環境・品質方針

環境理念

 マクニカグループは、地球環境の保全を企業の果たすべき社会的責任と受け止め、企業活動を通じて地球環境の保全に配慮し行動する。

環境基本方針

 マクニカグループは、「エレクトロニクスや情報通信の分野で、未来を見据え最先端の革新的な技術を発掘し世に送り出すことで、豊かな社会と生活の形成を支援する」事を事業意義として掲げ活動している。
この「豊かな社会と生活」づくりには、環境問題への対応も不可欠との認識に立ち、継続的に環境影響の低減を図るために、以下の環境マネジメント活動を推進する。

  • 環境マネジメントシステムの構築
    環境マネジメントシステムを構築し、環境への影響を考慮した継続的な改善に努める。
  • 環境関連法規の遵守
    環境関連法規制・条例ならびにその他の要請事項を遵守する。
  • 環境影響の低減
    企業活動を通じて生じる環境への影響を低減するために、省資源・省エネルギー、リサイクル、廃棄物の削減を推進し環境保全に努める。また、有害な化学物質や廃棄物などによる自然環境汚染の予防、および生物多様性損失防止に努める。
  • 環境目的・目標の設定および見直し
    この環境方針を達成するため、環境目的・目標を設定し、また定期的に見直し必要に応じて改定する。
  • 社内への教育・啓蒙
    社内広報活動を通じて、すべての社員が環境理念と方針の理解と推進を心掛けるよう、意識の向上を図る。
  • 外部への公表
    この環境方針は、一般の方も入手できるよう公表する。

株式会社マクニカ
代表取締役会長 中島潔
2008年 7月 1日制定
2019年 6月25日改定

品質方針

 マクニカグループでは、以下のグループビジョンを品質方針として設定しています。

  • 【ミッション】
    私たちは、変化の先頭に立ち、あらゆるモノをつなぐことで、世界中の人々にとって幸せな未来社会をつくります。
  • 【ビジョン】
    私たちは、社会の可能性を拡張し、活気ある明日を創造するための最良の共創者になります。
  • 【バリュー】
    私たちの価値は、最先端のテクノロジーとインテリジェンスをつなぐ力、社員一人ひとりの自立と熱意、そしてチーム力にあります。

株式会社マクニカ
代表取締役会長 中島潔
2008年 7月 1日制定
2020年 4月 1日改定