FogHorn

フォグホーン
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

FogHorn

フォグホーン

フォグコンピューティングソリューション

産業システムのデジタル革新の必要性

国際競争の激化、コスト削減へ対応するために求められる製造オペレーションの効率化、少子高齢化に伴う人手不足が進む中、インダストリー4.0やスマートファクトリなど製造現場におけるIoTやAIの活用によるデジタル革新の重要性が昨今高まっています。デジタル革新に取り組むにあたっては、産業システムが生成する大量のデータを短いサンプリング頻度で取得し、リアルタイムにデータ処理やデータ解析を行うことが求められています。

FogHorn 会社概要

FogHorn社は、大量な非同期データをリアルタイムに処理を行う高い技術を持っており、様々な国の製造業、エネルギー産業、プラント業界、輸送業界にエッジコンピューティングソリューションを提供しております。FogHorn社が持つ今までにないデータ処理技術によって、製造現場において予兆検知・稼働率向上・コスト削減・省エネルギー対策など様々な課題解決を実現いたします。

会社名
FogHorn Systems
設立
2014年
本社所在地
アメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビュー
代表者
David C. King
ウェブサイト
https://www.foghorn.io/

FogHorn社 FogHorn Lightningソリューション

FogHorn社のFogHorn Lightning は、産業システムが生成する大量のデータをリアルタイムに取得するだけではなく、データを取得した時点でデータ成形などのデータクレンジング、その後のストリームデータ解析や機械学習をリアルタイムに行います。これにより、分析者はデータクレンジング作業に悩まされることはありません。データクレンジング後のデータは外部のデータベースやクラウドサービスに格納することも可能です。また、ユーザが望むフォーマットにリアルタイムにデータ成形を行うため、ログフォーマットを調整するために既存の産業システムの設定を変更するも必要ありません。さらに、面倒なデータ処理のプログラミングもGUI(管理画面)で容易に設定可能です。

FogHorn Lightningにより、データ分析者がリアルタイムに解析できるだけでなく、製造現場でエッジコンピューティング(データの可視化や統計分析、機械学習、AI活用)を行うことも可能にし、スピーディかつ容易に製造現場のデジタル革新を始めることができます。