FireEye
ファイア・アイ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
FireEye
ファイア・アイ

資料請求

以下の資料をご希望の方はお申し込みフォームへお進みください。

  資料内容
ホワイトペーパー セキュリティ自動化で運用がラクになる!成功するSOAR導入の進め方 826KB/13P PDF
近年、標的型攻撃などのサイバー脅威が巧妙化し、セキュリティ運用の負荷が増しています。担当者に求められるスキルも高度化し、体力面、精神面ともに、限界に近づいているのが現状です。その解決策の一つとして、SOAR(Security Orchestration and Automated Response)によるセキュリティ運用の自動化が注目されています。SOARはさまざまなセキュリティ製品と連携するセキュリティ運用プラットフォームです。SOARの導入で、企業は「運用自動化」「インシデント対応のスピードアップ」「スキル不足の解消」など多くのメリットを得られます。
本資料では、さまざまなメリットの中でも特に「運用自動化」にフォーカスして、企業を取り巻くセキュリティ運用の課題を整理し、「SOARとは何か」「企業がSOARを利用するメリット」「実装を成功するためのスムーズなSOAR導入の進め方」をわかりやすく解説します。
NEW SIEM:「オオカミ少年」からの脱却 真のアラートを見つけ出し、効率的なセキュリティ・オペレーションを実現するには 540KB/7P PDF
未知の脅威も増加、巧妙化する標的型メール攻撃 対抗するための次の一手は 491KB/6P PDF
【FireEye製品】第4世代と第5世代の違いについて 0.98MB/12P PDF
FireEyeの第4世代と呼ばれる製品は2017年11月15日を持って製造中止されており、それに代わって、2017年より順次新世代となる第5世代の製品がリリースされております。第5世代では、消費電力が抑えられ、MAC OSにも対応するように進化しております。今回は機器仕様について比較表を搭載致しますのでご参照ください。(詳細な機能紹介は別資料にてご案内予定となります。)
E-Mail & Threat Prevention 「Email Securityシリーズ(アプライアンス)」「ETPシリーズ(クラウド)」 615KB/2P PDF
セミナー動画 今後のセキュリティ運用における課題と現実的な解決アプローチ(動画) 275MB/31m47s MP4
サイバー脅威は高度化を極め、セキュリティ運用者の負担や責任が増加しています。また、セキュリティエンジニアやIT担当者の人材不足、スキル不足も深刻化しています。これを「運用の効率化」の観点から解決する技術として期待されているSOAR(SecurityOrchestration, Automation andResponse)。しかし、その活用のためには導入のゴールを定め、適切な準備をすることが重要です。本セッションでは、SOAR導入における課題や期待効果について解説致します。