組織力が問われる
内部不正対策

~機械学習で実現するリスクマネジメント~

【東京(品川)】
2017年12月 5日(火)15:00~17:30

本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

内部不正対策のあり方は、企業としての統制や組織力強化の観点から考えなければ、本質的な議論が進まずに結果として何も手を打てずに終わってしまいます。

昨今、多くの組織でサイバーセキュリティが経営課題としてとらえられ、対策が進んでいますがその多くは外部からの攻撃に対するものです。
内部からの脅威に目を向けた時、自社の内部不正対策は万全でしょうか?従業員一人一人の業務を把握できているでしょうか?内部不正対策と聞いて、具体的な対策が思い浮かびますか?

本セミナーでは、企業内統制や組織力強化について触れながら、機械学習で実現するリスクマネジメントについて現実的な対策のヒントをご紹介します。

登壇者

小川 真毅氏

 
KPMGコンサルティング株式会社
サイバーセキュリティ
アドバイザリー
ディレクター
小川 真毅氏

好田 崇志氏

 
株式会社ラック
ITプロフェッショナル統括本部
サイバーセキュリティ事業部 JSOC
グループマネージャ
好田 崇志氏

王原 聖雄

 
マクニカネットワークス株式会社
営業統括部
サイバーセキュリティ
第1営業部第1課
王原 聖雄

Mohamed Ibrahim氏

 
Exabeam, Inc.
Director, Sales Engineering -
Asia Pacific & Japan
Mohamed Ibrahim氏

開催概要

日程 開催終了
会場 東京コンファレンスセンター・品川
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 4F
-JR品川駅から徒歩約3分
定員 40名

※同業他社のお客様や本カンファレンスへの参加がふさわしくないと弊社が認める事情がある場合、ご参加をお断りする場合があります。

対象
経営者の方
監査部門の責任者の方
内部不正対策を検討中の方
持参物
受講票(メールにてお送りいたします)
お名刺
費用 無料(事前登録制)
主催 マクニカネットワークス株式会社
協力 東洋経済新報社

プログラム

 

インサイダー脅威から考える、経営課題としてのサイバーリスクマネジメント

一般にサイバーセキュリティの領域では、外部からのサイバー攻撃ばかりが取り沙汰されますが、内部関係者による不正な情報の持ち出しは、極めて重大なビジネス上の損害に直結します。
本講演では、サイバーリスクを組織経営におけるリスクマネジメント上の重要課題の一つとして考えるうえで、見落とされがちな内部脅威に着目して対策方針のあり方を解説します。

KPMGコンサルティング株式会社
サイバーセキュリティアドバイザリー
ディレクター 小川 真毅氏

 

セキュリティ対策の実態 ~ログ管理の重要性と課題~

内部不正を把握し対処するためには、その証跡となるログの扱いが非常に重要となります。
反面、企業における様々な問題からこれらログの管理(収集・保管・分析)が十分に行われず、結果的に内部不正が生じたとしても調査しきれないケースが生じます。
本講演では、経営者・監査役向けに、「そもそもログとは?」から始まり、その重要性、ならびに組織における課題と対処について、解説します。

株式会社ラック
ITプロフェッショナル統括本部 サイバーセキュリティ事業部 JSOC
グループマネージャ 好田 崇志氏

  休憩
 

組織力強化の観点から見た本質的な内部不正対策と機械学習で実現するリスクマネジメント

内部不正対策のあり方は、企業としての統制や組織力強化の観点から考えなければ、本質的な議論が進まずに結果として何も手を打てずに終わってしまいます。
本セッションでは、企業内統制や組織力強化について触れながら、機械学習で実現するリスクマネジメントについてご紹介します。

マクニカネットワークス株式会社
営業統括部サイバーセキュリティ第1営業部第1課
王原 聖雄

 

グローバルで進む内部不正対策 ~事例のご紹介~

米国では内部不正による被害の拡大に伴い、その対策も広く普及し始めています。本セッションでは、米国における内部不正対策について具体的な事例を交えてご紹介します。
※本セッションは逐次通訳となります。

Exabeam, Inc.
Director, Sales Engineering - Asia Pacific & Japan
Mohamed Ibrahim氏

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は、本Webページをご確認ください。

本セミナーは盛況のうちに開催終了しました

お問い合わせ

マクニカネットワークス株式会社
Exabeam
製品担当
TEL
Email
Copyright 2004 Macnica Networks Corp.

上へ戻る