exabeam

エクサビーム
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Exabeam

エクサビーム
※Magic Quadrant for Security Information and Event Management, Kelly Kavanagh et al., 8 February 2020
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

資料請求

以下の資料をご希望の方はお申し込みフォームへお進みください。

  資料内容
カタログ 最小限の運用リソースで、高水準のセキュリティを -次世代ログ分析プラットフォームExabeam- PDF
ホワイトペーパー ExabeamによるSOCの現状に関する調査 PDF
セキュリティオペレーションセンター(SOC)のマネジメントに携わっている最高情報責任者(CIO)、最高情報セキュリティ責任者(CISO)、アナリスト、マネジメント層などの米国および英国のセキュリティプロフェッショナルへのSOCに関する調査結果をまとめたものです。
Exabeamによるセキュリティプロフェッショナルの年収および業務に関する調査レポート PDF
世界481人のセキュリティプロフェッショナルに対して行った調査結果で、年収、学歴、業務への満足度、最新テクノロジーへの取り組みの姿勢などについてまとめたホワイトペーパーです。
Exabeam 次世代 SIEMアーキテクチャ PDF
従来SIEMと次世代SIEMであるExabeamのアーキテクチャの違いについて詳しく解説したホワイトペーパーです。
ログ分析におけるルールとモデルの違い-SIEM活用時の設計方法- PDF
SIEMを利用して未知の脅威や複雑な攻撃の検知を効果的に実現するためのルールとモデルについて、設計および構築方法を詳しく解説したホワイトペーパーです。
特集記事 機械学習と行動分析によるSWIFT金融取引の異常アクティビティ検知
SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication、国際銀行間通信協会)は、金融機関同士が、安全で標準化された信頼できる環境で金融取引情報を送信できるようにするネットワークです。しかし、システムに既知の抜け穴が存在するため、銀行やその他の金融機関でSWIFTに関する不正が記録されています。あるケースでは、SWIFTフリーフォーマットメッセージの作成、検証、承認、送信に対するシステム制御が実装されていなかったため、銀行員が資金を横流しできる状態になっていました。
  資料内容
ホワイトペーパー NEW 内部リスクの管理 PDF
労働力が拡大して、従業員はリモートで働き、情報はクラウドに格納され、全世界に従業員が存在するようになり、企業データにはほぼどこからでもすぐにアクセスできるようになりました。重要なアセットにもアクセスやダウンロードが可能で、数秒もしないうちに盗み出すができる状態になっており、警戒されることもありません。
  資料内容
ユーザ事例 株式会社ビジネスブレイン太田昭和(BBS)様 PDF
「数年前に見たSIEMとは全く違うな」という強烈なインパクトがありました。加えて、これまで内部不正を早期に発見することは仕組みとして困難でしたが、Exabeamは不審な活動を全てスコア化してくれますので、何がどう普段と違うのか一目で理解できます。これも高度なスキルを必要としないExabeamの優位性だと思います。
  資料内容
ユーザ事例 株式会社NTTデータ様 PDF
世界51カ国・地域の拠点に「Exabeam」を導入。UEBAでサイバー攻撃に対する防御態勢を強化しセキュリティガバナンスも向上
  資料内容
ユーザ事例 株式会社ジュピターテレコム様 PDF
ログ分析と機械学習で異常な振る舞いを検知――内部不正対策に高い効果を発揮する次世代SIEM