FireEye
ファイア・アイ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
FireEye
ファイア・アイ

標的型攻撃 緊急対策 FireEye導入実践セミナー

~本セミナーは盛況のうちに閉幕いたしました~

日々報道されている「サイバー攻撃」「標的型メール」による被害が後を絶たない状況です。PDFやOffice系ファイルを添付されたフィッシングメールなど、今後さらに手口が巧妙化していくことでしょう。
 
標的型攻撃対策製品FireEyeは、他ソリューションでは見つからないメールやWeb経由での入口感染から、情報が流出する出口までを包括して対策できるアプライアンスです。
 
本セミナーでは、仮想解析エンジンを用いた標的型攻撃の発見方法など、FireEye独自の技術をデモを交えてご紹介します。また、お客様サイトでの脅威を査定・報告する「FireEyeセキュリティ運用サービス」も合わせてご紹介します。
 
なお、セミナーにご参加いただいたお客様には、無償評価を優先的にご案内させていただきますので、ぜひこの機会にご来場ください!

開催要項

日程
 ・
会場
東京
日程 : 開催終了
会場 : 株式会社マクニカ 新宿オフィス 
- JR新宿駅 南口・西口より 徒歩約10分
大阪
日程 : 開催終了
会場 : マクニカネットワークス 西日本営業所
- ニッセイ新大阪ビル17階
時間 全日程 15:00~17:00 (受付開始 14:45~)
対象
  • 機密情報流出、顧客情報流出に敏感・シビアなお客様
  • AntiVirus各社/Proxy/ファイアウォール/IPS/IDS/等のシグネチャマッチングの多層防御をもすりぬける脅威に対して対策を施したいお客様
  • 最適なセキュリティ投資に悩まれているお客様

※エンドユーザ様、エンドユーザの運用を担当されているSIパートナー様を対象としています。

※競合製品をお取り扱いされている方には、参加をお断りさせていただく場合がございます。

定員 20名

※定員になり次第応募を締め切ります

プログラム

15:00~15:10 Web/メール/USB経由での攻撃がもたらす脅威とは
”攻撃手法の高度化によって、そもそも既存ソリューションでは見えない脅威”
15:10~15:25 FireEyeで実現する、入口出口対策とは
  • Webによる入口感染&出口対策(Web MPS)
  • 標的型メールによる入口対策 (Email MPS)
15:25~15:55 見抜くのが困難な「真の標的型メール」を見抜く
FireEye Email MPSソリューション
  • 特許技術:仮想解析エンジンVXE
  • お客様からよくいただく質問
15:55~16:00 休憩
16:00~16:45 1、2週間でできる!FireEyeを用いたPOC(トライアル試験)の必要性
  • 感染PCを特定する方法(デモ)
  • 実機導入レポートの考察事例
  • FireEye製品の仮設置段取り、導入、サイジング方法
16:45~16:55 「FireEyeセキュリティ運用サービス」のご紹介
一次解析サービス、イベントレポート、ウイルス検体提供サービス
16:55~17:00 質疑応答
セミナーにお越しのお客様には、無償トライアルを優先的にご案内させていただきます。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
FireEye製品担当
TEL 045-476-2010
Email