マクニカネットワークス主催

第1回 FireEye
ユーザカンファレンス

~FireEye検知アラートの正しい対処方法に迫る~

日程調整中

FireEye

標的型サイバー攻撃が日本で広く認知されたのが2011年。
日々増え続けるサイバー攻撃に対応するために、これまで非常に多くのお客様にFireEye製品をご導入、ご利用いただいてまいりました。
このたび、マクニカネットワークスでは、日頃のご愛顧に心から感謝いたしますとともに、お客様のさらなるセキュリティ強化のために、FireEye製品をご利用いただいているお客様を対象にセミナーと懇親会からなる「第1回 FireEyeユーザカンファレンス」を開催いたします。

第1回目となる今回のテーマは「FireEyeの検知アラートの正しい対処方法に迫る」と題しまして、日々あがるアラートに対して、より効率よく、より効果的に、より安全に運用いただくためのポイントに様々な角度から迫ってまいりたいと考えております。

まず、マクニカネットワークスからは、最近のサイバー攻撃の事例から、より効果的な対策をどのように実現すべきか、FireEye製品だけにとどまらない対策手法をご紹介させていただきます。
続きまして、ファイア・アイ社のMandiantコンサルティングチームの責任者Alex Shim氏より、実際のインシデントから見えてくる攻撃者像について解説いただいた後、弊社エンジニアによるデモンストレーションにて、実際の攻撃と求められるインシデントレスポンスの対処例をご覧いただく“インシデントレスポンス体験”のセッションもご用意しております。

さらに、今回はスペシャルゲストといたしまして、NHK/ICT ISAC Japan の熱海様をお招きいたしまして、インテリジェンス・セキュリティ構築デザイン、インシデント発生か ら初動対応の重要性についてユーザのお立場からをご講演いただきます。

最後に、本イベントでは、お客様同士の情報交換にお役立ていただくために懇親会もご用意しております。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

※本カンファレンスは、FireEye製品をご利用いただいている企業・組織のご担当者様を対象としております。
該当しないお客様につきましてはお断りさせていただく場合がございます。

開催概要

日程 日程調整中
会場 東京コンファレンスセンター・品川 4F 406
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川
-JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
定員

60名

※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

対象
FireEye製品をご利用いただいている企業・組織のご担当者様

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

持参物
受講票(お申し込み後、1週間を目途にメールにてお送りいたします)
お名刺
費用 無料(事前登録制)

プログラム

14:30

14:35
主催者 ご挨拶

マクニカネットワークス株式会社
営業統括部 統括部長代理 兼 FireEye営業部 部長 真野 大治郎

14:35

15:15
「事例から学ぶ」 これからの標的型サイバー攻撃対策に迫る ~Beyond Sandbox~

マクニカネットワークス株式会社
プロダクト第1技術部 部長 小池 泰治

15:15

15:55
Mandiantの最前線から見える日本をターゲットにした攻撃者の実情

ファイア・アイ株式会社
マンディアント・サービス本部 執行役 本部長 Alex Shim氏

※講演は日本語で行います。

15:55

16:10
休憩
16:10

17:10
FireEyeの検知アラートの正しい対処方法に迫る!
「インシデントレスポンス体験」セッション

マクニカネットワークス株式会社
セキュリティサービス室 室長代理 野中 一希

17:10

17:50
[特別講演]
インテリジェンス・セキュリティ構築デザイン・インシデント発生から初動対応の重要性

NHK / ICT ISAC Japan 熱海 徹様

17:50

18:00
質疑応答 & おわりに
18:00

00:00
懇親会

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は、本Webページをご確認ください。

お問い合わせ

マクニカネットワークス株式会社
FireEye 製品担当
TEL
Email
Copyright 2019 Macnica Networks Corp.
Copyright 2019 Macnica Networks Corp.

上へ戻る