FireEye
ファイア・アイ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
FireEye
ファイア・アイ

オンデマンド動画 セキュリティに関連するお役立ち動画コンテンツ集

マクニカ独自調査に基づくセキュリティ運用のベストプラクティス 再生時間:49分
昨今の高度化・多様化するサイバー攻撃に対応するためにセキュリティ運用現場の負担は増加する傾向にあり、日々自社に最適な運用手法を模索しています。本セッションでは、弊社の独自調査より得られたセキュリティ運用における課題をもとに、SIEMとSOARを活用した検知から対処までの一連の運用フローを解説します。
【30分でわかる!】投資コストを抑えながら攻撃者の横展開活動の可視性を向上! 再生時間:25分
サイバー攻撃の巧妙化により多層防御で対策をとってきましたが、今や侵入されることは当たり前となってきました。今日の高度な攻撃は、ネットワークに侵入した後、長期間にわたり潜伏活動を継続し、水面下で偵察活動を展開しながら価値のある情報を窃取します。そのため侵入された後いかに早く活動を検知し、対応するまでの時間を短縮できるかが重要になりますが、昨今ネットワークの複雑化・大規模化によりBlind Spotが増え、攻撃者の横展開活動の可視化に限界を感じている企業様も多いのではないのでしょうか?
Office365導入(検討)企業必見!
今実施すべきクラウドメールセキュリティ対策 再生時間:23分
サイバー犯罪の多くは、メールから始まると言われています。企業はメールセキュリティ製品を導入し、対策を施してはいるものの攻撃側もあらゆる手段を用いて侵入を試みているのが現状です。特にOffice365の利用企業は非常に増えており、複数のターゲットに対する一斉攻撃が行われています。
今後のセキュリティ運用における課題と現実的な解決アプローチ(動画)再生時間:31分
「運用の効率化」の観点から解決する技術として期待されているSOAR(SecurityOrchestration, Automation andResponse)。しかし、その活用のためには導入のゴールを定め、適切な準備をすることが重要です。本セッションでは、SOAR導入における課題や期待効果について解説致します。
MSSの運用者が語る、限られた人材で取り組む、
セキュリティ運用の最新フレームワークとは? 再生時間:35分
IT人材が不足していると言われる一方で、高度化する攻撃に対応したインシデント対応や働き方改革施策に適したセキュリティ対策企画等、セキュリティ担当者に求められる専門知識やスキル、セキュリティを考慮すべき範囲は拡大しています。 担当者が日々行なっている業務や運用が現在求められるセキュリティ運用になっているのか、フレームワークを使って可視化すると共に不足分をどの様に取り組んでいくべきか方向性を解説いたします。
セキュリティ自動化やってみた 再生時間:20分
サイバー脅威は高度化を極め、セキュリティ運用者の負担や責任が増加しています。また、セキュリティエンジニアやIT担当者の人材不足、スキル不足も深刻化しています。これを「運用の効率化」の観点から解決する技術として期待されているSOAR(Security Orchestration, Automation and Response)。しかし、その活用のためには導入のゴールを定め、適切な準備をすることが重要です。本セッションでは、SOAR導入における課題や期待効果について解説致します。
セキュリティの運用現場における最新テクノロジーの利活用サービスとは? 再生時間:15分
セキュリティ人材不足が深刻化する今、外部・内部脅威は依然として高まっており、限られた人数でより高度なセキュリティ運用が求められ ています。 そんな中、セキュリティの運用現場に求められている課題や、課題があることによる悪影響、今後のセキュリティ運用に必要な機能などのポイントを整理し、FireEye社が提供するSOAR製品を利活用することによってどのように“運用を効率化”することが出来るのかについて解説致します。
FireEyeアップデートオンラインセミナー2020
-リプレイスに際する弊社支援内容について 再生時間:8分
-FireEye製品リプレイス簡易フロー~NX,EX,CM編~ 再生時間:8分
FireEye製品をご利用のお客様の中には、OSを最新化しておらず新機能が利用できない為、検知漏れが発生する状況に置かれていることが散見されます。
また、最近では新規実装機能を活用する為に、後継機器の選定方法について弊社サポート宛にご質問を多くいただいております。
本動画では、FireEye製品の継続使用をご検討されているお客様を対象に、後継機器のご検討の進め方および後継機器での新規実装機能について紹介いたします

お申込み完了後、オンデマンド動画ページのリンクを送付させていただきます。

また弊社が競合代理店、競合製品をお取り扱いの会社様と判断した場合はコンテンツの共有をお断りさせていただく場合がございます。申し訳ございませんが、ご了承ください。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
FireEye 製品担当

045-476-2010