FireEye
ファイア・アイ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
FireEye
ファイア・アイ

標的型メール攻撃による情報漏えいをいかに防ぐか
-国内の直近事例からひも解く原因と、FireEyeによる対策解-

標的型メール攻撃による情報漏えいをいかに防ぐか
~本セミナーは盛況のうちに閉幕いたしました~

多くの企業様においてセキュリティ対策を強化している中、なぜこの様な攻撃は防げないのでしょうか?
本セッションでは、日本国内での事件から見えてくる攻撃の実態について、デモストレーションを交えながら分かり易く解説いたします。

また後半ではこういった標的型サイバー攻撃に対するソリューションとしてセキュリティ大国・米国の官公庁や大手企業を含む、世界40カ国・3,000社以上の導入実績を持つ『FireEye』をご紹介いたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催要項

日程 開催終了
会場 株式会社マクニカ 新宿オフィス
〒163-0928 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス28F
-JR新宿駅 南口・西口より 徒歩約10分
定員 12名

※定員に達し次第、申込の受付を締め切らせていただきます

対象
  • 標的型攻撃から自社システムを守れる環境にしたいお客様(企業の情報システム・IT部門の方など)
  • 既存のセキュリティ対策に不安を抱えてらっしゃるお客様
  • 標的型攻撃対策の実施を検討されているお客様

※競合製品をお取り扱いされている方には、参加をお断りさせていただく場合がございます。

費用 無料

プログラム

  日本国内での標的型サイバー攻撃の実態
  • 直近の被害事例と攻撃手法について
  • 業種別被害統計について
  標的型メール攻撃デモストレーション
  • 攻撃者の視点から攻撃のデモ
  休憩
  FireEyeソリューション紹介
  • 標的型攻撃から守る3つのポイント(仮)
  • 製品群、構成イメージ
  • お客様導入事例
  • Q&A

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は、本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
FireEye製品担当
TEL 045-476-2010
Email