウドサービス ×

最小ハードウェア要件

  FogHorn Edge FogHorn Manager
マイクロエディション スタンダードエディション
Memory Size 256M 2G 2G
Disk Storage 2G 20G 20G
CPU 2Core
※Intel CPU x86_64(64bit)・ARMv8 CPU(32-bit)
※導入HWのCPUのCore数により価格が変動します。
2Core
※Intel CPU x86_64(64bit)・ARMv8 CPU(32-bit)
※導入HWのCPUのCore数により価格が変動します。
2Core
※Intel CPU x86_64(64bit)
通信要件 EdgeML:5000/TCP
VIZ:3000/TCP
VVM:8082/TCP
REX UI:3739/TCP
TSDB:8083/TCP(管理ポート),8086/TCP( データベース接続)
Webコンソール:80/TCP、443/TCP
Edgeへの通信:8000/TCP