Finisar

フィニサー
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Finisar

フィニサー

株式会社ドワンゴ様

データセンターの“全光化”に向けてFinisarを採用
システムベンダー純正品の光トランシーバーから切替え
設備投資・運用コストの大幅削減とサービスレベル強化を実現
POINT
  • 品質は落とさず設備投資コストを大幅削減、全光化と帯域拡大を加速
  • 豊富なラインナップから最適な製品を選択し、投資効果を最大化
  • 在庫管理の簡素化による運用コストの大幅削減
東松 裕道氏

株式会社ドワンゴ
第二サービス開発本部
Dwango Cloud Service部
Network Serviceセクション
マネージャー
東松 裕道氏

神武 克海氏

株式会社ドワンゴ
第二サービス開発本部
Dwango Cloud Service部
Network Serviceセクション
ピアリングコーディネータ
神武 克海氏

北内 薫氏

株式会社ドワンゴ
第二サービス開発本部
Dwango Cloud Service部
Network Serviceセクション
ピアリングコーディネータ
北内 薫氏

内正 祐哉氏

株式会社ドワンゴ
第二サービス開発本部
Dwango Cloud Service部
Network Serviceセクション
 
内正 祐哉氏

データセンターのすべての通信を光化する
“全光化プロジェクト”を始動

世界的なオープン化の流れの中、データセンターなどで運用されるネットワークインフラにおいて、オープンテクノロジーの採用が急速に広まっている。特に、電気信号と光信号を相互に変換し送受信する光トランシーバーでもその動きは顕著だ。ユーザー企業は従来の高額で限られたラインナップの中からしか選択できなかった束縛から解放され、自社のネットワーク環境に最適な製品を自由に選択することが可能になった。

それを実践しているのが、大手コンテンツサービスプロバイダの株式会社ドワンゴ(以下、ドワンゴ)である。国内でも類を見ない大容量のネットワークを構築し、ユーザーにストレスを感じさせないサービスを提供するため、2017年9月から新たに導入するサーバー・ネットワークインフラにおいて光トランシーバーの標準利用を進める“全光化プロジェクト”を始動。そのきっかけを作ったのが、マクニカネットワークスが国内で提供する米FinisarCorporation製の光トランシーバー(以下、Finisar)の採用だった。

ドワンゴ 第二サービス開発本部 Dwango CloudService部 Network Service セクション マネージャーの東松 裕道氏は、その理由について次のように語る。「国内外の大手ネットワーク機器メーカーへのOEM 供給実績で圧倒的なシェアを持ち、その信頼性に裏付けられた高い品質にはかねてより注目していました。今回、当社がサードパーティの光トランシーバーを採用するにあたり、複数社の製品を厳しい目で比較・検討した結果、総合的な評価でFinisarを選択することになりました」

Finisar は1988年の創業以来、光通信市場向けに最先端のテクノロジーを提供し続けてきた、世界中で数多く選ばれている、光トランシーバーのリーディングカンパニーだ。システムベンダーのブランドで市場に供給されているためFinisarの社名はあまり認知されていないが、陰で世の中のあらゆる通信を支えている。

ドワンゴが抱える課題
Finisarで拓けた全光化への道

ドワンゴでは、これまでシステムベンダー純正の光トランシーバーやダイレクトアタッチケーブル(DAC)を使用していたが、大きく3つの課題があったという。

1つは導入コスト。システムベンダー純正のアクセサリとして購入すると、100Gbpsなど最新のテクノロジーを用いた製品ほど高額となるため、全光化への投資が思うように進められなかったという。

2つ目は限られた選択肢。純正品の光トランシーバーは、ラインナップが限られているため、ときにはオーバースペックでもやむを得ず高額な製品を調達しなければならないこともあり、インフラを強化する上で大きな障害になっていた。

3つ目は運用コスト。純正品の光トランシーバーは、製品によっては固定資産として計上する必要があるため、定期的な棚卸しが必須となる。その際全く同じ規格の製品でもベンダーやメーカーごとに在庫管理をする必要があり、運用上負担になっていたという。
「システムベンダー純正トランシーバーの多くはFinisar からOEM供給されているため、品質に対する安心感もあり、さらにコストを大幅に削減できる可能性があったので、全光化を加速できると考えました」(東松氏)。また、Finisarは構成する主要部品(IC、受光素子、発光素子)を独自に開発しており、その点も他社に比べて優位だったという。

さらに東松氏は、選択肢の多さについても言及する。「Finisarはシステムベンダーが認定した製品以外にも豊富なラインナップを市場にリリースしており、その中から用途に合わせて適切な仕様を選べるので、投資効果を最大化することができます。また、最新機種もシステムベンダーの認定を待たずに無償で貸出を受け自社の環境で検証した上で導入できるので、安心できます」(東松氏)

安心の品質だからこそのスピード採用
設備投資・運用コストの大幅削減

ドワンゴは、2018年1月にマクニカネットワークスの協力を得てサンプル評価とテスト運用を実施。その結果をもって、2 月頭には正式にFinisar の採用を決定した。導入から3 ヵ月で既に、10Gbps SFP+から100Gbps QSFP28まで、5種類・1300個以上を導入している。

品質保証を担当する、第二サービス開発本部Dwango Cloud Service部 Network Serviceセクション 内正 祐哉氏は、「こうしたスピーディな採用と調達はコンテンツ業界では珍しくありませんが、ベンダーによってはこのスピードに対応してもらえないこともあります。それだけに、マクニカネットワークスの対応力と供給体制には改めて感心しました」と述べる。

Finisar の活用による最も大きな効果は、運用や管理コストを含めた統合的なコストメリットだと東松氏はいう。「純正品を前提とした調達予算に比べ、コストは圧倒的に抑えることができ、中には50 分の1から100分の1にまで予算を圧縮できた機種もあります。それにより、光トランシーバーは固定資産ではなく消耗品として扱うことができ、定期的な棚卸し作業を廃止できました。言い換えれば、万一トラブルが発生した際にも自社のリソースで障害の切り分けを行う事ができれば簡単に交換・破棄が可能になり、時間的・人的なコストも大幅に軽減できるわけです」

また、品質に対する安心感を述べるのは、第二サービス開発本部 Dwango Cloud Service 部Network Service セクション ピアリングコーディネータの神武 克海氏だ。「品質管理業務においては、エラー発生時に原因の切り分けなど多大な負担がかかります。信頼性が高く安心して利用できることは、私にとってコスト以上に重要な要素でした。また、受入検査時の不良はひとつもありませんでした」

ドワンゴのニコニコ動画は、アップロードされた動画にユーザーが投稿したコメントをオーバーレイで表示するリッチな機能を持つ。競合他社も類似のサービスを提供し始めており競争も激化する中、放送局並みの品質が求められる厳しさがあるという。「生放送は特に、少しでもサービスが止まると大きな問題に発展します。Finisarへの切り替えにより光トランシーバーを迅速に交換することが可能になったことで、ダウンタイムを最小限に抑えられ、サービスレベルを高めることにつながると考えています」(神武氏)

Finisarはサービス強化を加速させ次のステップにつながる原動力に

Finisarはサービス強化を加速させ次のステップにつながる原動力に

今後もドワンゴは全光化計画を進めるとともに、4Kサービスの提供も見据えている。広帯域化に向けて、今年度中にも長距離用の光トランシーバーを追加導入する予定だという。現状1.4T あるバックボーンをさらに増強し、サービスレベルの向上によるユーザー満足度の改善と新たなサービスの提供を実現していくことが目的だ。具体的には、現在40Gbps(10Gbps× 4本)でラック内を接続しているが、今後は100Gbps(25Gbps × 4本)への帯域拡張を行う予定だ。また、現在のマルチモードファイバーをそのまま活用して40Gbps や100Gbpsへの拡張が可能となるSWDM4や、1本の光ファイバーで双方向の通信を可能とするBidiトランシーバーなども積極的に検討を進めている。

バックボーン回りのアーキテクチャ開発を担う、第二サービス開発本部 Dwango CloudService部 Network Service セクション ピアリングコーディネータの北内 薫氏は、「痒いところに手が届くような豊富なラインナップに満足しています。ニコニコ動画は変わったなと評価してもらえるよう、Finisarの製品をうまく活用してサービス品質を高めていきたいです」と話す。

そして、全光化プロジェクトについて東松氏は、「私たちの業界は移り変わりが激しく、常に新しい技術を提供し続けていくことが求められています。今回、マクニカネットワークスの全面サポートによってFinisarのような信頼できるベンダーと柔軟性のあるインフラを構築できたことは、当社のサービス強化を後押しし、次のステップにつなげていく原動力になるものだと確信しています」と期待を語った。

ドワンゴは、これからもFinisar がつなぐ信頼性をバックに、世界に誇る日本のネットカルチャーを牽引し続けていく。

User Profile

株式会社ドワンゴ
URL http://dwango.co.jp
「クリエイティブリーダーシップ」を標榜し、「テクノロジー」と「コンテンツ」の両面を進化させた新しい文化を創り出してきたネットワークエンターテインメントのパイオニア。1997 年の設立以来、日本最大級の動画サービス「niconico」をはじめ、モバイル向け音楽配信サービス、ゲームソフトおよびオンラインゲームの企画開発、「ニコニコ超会議」や「闘会議」、次世代ライブハウス「ニコファーレ」など、新たな価値の提供を続けている。